1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 01:31:12.88 ID:yOznfSRE0
P「凛、みなかったか?」

凛「ありす?見てないけど」
RIN_SHIBUYA_004

P「そうか・・・ったくあいつどこいったんだ」クルッ

凛「!!(ありすが背中に貼りついている)」

ありす「(ふふふっ)」
tumblr_njs0rxAhB71svcurio1_1280



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 01:32:35.91 ID:yOznfSREo
凛「(ありす、説明して)」

ありす「(わかりませんか?この状況から察してください)」

凛「(いま、ありすがプロデューサーの背中にはりついているだけ・・ハッ!)」

ありす「(わかりましたか、こうすることによってプロデューサーさんの体温が常に感じられるんですよ)」

凛「(クッ!味な真似を!)」

ありす「(ひとつだけではありませんよ)」

凛「!?」

ありす「(プロデューサーさんが動いてくれるのでとても移動がとても楽になります。だぶるみーみんぐです)」

凛「(ダブルミーニング・・!)」ギリッ!

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 01:33:37.40 ID:yOznfSREo
ありす「(さらに・・)」

凛「(まだあるってわけ!)」

ありす「(プロデューサーさんの死角に入ることによって、一生見つからない)」

ありす「(そう、プロデューサーさんはずっとわたしを探し続けるのです。とりぷるみーみんぐです)」

凛「(トリプルミーニング!!!!)」

凛「(そこまで計算つくしているというなら非常に恐ろしい子。だけど・・・)」ニヤッ

ありす「(何がおかしいのですか)」

凛「(ありすは気付いていないよ。大事なことにね)」

ありす「(へぇ・・聞かせてもらえましょうか。)」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 01:35:03.52 ID:yOznfSREo

凛「(そう、それはたったひとつのシンプルな答え)」

凛「(プロデューサーの顔が見えない)」

ありす「(グッ!!!!)」ピシャーン!!

凛「(まだまだ12歳。発想はよかったけど、これからに期待ってとこかな)」

ありす「(次は負けませんよ)」

凛「(ふふっ、いつでも待ってるよ)」

P「おーいありすどこだー」

ありす「はいはーい、橘ありすここに参上です」

凛「・・・」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 01:35:39.30 ID:yOznfSREo
後日


P「おーい、凛どこだー」

P「お、ありす、凛みなかったか?」

ありす「いえ、みてませんけど」

P「そうか・・・ったくあいつどこいったんだ」クルッ

凛「あ」セナカハリツキー

ありす「あ」

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 01:37:46.56 ID:yOznfSREo
P「あっ、凛どこにいたんだおまえ」

凛「うん、ずっと近くにいたよ」

P「そうなのか?次の仕事なんd」

凛「あ、ヤバイ、ほんとすごいやばい。この前卯月がすごいおならしたんだけど、それくらいやばい。といわけで帰るね」ススッ

P「おい!やばいってなんだよ!卯月はおならなんてしないぞ!」

ありす「・・・大人って汚い」



おしまいBABY

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 01:41:53.01 ID:W9IIknoX0
凛ちゃんが背中に張り付いてて気付かないP……

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 01:48:19.81 ID:qc5aVDbVo
誰かが張り付いてる状態が普通なんだろう

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 01:50:24.34 ID:IOKCLqHJ0
常にアイドル達からの情念を背負っているからな

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/10/10(月) 01:50:59.19 ID:TnknKnDzo
働きすぎて体の感覚と判断力が無くなってるんじゃ…


元スレ
P「おーい、ありすどこだー」」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1476030672/