f79a690c-s-580x327

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 17:09:23.25 ID:eGcRe0eG0
承太郎「教えてくれ。あのスーツを直すように言ったやつの名前は何だ?」


店主「覚えてるけど・・・」カキカキ


店主「これ、なんて読むんだい?」つ『吉良』


承太郎「む、それは・・・『キラ』だな。」


店主「そうかい。この人が依頼客だよ」


康一(この店主の人、オレンジジュース飲んでる・・・そういえば、さっき仗助君が間違えて買ったコーンスープ押し付けられたんだよなァ~~~)


康一(ま、いいや。)


承太郎「そうか・・・ありがとう。・・む、康一君、それは・・・?」


康一「ああ、さっき仗助君に押し付けられたんですよ・・・二本も。」


承太郎「丁度よかった。一本くれないか?」


康一「ああ、どうぞ!」





吉良「まさかこの吉良吉影のスーツを追っている者がいたとは・・・まあいい。この第二の爆弾『シアーハートアタック』で・・・」ビューン



2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 17:21:57.08 ID:arZ6h5rB0
実際つい最近来た客なら覚えててもおかしくないよな
あんま流行ってなさそうな店だし

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 17:25:59.83 ID:eGcRe0eG0
承太郎「ありがとう。これで後はこの辺に住んでいる吉良姓の人間を調べればいい。」


承太郎「! 康一君、離れろ!!!!!」ドンッ


康一「!? 承太郎さん?・・・・!!!!」


スタープラチナ「オラァッ!!!」オラオラオラオラオラ


SHA「コッチヲミロ~!!」


康一「このスタンド・・・まさか連続殺人鬼・・キラの!?」


承太郎「だろうな・・・このスタンドパワーに頑丈さ・・本体はすぐ近くにいる・・いや。」


康一「承太郎さん! 証拠のスーツが!!」



吉良「ここはシアーハートアタックに任せて去ろう・・・シアーハートアタックに弱点はない。」



承太郎「いや、別に放置していいだろう。」


康一「確かにそうですね。」


店主「お宅ら何の話をしてるの?  スタ・・・ンド?」


承太郎「いや、こっちの話だ。それより早く逃げな・・・」


店主「?・・・その顔、事情は分からないが大変なことが起きてるんだね?分かった。私は逃げるとしよう。」


康一「承太郎さん!仗助君に電話しました!五分で来るそうです!!」


承太郎「ああ・・・いいか、康一君、犯人の名前が分かった以上もうヤツを追う必要はねぇ。それよりいまはこいつを何とかするほうが先だ」


康一「このスタンドパワー・・・本体は近くにいるんじゃあないんですか?」


承太郎「最初は俺もそう思ったがな・・・このスタンド、自動操縦型だ。」


康一「自動操縦?」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 17:38:21.36 ID:eGcRe0eG0
承太郎「ああ、遠隔操作型の射程距離と近距離型のパワーを併せ持つスタンドだ。」


康一「そんな、じゃあ手の施しようがないじゃあないですか!」


承太郎「いや、自動操縦型というのは動きが単純なんだ。俺や康一君のようにスタンドに命令できるわけじゃあねえ」


承太郎「恐らく・・・何かしらの法則があるはずだ。それを探るぞ。」


康一「はい!」





仗助「億泰Z!急ぐぞ、後もう少しだ!」


億泰「ああ!重ちーの敵を討つぞ仗助!・・・ところでムカデ屋ってどこだ?」


仗助「・・・あ」


店主「おい!そこの奇抜な髪形の高校生!『ジョウスケ』か?」


仗助「あぁ!? てめえ今俺の髪のこと・・・何?」


店主「私の店に今、『コウイチ』とかいう高校生と『ジョウタロウ』という若者が来てる!!何かは分からんが、何かヤバいらしい!!!」


億泰「!?あんたがムカデ屋の主人?ちょうどよかった!!案内してくれ!!」


仗助「グレート・・・最高にラッキーだぜ。」


億泰(髪をけなされて怒らないのは初めて見るな。)



5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 17:39:10.80 ID:AsXFHCvHo
ムカデ屋のオヤジ物分かり良すぎでワロタ

6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 17:51:05.51 ID:7YcSjV5iO
億泰Z、強そう

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 17:53:49.79 ID:eGcRe0eG0
承太郎「分かったぞ・・こいつは、熱を自動で追尾するんだ。そして獲物をチリ一つ残さず爆破する・・・」


康一「さっき僕のコーンスープを狙ったからもしかしたらと思ったら・・・」


承太郎「俺のを狙って疑惑が確信に変わったな。だがどうするか・・・」


康一「僕に任せてください!エコーズ!Act2!!」


承太郎「なるほど・・・尻尾文字の『ドジュー』をヤツのスタンドに取り付ける、なかなかうまいやり方だ。」


康一「この間に仗助君が来てくれれば・・・」


仗助「康一!承太郎さん! 大丈夫ッスか!!」


億泰「間一髪・・・ってわけじゃあねえみてえだな。」


康一「仗助君!億泰君!!」


承太郎「仗助、こいつがヤツのスタンドだ。熱を自動追尾する自動操縦型のスタンドだ。かなり頑丈で俺でも壊せない。」


承太郎「とりあえずは康一君のスタンドで足止めしてある。」


億泰「いっくら頑丈っつってもよォ~~・・・俺のスタンドでダメージは受けるんじゃあないか?」


承太郎「そうだな。自動操縦とはいえ削り取れば幾分かはダメージがあるはずだ。近辺の病院を張れば捕まるだろう。」


億泰「それじゃあ遠慮なくいくぜぇ!  ザ・ハンド!!」ガオン


SHA「コッチヲミr」ガオン





吉良「遅いぞ・・・シアーハートアタック。何をしていr」ガオン


吉良「っウオアアアアアアアアアアァァァァァァァ!!!!!!!!」


吉良「私の・・・私の左手が・・うぐぅ・・」







ウオァァァアアアアアアアアア!!!!



億泰「どうやら、ダメージはあったみたいだな。」


承太郎「これで一件落着か。」


仗助「店の内装、元に戻しときましたよ。」


店主「ああ、ありがとう。・・・なんで壊れたものまで元通りに?」





吉良「」

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 17:57:06.72 ID:eGcRe0eG0
終わりです。

億泰Zってなんだ・・・orz

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 18:00:13.98 ID:+hRMBgPao
ドラゴンボールZみたいなもんじゃねえの乙

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 18:00:14.27 ID:arZ6h5rB0

叫び声でダメージが伝わるところはJ・ガイルっぽいなw

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 18:12:40.17 ID:FEk4LOl3O
ジョジョ特有の
ーーーz____!!

かと思ったらちがうのか

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/11(日) 18:19:13.23 ID:AsXFHCvHo
>>12
効果音ではよくあるが台詞ではほとんどない

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/12(月) 00:20:42.16 ID:Dg33mNoR0
確かにザ・ハンドならシアーハートアタック楽勝じゃね?ってずっと思ってたからスッキリしました。ありがとうドナルド

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/12(月) 19:22:17.49 ID:WYQYO9TjO
手の甲が削れただけだよね?

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/12(月) 20:42:29.30 ID:GBjOfhht0
シアハってダメージフィードバックは左手全体だろ

20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/09/14(水) 02:46:33.79 ID:2y0ve7Rso
逆アヴドゥルみたいなもんか


元スレ
ムカデ屋の店主「えーと・・・確か修理を依頼した客は・・・」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1473581362/