417024f4

1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/11(土) 16:02:04.75 ID:eTQ4rKAC0

1話


キョン「それでですね」イチャイチャ

朝比奈「えー! 本当ですかぁ?」キャッキャ

長門「興味深い」ワイワイ


バン!


ハルヒ「朗報よ!!!!」

キョン「悲報、和気あいあいとした団活中に諸悪の根源現る、か」ハァ

ハルヒ「だれが諸悪の根源か!!!! 団長に向かってぇ!!! あ、それよりも!!」

ハルヒ「みんな聞きなさい!!! ついに! SOS団の五人目を発見してきたわ!!!」

朝比奈「あ、確か噂の……」

長門「オットセイ」

ハルヒ「転!校!生!!! なにが悲しくて鰭脚類アシカ科のうちキタオットセイ属の総称を五人目に加えなきゃならないのよ」 

キョン「なんでそんなに詳しいんだよ」

ハルヒ「もしもオットセイが転校してきた時のために……」

キョン「密かに望んでんじゃねーか、あぶねー頭だなおい」

ハルヒ「それじゃ紹介するわね!!! SOS団の五人目の団員にして謎の転校生枠!!! そして!」

ハルヒ「自称超能力者のぉおおおおおおお!!!!!!」

キョン「……んん?」ピクッ

朝比奈「え、え……?」

















古泉「古泉一樹です。それと、僕のことは超能力者ではなく、エスパーとお呼びください」

















2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/11(土) 16:06:11.97 ID:eTQ4rKAC0

ハルヒ「じゃーん!」

キョン「いや……じゃーん、じゃなくて……」

古泉「どーん!」

キョン「擬音の問題じゃねーよ。お前もめんどくさいノリだなおい」

朝比奈「えっと、あの……ちょ、超能力者って……」

古泉「エスパーです」ニコッ

朝比奈「ひゃ、ひゃい!」ビクッ

長門「そのヱバーというのは?」

古泉「ロボティクスを応用した外部装甲型の人造人間ではなく、エスパーです。えすぱぁ」

キョン「エスパーだぁ? すると、お前はあれか。念動力を操ったり、テレパシーを送ったりする……」

古泉「ところでこの団はなにをする団なんですか?」

キョン「聞けよ。テレパシーどころか日常会話すら通じねえじゃねえか。とんだポンコツだよ」

古泉「む、聞き捨てなりませんね。僕の超能力をバカにするような発言は!」キリッ

キョン「あんだけ人に注意しといて自分では超能力って言ってるけど……そこんとこは?」

古泉「おバカさんには実際にみせた方が早いですかね。よく見ててください」

キョン「だからまずは超能力より日常会話の仕方を勉強しろよ」

古泉「ノンノン、えすぱぁ」チッチ

キョン「……」イラッ

ハルヒ「なに!? 今実際に超……エスパーを見せてくれるの!?」ワクワク

古泉「えぇ、目にものをご覧に入れましょう班長殿」

ハルヒ「微妙に位が下がってるように聞こえるけど、あたし団長だからね」

古泉「変わったお名前の方なんですね」

ハルヒ「役職!! 役職だから!!」

キョン「……なんなんだコイツ」

長門「宇宙人よりも会話が通じない自称えすぱぁ」

朝比奈「ふ、ふえぇ」

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/11(土) 16:09:55.06 ID:eTQ4rKAC0

古泉「では、ご覧に入れましょう。えーっと……えす、えす……けーの皆様方」

キョン「いつからスポーツ用品メーカーの出張営業所になったんだここは」

古泉「よくみててください。ふんっ!!」

ハルヒ「!! こ、これは……っ!」

朝比奈「す、すごいですっ! お、親指がと、とれた!! い、痛そうっ!! あっ! ついた! すごい!!」パアァ

キョン「…………」

長門「ユニーク」

古泉「ふんっ! ふんっ! っ、ハァ、ハァ……今日はここまでにしておきましょう。このエスパーにはいささか体力を使うのでね」

ハルヒ「……………………」

キョン「…………誰だ、このバカを連れてきたのは?」

古泉「団長さん、呼んでますよ」

キョン「いやお前が言うのかよ。まずバカに反論しろバカ」

ハルヒ「だ、だって謎の転校生が超能力を使えるって言うからぁ!」

古泉「団長さん」チョイチョイ

ハルヒ「な、なに?」

古泉「えすぱぁ」

ハルヒ「……え、えすぱぁを使えるって言うからぁ!!」

キョン「……これ以上この訳の分からん団に訳の分からんバカを増やしてどうするんだ……」

古泉「おや、バカとは……彼は特進クラスの僕に向かってそう言っているんですかね?」

キョン「なっ、こいつが特進クラスの転校生……だと? バカな!」

古泉「誰がバカですか!!!!!!」バン!

キョン「遅ぇしお前だよ!!! まごうことなきバカの資質が見えっぱなしなんだよ!」

ハルヒ「うぅ……せっかく本物の超能力者に出会えたと思ったのにぃ……」

長門「えすぱぁ」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/11(土) 16:13:46.41 ID:eTQ4rKAC0

古泉「さて、では団長さん。入部届をもらえますか」

ハルヒ「え」

キョン「はぁ? お前、今の今でこの意味の分からん団に入ろうと思ったのか?」

古泉「ええ、そのつもりですが」

キョン「いや、こっちはそのつもりないっていうか、できれば回れ右してまた転校してくれた方がいいっていうか……」

古泉「ははっ、ナイスアメリカンジョークですね!!」HAHAHA!!

キョン「どこもアメリカンじゃねーし、なんならジョークでもなくマジなんだよ、バカ」

古泉「ですが、僕はこの団においてやらなければならないことがあるんですよ」

朝比奈「やらなければならないこと……?」

古泉「えぇ、日課の睡眠と同じぐらいに重要なことです」

ハルヒ「睡眠を日課に数えてる人初めて見た」

長門「その重要なこととは?」

古泉「この団の団長になることです」ニコッ

キョン「………………は?」

ハルヒ「なんですってぇ!!!?!? こ、この団を乗っ取るつもり!!!」

古泉「勘違いしないでください。乗っ取りなんてしません。強奪するだけですから」

長門「同義」

キョン「……本格的に突き抜けたバカらしいな。そんなことしてお前の何が満たされるっていうんだ」

ハルヒ「そ、それにそんなこと聞いた以上、あんたをSOS団に入れるわけにはいかないわ!!」

キョン「そのセリフは是非とも俺に言ってほしかったが、確かにハルヒの言う通りだぞ」

古泉「皆さんの言い分は分かりかねますが、もっともです」

キョン「いやどっちだよ」

古泉「まぁ、僕がこの団に拘る理由の第一を言わせてもらいますと、団長さん」

ハルヒ「あ、あたし……?」

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/11(土) 16:17:56.12 ID:eTQ4rKAC0

















古泉「僕はあなたが大嫌いなんですよ」


















6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/11(土) 16:21:51.00 ID:eTQ4rKAC0

ハルヒ「………………へ?」

キョン「……転校してきて一日目のお前がコイツの何を知ってどこを嫌いになったかなんて知らねえが」

キョン「その理由が、どうしてSOS団に入部する理由になるってんだ」

古泉「言いましたように、僕はレトロゲームが大好きです」

長門「言っていない。聞いていない」

古泉「前の学校で入部していたボードゲーム部をこの学校でもやろうと思っていました」

キョン「……なにを語ってんだコイツ」

古泉「その矢先です。転校一日目の僕を何の説明もなく、この団長さんはここへ連れてきて僕に謎の団へ入るよう言ってきました」

キョン「それに関してだけはコイツが悪い、それは認めよう。すまん」

ハルヒ「ちょ、あんたあたしの味方……で、でももう嫌ならそのボードゲーム部の方へ行ってもらっても全然……」

古泉「僕はそういう自分中心的に生きていると思っている欲深い人間が大嫌いなんですよ」

古泉「ですから僕は、この団長さんの座を奪い取り、僕の僕による僕のためのボードゲーム部に作り変えてやろうと思ったのです!」

朝比奈「……これって」

古泉「言ってしまえば同族嫌悪です」ドン!

朝比奈「あ、言っちゃうんだ」

キョン「ハルヒとノリが合ってると思った時からうすうす感じてましたよ」ハァ

キョン「思ってた以上に欲深いわコイツ。言ってることが完全に独裁者だもんな」チラッ

ハルヒ「な、なんでこっち見るのよ!! ばか!!」

古泉「……と、そういうわけなので入部届をくださいな、団長さん」

キョン「聞いてて思ったけど、めっちゃ話下手だなお前。結局お前が欲深いことしか分からなかったぞ。理由があやふやだ」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/11(土) 16:26:05.71 ID:eTQ4rKAC0

ハルヒ「くださいな、ってそんな八百屋でのやり取りのように安く入部届なんてあげられないわ! そもそも入部させるつもりもないし!」

古泉「自分から連れてきておいてですか?」

ハルヒ「んぐっ! そ、それはあんたがこんな人間だと思わなかったし!!」

古泉「僕だってあなたがどのような人間か分からないまま連れてこられましたよ。すごい恐怖でした」

ハルヒ「だ、だって! 転校生だし、こんな時期に……だし! ちょ、超能力使えるって聞いたらはい、って答えたし!」

古泉「えすぱぁ」

長門「えすぱぁ」

ハルヒ「え、えすぱぁ……じゃなくて!」

キョン「……はぁ、もういい。もう分かったよ。ハルヒ、入部させてやれよ」

ハルヒ「なぁ!? な、なな何言ってんのよキョン!! そ、それはつまりあたしはこの団に不要って……」ブルブル

キョン「ただし、団長としてではなく、副団長として入部させるんだ」

ハルヒ「ふ、副団長として……?」

古泉「あの、失礼ですが僕の名前は副団長ではなく古泉一樹なんですけども……大丈夫ですか?」

キョン「お前は自分の頭を心配してろ。ハルヒ、よく言うだろ? No.2には自分の思い通りに動かないやつを据えろって」

キョン「イエスマンイエスマンばかりじゃ組織は機能しなくなるってどこかの経営学の教科書風の漫画に描いてあったって聞いた夢をみたことがある」

ハルヒ「……なるほど、一理あるわね」

朝比奈「えっ」

古泉「万歳三唱ですね。僕の入部は認められましたか?」

キョン「満場一致の間違いか? ともあれ、まぁ入部に関しちゃ最後は団長に決めてもらうしかないわな」

古泉「では、団長さん。僕をこの団に入れてもらえますか?」

ハルヒ「……あー!! 仕方ないけど!! 本当は嫌だけど!!! 不本意の極みだけど古泉くん!! あんたをSOS団副団長として入部させたげるわ!!」

古泉「これはこれは。願ったり叶ったりですね」

キョン「お前言葉のチョイスが大分おかしいぞ。意味わかって意味わからんこと言ってるのか? バカ」

古泉「失礼ですが、僕のことはバカ、などではなく」

古泉「エスパーとお呼びください」

長門「えすぱぁ」

キョン「……やれやれ」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/11(土) 19:59:05.32 ID:eTQ4rKAC0

2話


古泉「僕が入部してはや数日。これといった活動は何もしていないような気がするんですが……」

古泉「そこのところ、どうなんです? うぬ」

キョン「うぬじゃねーよ。どうもこうもこれがSOS団の基本的なスタンスだ」

キョン「平日は特にやることもなくダラダラと部室で時間が過ぎるのを待ってるだけだ」

古泉「まるで蛇ににらまれた蛙……ということですか!」

キョン「どういうことなんだよ。今俺はバカに絡まれているがな」

古泉「バカに絡まれた……モブ、といったところでしょうか」

キョン「」ガタッ!

古泉「おっと、荒事ですか? ですが残念ながらバリアーを張っている僕にあなたは触れることなど―――!」

キョン「だまれ」ゴスッ!

古泉「うぐっ!!……危ないところだった……」

キョン「いや普通に当たって……はぁ、やっぱコイツを団にいれたのは間違いだったか?」

キョン「(あの場でウダウダ言われんのも面倒だし、団活の内容知れば勝手にやめると踏んでいたが……)」

古泉「あ、みくるちゃんさん。お茶の水割りください。ロックで」

朝比奈「あ、はぁ……お、お茶の水割り? をろ、ロックで……?」

長門「彼と同じものを、ダブルで」

朝比奈「え、え? えぇ?」

キョン「(心なしか長門も懐いちまってるように見えるし……)」

キョン「……割と安寧の時間だったはずなんだがなぁ」

古泉「あなたは何にします? お湯の茶葉風味にでもします?」

キョン「やかましい。つまるところただのお茶じゃねえかそれ」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/11(土) 20:04:34.37 ID:eTQ4rKAC0

ハルヒ「おまたっ!」バン!

古泉「誰も待ってはいませんが?」

キョン「こら! 事実を言うんじゃない!」

ハルヒ「そこ二人ぃ!!! せめて聞こえないトコでいいなさい!! わざわざボリューム上げて言わなくていい!!」

古泉「ところで団長さん。僕に団長の座を譲る気になってくれましたか?」

ハルヒ「はっ! そんな気は未来永劫来ないと断言できるわよっ! 諦めて退団してもらっても全然構わないんだから!」

古泉「え、僕が団長になれないならここにいる意味なくないですか?」

ハルヒ「その旨を今伝えたんだけど!!?!? だからさっさとボードゲーム部でもなんでも好きなトコに行っちゃいなさいよ!!」

古泉「何故僕が大嫌いなあなたの指図を受けなければならないんですか、まったく……」

ハルヒ「この……!」

ハルヒ「じゃあいいわ。古泉くん、あたしはもうあなたに関しては何も言わない。いえ、むしろ」

ハルヒ「あなたはこの団に不可欠な人材よ!! 退団する事なんてあたしが絶対に認めないんだから! ね!!」

古泉「……」

ハルヒ「(名付けて『まんじゅう怖い作戦!』。さあ古泉くん、あたしの指図が受けたくないんなら今すぐ団を抜け―――)」

古泉「はーっ……僕がこの団に不可欠な人材? 何を言い出すかと思えば……」ハァ?

ハルヒ「え」

古泉「というより僕ありきの団ですよね? この団って。あれ? これ皆さんの共通認識ですよね?」

ハルヒ「…………」

古泉「まったく……僕を差し置いて団長なぞ名乗ってる癖にこの体たらく……はっきり言って絶望しましたよ」

キョン「さすがに失望程度に抑えとけよ。何がお前をそこまで堕としたんだよ」

古泉「ま、とにかく最低限、僕がこの団に必要であることを理解しているようなので、多めに見てあげましょうか」

ハルヒ「……」プルプル

ハルヒ「誰よっ!! このエセ超能力者を入団させたのはぁ!!!!!?!?」

古泉「あなたですよ。それとエセ超能力者ではなく、エセエスパーです。えすぱぁ」

キョン「そっちじゃねーよ。エセの方を否定しろこのバカ」

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/11(土) 20:09:20.38 ID:eTQ4rKAC0

古泉「しかし、やることがないと暇ですね。どうですか一緒にレトロゲームでも、そこのあなた」

キョン「そこのあなたなどという団員は存在せん」

古泉「まぁまぁ、そう言わずに。コレ好きなんですよ、僕」スッ

キョン「将棋か」

古泉「僕はいつだって正気ですが?」イラッ

キョン「そうじゃ……いいや、めんどくさい。やってやるよ、その間お前が黙ってるんならな」

古泉「仕方ありませんね、一回だけですよ?」

キョン「こうも人の神経を逆なでするのが上手い奴がいるとはな」

古泉「では、ルールの確認です」

キョン「ルール? 将棋のルールぐらい俺でも知ってるぞ」

古泉「僕は知りませんよ?」

キョン「なんでだよ! お前さっき将棋好きって言ってたじゃねーか!!!」

古泉「そんなこと言っていません。僕はこの、なんですか? 木で出来たこの、ペンタゴンの形をした……コレが好きなだけです」

キョン「っ……話にならん。そんなに駒が好きなら一人で眺めてろ」

古泉「お相手してくれないんですか?」

キョン「ルールを覚えていない相手とどう将棋をするんだよ」

古泉「なんでしょう……こう、角を相手に向かって投げるとか」ポイッ

キョン「…………」ビシッ

古泉「あはっ、結構面白いですねコレ」アハハ

キョン「かーっ!!!!」ブンブンブン!!

古泉「いつっ、って、いてててて」ビシィ! バシィ! ピッシィ!!

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/11(土) 20:13:23.24 ID:eTQ4rKAC0

長門「……」ペラ

古泉「あなたは団活中ずっと読書を?」ヌュ

長門「大体は」

古泉「今は何を読んでるんです?」

長門「……」スッ

古泉「あぁ、その本なら昔読んだことがありますよ。確か、最後は主人公が―――」

長門「ネタバレは禁止」シー

古泉「死んでしまうやつ……」

長門「…………」

古泉「……」アチャー

長門「なぜ結末を話してしまったの?」

古泉「申し訳ありません。こればっかりは超能力の副作用で」

長門「えすぱぁ?」

古泉「そう、それ。エスパーです。それのせいで、思わずこのような悲劇が起こってしまったりするんですよ」

長門「……なら仕方がない」

古泉「優しいんですね。許してくれるんですか?」

長門「許す」

古泉「なるほど、エスパーを理由にすれば大抵のことは許してもらえるのですね! 勉強になりました!」パアァ

長門「……」

キョン「ゴミのような考え方してんな、やっぱり」

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/11(土) 20:17:08.17 ID:eTQ4rKAC0

古泉「みくるちゃんさん」

朝比奈「あっ、お茶のおかわりですか? また水割りの……ロック?」

古泉「いえ、そうではなく。あなたはいつもお茶当番なのですか?」

朝比奈「えぇまぁ。わたしもお茶入れるの好きですし、みんなに飲んでもらいたいから」

古泉「なるほど、なるほど。確かにあなたの入れたお茶の水割りのロックは絶品でしたよ」

朝比奈「は、はぁ。ありがとうございます……?」

古泉「8割ぐらい残しましたけど」

朝比奈「えっ」

古泉「それはともかく、今更ですが何故メイド服を?」

朝比奈「あっ、え、っと……これは、その、涼宮さんの指示で」

古泉「ははぁ……あの団長さんの趣味ですか」

朝比奈「趣味、というか……まぁ、でもそんなところです」

古泉「着るのは嫌ではないんですか?」

朝比奈「うーん、初めはちょっとは恥ずかしいと思ってたけど、今は全然嫌じゃないですね」

古泉「コスプレへの抵抗度が低下してますねぇー」

朝比奈「え?」

古泉「では質問です。あなたにとってメイドとは!?」

朝比奈「め、メイドとは? え、え、えーっと……し、しっかりした人?」

古泉「まぁ正解なんてどうでもいいんですが」

朝比奈「えー……(何で聞いたんだろう……)」

古泉「それよりも茶葉の濁りを下さい」

キョン「だからお茶じゃねーか、それ」

17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/11(土) 20:22:22.70 ID:eTQ4rKAC0

古泉「……団長さん」

ハルヒ「ん、何かしら? 頭の残念な方」

古泉「遠回しに彼を馬鹿にするのは止めてあげてください」

ハルヒ「ストレートにあんたを馬鹿にしてるんだけど!?!?」

古泉「彼にも聞いたんですが、この団はいつもこのように暇を持て余してる感じなんですか?」

ハルヒ「暇を持てっ、ちょっとなんてこと言ってんのよキョン!! 今この状態を暇を持て余した状態だと思ってたの!!?」

キョン「違わないだろ」

ハルヒ「違うわっ!! 来たるべき不思議の到来に備えてあれやこれやを考える時間でもあるのよ!!」

キョン「その説明があやふやじゃねーか。具体性のカケラもねーぞ」

古泉「皮肉にも、僕も彼と同意見です」

キョン「なにが皮肉なんだよ」

古泉「もっと、なにか有意義なことに時間を使うべきです」

ハルヒ「例えば?」

古泉「それを考えるのがあなたの仕事でしょう!!!」ゴオォ!

ハルヒ「(も、もっともな言い分だけど回答は丸投げたぁあぁあああああ!!!)」ガーン!

ハルヒ「た、確かにそうではあるけど。だ、団長であるからこそみんなの意見を参考にしなきゃならないのよ」

古泉「……なるほど、万理ありますね」

キョン「圧倒的に支持してんじゃねーか」

ハルヒ「ちょうど新入りであるあなたにも意見を聞きたいと思ってたのよ。何かやりたいことでもある?」

古泉「やりたいこと……そうですねぇ」

古泉「僕の超能力披露会なんてものを……」

ハルヒ・キョン「「却下」」

古泉「おっと、失礼。エスパー披露会なんてものを……」

キョン「言い方の問題じゃねーよバカ。お前エスパーっていうより超能力って言う方が多いじゃねーかバカ」

18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/11(土) 20:28:33.77 ID:eTQ4rKAC0

古泉「誰かが言ってましたよ。向上心の無いものは馬鹿だ、と」

キョン「お前はバカだけど、向上心はあるのか? 団長になりたいだのなんだの言ってるが」

古泉「もちろんです。エスパーたる以上、日ごろの研鑽は欠かせません」

キョン「へー。効果が出てるようには見えないがな」

古泉「冗談ですか? ここ一年で1.002%のエスパー力の上昇を感じているというのに……」

キョン「ほぼ等倍じゃねーか。あとエスパー力って言うなら超能力でいいだろうが。ツッコませるなよ面倒くさい」

古泉「僕が言いたいのはですね、この団には僕のような向上心が欠片もないということなのですよ」

ハルヒ「聞き捨てならないわね!! あたしたちがただ毎日こうしてだべってるだけみたいな言い方して!」

キョン「寸分違わないがな」

古泉「仮にそうだったとしても、僕にその努力なり魅力が伝わってない以上、それは無意味なものなのですよ」

ハルヒ「あなたの超……エスパー披露会だかなんだかにはその魅力があるって言うの?」

古泉「…………ふふん」ドヤッ!

キョン「うわっ、意味のないドヤ顔が腹立つな」

ハルヒ「エスパーとも言えない手品の出来そこないしかできないのに……」

古泉「ともあれ、やはりこのSOS団は根底からの組織改革が必要なようですね」

古泉「僕が団長になったさいにはSOS団の一新を公約にしましょう。よりよい団づくりのために!!」

キョン「具体的には?」

古泉「活動内容を屋内でのボードゲームに限定します!!」

ハルヒ・キョン「「それただのボードゲーム部!!!!!」」

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/12(日) 02:54:17.83 ID:dPGstr2v0

第三話


ハルヒ「今日はーここまでっ!! 解散よー!!」

古泉「あれっ? 今日が団の解散日だったんですか? いけませんね、おめかしを忘れてましたよ」

ハルヒ「今、日、は!! てか二日に一回それ言ってるじゃないの、そろそろツッコまないわよ」

キョン「むしろ未だツッコんでるお前にささやかな優しさを感じるよ……やれやれ」ガタッ

キョン「さっ、帰りますか」

古泉「あ、すいません。少しいいですか」

キョン「む、なんだ? 用件なら5秒以内に済ませろ」

古泉「えっ、わっ、あの! その! えー、っと! だからぁ!!!」チッ!

キョン「分かった分かった、ちゃんと聞くから落ち着いて話せ。なんで最後キレてんだよ」

古泉「この後、少し付き合ってもらいたい場所があるんですが……」

キョン「俺に?」

古泉「ええ、残念ながら」シュン

キョン「そうか、残念なら他の奴を誘っていけ、俺は帰るぞ」スッ

古泉「ジョークジョーク! メキシカンジョークですよ。やだなぁ、もう」

キョン「お前のジョークは一々国際的なモンにしないと気が済まないのか?」

古泉「とにかく、あなたのこの後の時間は僕が」

古泉「差、し、押、さ、え。 してますから、ねっ?」バチコーン!

キョン「うっ!!」フラッ

キョン「っぶねぇ……野郎のウインクで頭痛眩暈吐き気腹痛脚気に鼻血まで出そうだったぜ……」

古泉「なんで興奮して鼻血だそうとしてるんですか、気持ち悪いですね」

キョン「お前だけにゃ言われたくねーよ、切に」

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/12(日) 02:58:48.69 ID:dPGstr2v0

ハルヒ「さー! 帰るわよ!」

キョン「おい、付き合ってもらいたい場所って一体どこ―――」

古泉「その前に」

古泉「下準備をすましておきましょう」スッ

キョン「はぁ? 下準備……?」

古泉「団長さん」

ハルヒ「ん? なに? さっき言ったけどもう今日の団活は終了したから今日はもうなにも―――」

古泉「今日も、いえ……今日にいたるまでも再三、僕は言いましたよね」

ハルヒ「は……?」

古泉「ここは一体何をする団なのか、と。活動内容や存在理由など……この団にはありとあらゆるものが欠けています」

古泉「だから僕は明確な提示を求めた。いったいここは何をしている団なのか、と」

古泉「しかし、あなたからは芳しい返答は得られなかった。お茶を濁すようにして返答をはぐらかしていた」

ハルヒ「だから! 別にいつもこんなことしてだべってるわけじゃないって―――」

古泉「少なくとも、僕が入部してからはずっとこうですが?」

ハルヒ「……っ!」

キョン「お、おい。なにキャラに合わない気まずい空気だしてんだ……」

キョン「二人共」

ハルヒ「あたしもカウントしてるのね!!?!?」

ハルヒ「ハァ……いーい? 古泉くん。あたしは今でもあなたの入部は不本意だと思ってるの」

ハルヒ「つまり、完全にあなたを団員として認めたわけじゃない」

古泉「ほう……」

キョン「お、おいって……」

ハルヒ「そんな人相手に、ごちゃごちゃ言われる筋合いはないわ!!!」キッ!

古泉「……そうですか」

ハルヒ「有希!! みくるちゃん!! もう帰るわよ!! 早く!!」バン!

朝比奈「あ、わわ……は、はぁい」

長門「……」

ハルヒ「…………鍵締めときなさい! キョン!!」バン!

古泉「……」

キョン「…………やれやれ」ハァ

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/12(日) 03:04:04.69 ID:dPGstr2v0

キョン「おいおい、あの短期無鉄砲なハルヒにあんなこと言やぁこうなることぐらいお前も分かってるだろ、さすがに」

古泉「もちろん。無理を承知で言いましたよ」

キョン「それ今使う言葉じゃないぞ」

古泉「ですが、僕は何も間違ったことを言っているつもりはありませんよ」

キョン「それは……まぁ、確かにそうだが……そうなんだが……んー」

キョン「こう言っちゃハルヒの肩を持つようになるわけだが、俺たちは本当にいつもこうしてだべってるってだけじゃないんだぜ?」

キョン「土日は不思議探索だのなんだと言って一応詮索っぽいことしてたり」

キョン「学校でも不思議なことの体験談や目撃情報を集めてたり……まぁ」

キョン「何をする団かは確かに明確じゃないが、ハルヒは自分が正しい団活だと思ってることをやってるだけだ」

古泉「…………」

キョン「それが、お前の珍しい正論に対する答えにはなりはしないだろうが……」

古泉「……つまり、彼女は彼女のやりたいことをやっているに過ぎないということですね」

キョン「んー……そうなるし、それに付き合うのが団員の俺たち、ということになるな」

古泉「……なるほど、それはなんとも」












古泉「傲慢で我儘な自分勝手の欲ですね」











キョン「なに? 傲慢?」

古泉「……行きましょうか、そろそろ案内できるはずですよ」スッ

キョン「ちょ、ちょっと待てって! お前さっきからキャラが違うって、もっと違う……ウザい感じだろ!? お前は! おーい!」 

27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/12(日) 03:09:41.90 ID:dPGstr2v0

古泉「つきましたよ、ここです」

キョン「ついた、って……ただの交差点じゃあないか」

古泉「スクランブル交差点です」

キョン「どっちでもいいが、ここに何の用があるっていうんだ」

古泉「察してください」ニコッ

キョン「無茶言うな!! スクランブル交差点でやることなんざ歩く以外にねーよ!!」

古泉「察しが悪い、要領が悪い、頭も悪い、ついでに顔もよくない……」

古泉「生きてて楽しいですか? あなた」フゥ

キョン「なんでこのタイミングで煽ってくるんだ? お前はあれか? 目撃者多数の中死にたいのか?」

古泉「ははっ、ジョークですよ。モンゴリアンジョーク」

キョン「だからどの辺が……もうツッコまん」

古泉「それは結構。ですが、おそらくあなたはすぐにツッコむことになるでしょうね」

キョン「おい、予告してからのボケは難易度上がるからやめといた方が……」

古泉「えいっ」パシッ

キョン「うおっ!? なっ、て、手を離せっ!! 俺はノーマルでい続けたいんだ!!」

古泉「男子高校生がもっぱら憧れているのはもっぱらアブノーマルのはずですが……」

キョン「今この状況じゃアブノーマルの意味が違ってくるんだよ!!! ほら! 手を離せっ!!」

キョン「周りの人の目が……!! 周りの……人……え」











キョン「……あれ?」











古泉「……どうでしょう? 何か言うことは……?」

キョン「…………えーっと、うん。まぁ、なんだ」

キョン「どこだここ!!!!?!?!!?!?」オォーイ!!

古泉「テンプレ的ツッコミ、ありがとうございます。4点です」

キョン「ついでに点数低っっっ!!!!!!」

28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/12(日) 03:14:31.20 ID:dPGstr2v0

古泉「ここはまぁ……ラウンジ的な場所だと思っていてください」

キョン「いやいやいや、どっからどうみてもただの屋上だし……なんか世界が灰色だし……」

古泉「そういう世界観のラウンジです」

キョン「どういう世界観―――うわっ!」グラッ!

キョン「な、なんだありゃあ!? なんかでっかい軟体動物みたいなんが出てきたぞ!!」

古泉「そう、あれが神人です」

キョン「ウソ……だろ……」

キョン「あれがエバー……?」

古泉「シンジではなく、神人。まぁ……イカみたいなもんですよ」

キョン「嘘だね!!! 俺の軟体動物に引っ張られただけの適当な説明をやめろ!!」

古泉「知ってますか? 2億年後ぐらいにはイカが世界を支配してるみたいですよ? あの姿をみれば納得ですよね」ハハッ

キョン「だからアレをイカと定義するのはやめろって!! なんなんだアレは……ダイダラボッチか?」

古泉「あ、ダイダラボッチと言えば―――」

キョン「いいから!! 俺の憶測に合わせなくていいから真実を教えてくれ!!」

古泉「真実ですか」

キョン「そうだ。一体ここはどこでアレはなんなのか……」

古泉「ふむ……まぁ、簡単に申しますと」

古泉「なにからなにまで。ここは団長さんなのですよ。嘘偽りなくマジで」

キョン「…………嘘だっ……」

古泉「…………」

キョン「…………マジ?」

古泉「Exactly……」ヒュウ

キョン「……」イラッ

29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/12(日) 03:18:01.84 ID:dPGstr2v0

キョン「ハルヒがって……お前……これを……」

古泉「みくるちゃんさんや長門有希さんから聞いていませんか? 彼女の特異性の話は」

キョン「え、ああ……なんかハルヒが実はやべー奴だってことぐらいは」

古泉「抽象的ですね」

キョン「あん時は、かわいい女子と話すのに慣れてなくてあまり覚えてないんだ」

古泉「……ヘタレ」プッ

キョン「」ガタッ!

古泉「落ち着いて聞いてください」

キョン「落ち着かないのは誰のせいだ」

古泉「ここはあの団長が作った空間……彼女が現実で溜まったストレスを発散する場所……」

古泉「エゴイズムの塊のような場所なんです」

キョン「ストレス……? まさか、お前が言ってた下準備って……」

古泉「察しが悪いというのだけは訂正してあげましょう。代わりにヘタレの称号を授けます」

キョン「結果的にランクダウンしてね? それ」

古泉「そう、彼女をわざわざ怒らせるようにしたのはこの空間をあなたに見てもらうためなのですよ」

古泉「それに、どのみちそろそろ"くる"だろうと思ってましたしね」

キョン「なぜ……俺に?」

古泉「……知っておいて欲しかったんですよ」

古泉「僕が彼女を大嫌いな理由。その本質的な意味を」

古泉「……始まりますよ」

キョン「始まる……?」

30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/12(日) 03:23:40.22 ID:dPGstr2v0


オォオオオォオオオォオオォオオォオオオォオオオオオォオオォオオオオォオオオ!!!!!!!!!


キョン「なっ、なんだ!? アイツ、暴れ始めたぞ!!」

古泉「現実でストレスを解消する時と同じです。大声で叫んだり、やけ食いをしたり、スポーツをしたり」

古泉「大暴れしたり……」

キョン「……ハルヒは意識的にここでストレスを解消してるのか?」

古泉「まさか、彼女は自分がこのような不思議空間を発生させてるなんて夢にも思わないでしょう。ああ見えて、結構常識的ですから」

キョン「無意識の内にこの空間を作っているということか」

古泉「えぇ、そしてあの神人で破壊の限りを尽くす……見てくださいよ」



オオオォオォォオオォオォォオォオオォオオオオォオオォオオォオォォオォオオオォオォオ!!!!!!!



古泉「まるで感情の抑制のきかない子供みたいだと思いませんか?」

キョン「…………」

古泉「人は皆あらゆるストレスを溜め、それを我慢し、普遍的な解決法で日々を送っている」

古泉「対し彼女は、このような迷惑極まりない空間で、我慢なんてついぞ知らぬかのように破壊活動を行う」

キョン「……それが、ハルヒのエゴだって言うのか?」

古泉「それ以外、何か言葉が見つかりますか?」

キョン「……確かに、普通の人間とは違ったやり方だとは思うが……」

キョン「現実世界にあの化け物を召喚しないだけまだ制御が効いている……って考え方はどうなんだ?」

古泉「まぁ、確かに。さっきも言った通り、まだ彼女は常識的ですから、最低限のラインは守っているようです」

古泉「……しかし、この空間は放っておけばいずれ現実世界を侵食し、この世界と入れ替わってしまいます」

キョン「なっ……!」

古泉「…………そして」フワッ

古泉「それを食い止める役が僕であるとするならば……」

キョン「っ……!?」

古泉「少しは、僕が彼女を大嫌いな理由を理解していただけますか? 結構命がけなんですよ、これも」ニコッ

キョン「……お前」

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/12(日) 03:27:44.46 ID:dPGstr2v0

キョン「超能力者ってのはマジ話だったのか……」

古泉「おや、信じていなかったのですか?」

キョン「あんな手品もどき、もとい子供だましで誰が信じるんだよ」

古泉「ノンノン、あれは子供だましなんかではなく」

古泉「えすぱぁ」ドヤッ!

キョン「……」イラッ

古泉「と、こんなところであなたの相手をしている暇はないのですよ」

キョン「お前が連れてきておいて何て言い草だよ」

古泉「では、しばしお待ちを―――へあっ!!」ギュンッ!

キョン「かけ声ださっっ!!!!」




















古泉「(……ああ怖い怖い、いつになっても恐ろしいものですね。未だに体が震えますよ)」ブルッ


古泉「(死して屍拾うものなし……ここで僕が死んでも誰も気づいてはくれないでしょうね)」


古泉「(もっとも、僕が倒れてしまえば……この世界と心中することになるんですがね)」


古泉「心中(死んじゃう)だけに!!」ドヤッ!


古泉「はは…………さて」


古泉「いきますよ……っっ!!!」

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/12(日) 03:34:50.01 ID:dPGstr2v0

キョン「すっ、げぇ……間近で特撮を見てる気分だ……これは特撮なんかじゃないんだろうが」

キョン「あんなでけぇダイダラボッチみたいなやつ相手に一人で……」

キョン「……一人で? あいつ、味方とかはいないのか?」

キョン「長門でいう朝倉や、朝比奈さんでいう未来の組織みたいなもんが……」

キョン「あいつには、ないのか……?」












古泉「ハァ……ハァ……ふっ!!」ゴオォオオ!

キョン「っっ!? た、倒したのか?」

古泉「……ハァ、ハァ……」

古泉「(……なんとか、生きながらえたようですね。僕も、世界も)」スーッ

キョン「お、おい! 大丈夫、なのか?」

古泉「あぁ、平気ですよ。赤玉のように僕のパロメーターはオールレッドですよ」

キョン「それ死にかけって意味じゃねーか。ほぼゾンビだよそれ」

古泉「……直にこの閉鎖空間は崩壊します。ちょっとした見ものですよ、これは」パキッパキッ!

キョン「空が……ひび割れて……元の世界に、戻った……のか?」

古泉「幻想的でしょう? まぁ、命がけの対価としては少し寂しいものかもしれませんが」

古泉「どうです? これで僕が超能力者であることを信じていただけましたか?」

古泉「同時に……僕が彼女を嫌う理由も」

キョン「信じるも何も……こんなモンを見せられて夢で終わらせられるほど、俺の頭は幸せじゃないぜ」

古泉「ハッピーセットのおまけみたいな顔して?」

キョン「」ガタッ!

古泉「軽口をたたく余裕を見せるぐらいいいじゃないですか。これでも結構体にきてるんですよ? 僕頑張りました」

キョン「……お前は、いつも一人であの化け物と、闘っているのか?」

古泉「……ええ、まぁ」

古泉「だからこそ、僕のみが、彼女をこれほどまでに嫌っているのですよ」

古泉「世界の命運を、たった一人の高校生に背負わせた彼女は罪深い存在ですよ」

キョン「…………」

古泉「……まぁちょっと主人公みたいな設定を気に入ってないわけではないんですがね」

キョン「酔ってんじゃねぇよ。バカ古泉……お疲れさん」

古泉「…………ありがとうございます」

古泉「どうです? 一杯やってきますか? いいチャンネーがいる店を知ってるんですよ!」クイッ クイッ

キョン「やめろ。俺たちは未成年だ。てかその動き腹立つからよせ。よせって、おい!!」

35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/12(日) 03:53:04.29 ID:MMd/13HVo
一人でか…

36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/12(日) 08:21:02.71 ID:ErgcUAbW0
もしかしてこんな思いをするのは自分一人で良いって考えてる優しいやつなのか

38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/12(日) 13:28:48.93 ID:XL/frruPO
たしかに古泉にもし仲間がいなかったら嫌いになってる可能性もあるな

41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/12(日) 18:43:02.72 ID:2ii+tQRU0

4話


古泉「あの」

朝倉「ん? あたし、かしら?」

古泉「え? ああ、じゃああなたでいいです」

朝倉「あ、あれ? 違ったの? そんな妥協してあたしに何が……ってあら?」

朝倉「あなた、古泉一樹くん?」

古泉「おやおやおや、ついに僕の知名度も話したことのない生徒にまで広まっているとは……」

古泉「まったく、エスパーとは恐ろしい……ふふふ」

朝倉「あのー……一人で妄想を膨らましてるところ悪いんだけど」

朝倉「あたし、長門さんと同じマンションに住んでる朝倉涼子……って」

朝倉「あなたこそ、知ってるでしょ? あたしが何者であるか」ボソッ

古泉「音の出る眉毛?」

朝倉「今日の晩御飯はエスパーの三枚下ろしよ―長門さん」ニコッ

古泉「ジョークジョーク、ロシアンジョークですよ」

朝倉「それ笑えないやつ」

古泉「えっと……眉倉さん? でしたっけ」

朝倉「朝倉よ。あと、目線を少し上にあげるのやめてもらえるかしら? 涼子不快」

古泉「おっと失礼しました」

朝倉「それで、あたしに何か用でもあるの?」

古泉「えぇ、というよりも誰でもよかったんですが」

朝倉「失礼だわ」

古泉「彼を呼んでほしかったんですよ。ほら、窓際で眠たそうにしている彼を、ね」

朝倉「……手島くん? 呼べばいいの?」

古泉「いや誰ですかそれ」

42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/12(日) 18:52:08.56 ID:2ii+tQRU0

キョン「おー何の用だ。バカ古泉」

古泉「いえ、大した面じゃな、おっと。大した用ではないんですが」

キョン「朝倉、今日の晩御飯はコイツでいいぞ」

朝倉「そのくだりはもう終わったわ」

古泉「彼女の様子を伺おうかと、思いましてね」

キョン「彼女? あぁ、ハルヒか……」

キョン「様子っつてもな、まぁ見ての通りだ」






ハルヒ「…………」ムッスゥ






キョン「……拗ねた子供みたいになってる」

朝倉「髪切る前の涼宮さんみたいね」

古泉「あぁ、やはり怒らせてしまったことが尾ひれはひれですね」

キョン「尾を引く、だろ。無理に慣用句を使おうとするなバカ」

古泉「またこの不機嫌な状態で閉鎖空間を連発してもらっても困りますし……どういたしましょうか」

朝倉「素直に謝れば?」

古泉「嫌ですけど?」ハァ?

キョン「なんでそんな即答できるんだよ。完全に謝る流れだっただろうが」

古泉「僕は彼女に対して事実を述べたまでです。間違ったことは言ってませんので」

古泉「そう思いません? 眉倉さん」

朝倉「うん。涼宮さんに何言ったかは分からないけど、言っていい事実とそうでないものの境界線をあなたは理解していないみたいね」ギギギ

キョン「朝倉! 抑えて抑えて!!」グググ

43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/12(日) 18:56:36.12 ID:2ii+tQRU0

キョン「つってもハルヒのことだし、放っておいても機嫌が良くなる保証はないぞ」

古泉「となると……はぁ、不本意ですが。不本意中の不本意ですが……」

古泉「贖罪しますか」

キョン「謝罪でいいよ、さすがにそこまで重く考えんでいい」

朝倉「こういうのはスッと終わらす方が今後の関係に響かないわよ。早く謝った方がいいと思うな」

古泉「そうですね。では、謝ってきます。見守っていてください」

キョン「おう、拳がとぶようなら朝倉が止めに入るぞ」

朝倉「キョンくんが行かないの!? ヘタレねぇ……」

キョン「うぐっ」

古泉「…………」スタスタ

朝倉「あ、行った」

ハルヒ「…………」チラッ

キョン「ハルヒも気づいたようだな」

朝倉「歩みに迷いがないわ」

古泉「…………」スタスタ

古泉「サセンッ!」

ハルヒ「!?」ビクッ

キョン・朝倉「「は?」」

古泉「…………」スタスタ

古泉「っ、ハァ……見ました? 見てましたか!? ミッションコンプリートです!」

キョン「どこがだよ!? ただただ早歩きして早口言ってきただけじゃねーか!!」

朝倉「早く謝るってそういうことじゃないから!! 速度じゃなくて時間的な意味だからね!?」

ハルヒ「……? ……??」チラッ チラッ

キョン「見ろ、ハルヒも困惑してこっちチラ見してんじゃねーか」

朝倉「不安そうな顔が結構レアね」

古泉「……ガン飛ばしですか?」オォ?

キョン・朝倉「「違うわ!」」

44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/12(日) 19:01:07.02 ID:2ii+tQRU0

朝倉「涼宮さんがなにされたか理解していないようだから、もう一回行きなさいよ」

古泉「次はマジで殴り合いですか?」

キョン「だからガン飛ばししてるんじゃねーって。様子を伺ってるんだよ」

古泉「様子を伺いにきたのは僕の方ですが……」

朝倉「挙動不審対決であなたに軍配が上がったんだからしょうがないでしょ」

古泉「しょうがないじゃないかぁ」

朝倉「……」イラッ

キョン「朝倉、真っ向からコイツの相手をしてもバカを見るだけだぞ」

朝倉「誰がバカよ!!」ブン!

キョン「不条理ッッ!!!」バチンッ!

朝倉「あ、ごめん。つい」

古泉「今、眉倉さん。彼に謝りましたよね? そういうのでいいんですか?」

キョン「え? あぁ、まぁ。さっきのよりは素直に謝罪の意志が見えるだけマシ、なのか……?」

朝倉「でもちょっと軽すぎるような……」

古泉「では、行ってきます」スタスタ

朝倉「えぇえええぇえ!? 思い切りの良さ半端ないわね!! 自分を過信しすぎでしょ!!」

キョン「そういう奴、そういう奴なんだ……」

古泉「…………」スタスタ

ハルヒ「…………」チラッ

朝倉「涼宮さんも今度は何言われたか聞き逃さなようにしてるわね」

古泉「…………」ピタッ

キョン「おぉ、止まって……」

古泉「あ、ごめん」

ハルヒ「…………え?」

古泉「…………」スタスタ

古泉「……やり遂げたっっ!!!」

キョン・朝倉「「何を!!?」」

キョン「何を、ってかあれじゃ何に対して謝ってるのか分からんわ!!!」

古泉「僕が彼女に謝るなら怒らせたこと以外にないでしょう!! 察してくださいよ!!」

朝倉「そうだけど!! そうだけども!! さすがにそのことを謝ってるようには見えない謝罪だったものぉ!!」

ハルヒ「……?? ……???」オロオロ

45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/12(日) 19:05:01.18 ID:2ii+tQRU0

古泉「謝罪って難しいですね」

キョン「確かにそうだが、お前の難しいはなんかニュアンスが違う感じのやつだ、多分」

朝倉「……もうあたしたちがついていった方が分かりやすいんじゃない?」

古泉「ハッ! いい! それいいじゃないですかー! えぇー! ナスの漬物みたいな眉毛してやりますねー!」

朝倉「どいてキョンくん!! まずはあたしが謝罪と贖罪の仕方を教えてから食材にしてやるっっ!!」グググ

キョン「控えて!! 控えて朝倉!!! 俺血見たくないっっ!!」グググッ!

古泉「そうと決まれば早速謝りにいきましょう、さ、早く」

朝倉「ハァ……ハァ……なんであたしがこんな人のために」

キョン「まぁ、そう言うな。コイツだって世界のためにやってることもあるんだし」

キョン「謝罪の手助けぐらいはしてやらんでもない」

古泉「…………」スタスタ

ハルヒ「…………!?」チラッ

朝倉「ちょっと、涼宮さん明らかに動揺してるじゃない。パーティ編成変わって明らかに動揺してるわよ」スタスタ

キョン「さっきまでのバカの奇行がジャブだとするならば、これがストレート。何されるか分からんからな」スタスタ

古泉「…………」ピタッ

ハルヒ「…………」

キョン「あ、えーっとだな。ハルヒ、その、コイツがお前に言いたいことがあるそうだ」

朝倉「そ、そうよ涼宮さん。だからすこーしだけ耳を傾けてあげてくれないかな?」

ハルヒ「…………」チラッ

古泉「……」スゥ

キョン「(ほら! チャンスだ! 素直にきちんと謝るチャンス―――)」

古泉「やっぱ無理ーーー!!!!」バン!

ハルヒ「!?」ビクッ!

キョン・朝倉「「なにいぃいぃぃいぃいいいいい!!!」」ガーン!

46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/12(日) 19:10:01.32 ID:2ii+tQRU0

古泉「はぁ、もう馬鹿らしくなってきましたよ。団長さんもそう思いません?」

ハルヒ「なっ、急に何言いだしてんのよあんた……!」

キョン「そんなバカなことに付き合わされている身にもなれ」

古泉「なぜそんな不機嫌なんですか? あなた。僕に正論を言われたからですか?」

ハルヒ「正論? ハンっ! あんたこそ、あれを正論と思ってるんならとんだお門違いだわ!」

古泉「岡田って誰ですか?」

キョン「お門なお門」

ハルヒ「大体、団に入って日も浅いあなたが首脳批判なんてするには早すぎるのよ」

古泉「ですから、団のことを知ろうとあなたに質問していたわけですが?」

ハルヒ「その質問が早いって言ってるんでしょ! 内情を知るにはまず周りを見て自分で考察しなきゃ」

古泉「僕の慧眼を持ってしても周りから情報を得ることはできなかったのですが?」

ハルヒ「節穴なんじゃない? そのお目眼」ハン

古泉「おや、頭がカラッポの方が言えるセリフでしょうか?」

キョン「だぁー!! 待て待て! だからお前達は何故そう喧嘩腰になるのが早いんだ!」

ハルヒ・古泉「「だって」」






















ハルヒ「あたしあんた嫌いだし」
古泉「僕はあなたが嫌いですから」

47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/12(日) 19:15:21.91 ID:2ii+tQRU0

朝倉「息ぴったりじゃない」

ハルヒ「うるさい!! ていうかあなた誰よ!!」

古泉「それは僕も気になっていました」

朝倉「同じクラスなのに!? 古泉くんに関してはさっきまで話してたわよね!!?」

キョン「あーもう……ん、そうだハルヒ。コイツが団活を知りたいっていってんだからちょうどいいじゃねーか」

キョン「明日、例の奴やるんだろ? そこでコイツに教えてやれば良いじゃねーか、SOS団とはなんたるかを」

ハルヒ「…………フン、言われなくてもそうするつもりだったわよ。初めから」

ハルヒ「はー……いーい古泉くん。あたしたちSOS団は休日に不思議探索ってのを行なってるわ。つまり明日」

ハルヒ「現状、それがSOS団のメイン活動と言ってもいいわね、あんたにはそれを体験してもらう」

ハルヒ「もしそれで納得がいかないってんなら……もうどうしようもないわね」

ハルヒ「その時は……一方的で悪いけど、団を去ってもらう。これでいいかしら?」

古泉「……望むところですよ。まぁ団を去ることになるのは誰になるかは分かりませんが」

ハルヒ「……」グルルルル!

キョン「なんで喧嘩の約束してるみたいになってんの? 仲良く不思議探索するんだよな?」

ハルヒ「……ふっ、ならもう先のあんたの愚行は不問にしてあげる。不機嫌保つのも疲れるしね!」

朝倉「(ホントはもうそんなに怒ってなかったのね)」

ハルヒ「明日。明日であんたの命運が決まるから、精々それまでつまらないと思ってる団活に勤しむことね」

古泉「明日次第でそのつまらない団活が面白いものに変わることを期待していますよ」

古泉「番長殿」

ハルヒ「だれがバンカラだ!!!」

キョン「……やれやれ」ハァ

53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/14(火) 00:34:13.85 ID:NHTxASJ00

5話


ハルヒ「…………」

古泉「お待たっ☆」

キョン「おぇ」

朝比奈「お、おはようございます」

長門「……」

ハルヒ「お待たっ☆じゃないわよ!!! あんた何分遅刻してると思ってんの!!?」

古泉「30分16、7秒ですね」

ハルヒ「なんでそこそんなに正確なのに遅刻してんの!!?!? 活かしなさいよその正確さを!!!」

古泉「いやぁ、朝に弱くて……あ、みくるちゃんさんに弱いわけではありませんよ?」

古泉「多分ワンパンでいけますから」

朝比奈「えっ」

ハルヒ「遅刻したら罰金、昨日言ったわよね?」

古泉「聞いてません」キリッ

ハルヒ「なんで息を吐くように嘘つくのよ、無駄にいい顔で」

ハルヒ「ま、とりあえずクジで組み合わせ決めなきゃだから、古泉くんの奢りで喫茶店にいきましょ」

古泉「なんで僕の奢りなんですか!!?」

ハルヒ「それが罰金だからよ」

古泉「じゃあ分かりましたよ!!」

キョン「聞き分け良いな」

古泉「エスパーですから」

長門「えすぱぁ」

54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/14(火) 00:39:32.33 ID:NHTxASJ00

ハルヒ「それじゃ、午前の組を決めるわよー。みんなクジ引いてー」

キョン「5人だから3人組と2人組だな」

古泉「言われなくてもみんなそれぐらい分かってますよ。うるさいなぁ……」ボソッ

キョン「ハルヒ、こいつだけ1人でいいんじゃねーか?」

ハルヒ「入団以来一番冴えた意見だわキョン、取り入れようかしら?」

朝比奈「あ、あのっ、あのぅ! それは……」

古泉「あぁ、みくるちゃんさん。大丈夫ですよ、これ。ノリですから」ハハッ!

キョン「うわぁ……ムカつくからマジでソロプレイで不思議探してもらいてぇ……」

ハルヒ「むしろこんな人がいることが不思議なんじゃないかと思えてきたわよ。いいから早くクジ引いて」

キョン「よっ、印なし」スッ

朝比奈「あ、印ありです」スッ

古泉「む、邪印がない、か……」スッ

長門「あり」スッ

ハルヒ「ということは、あたしのは印なし……決まったわね、組み合わせ」

古泉「それじゃ長門有希さん、みくるちゃんさん行きましょうか。いやぁ両手に華ですねぇ」

朝比奈「えっ、えっ?」

キョン「こら、お前はこっちだ。残念ながら。長門と朝比奈さんにお前を任せるわけにもいかんからちょうどよかったが」

ハルヒ「何気に会計からも逃げようとしてんじゃないわよ」

古泉「バレてしまいましたか」テヘッ

ハルヒ「はぁー……まぁ決まっちゃったもんはしょうがないわね。クジは絶対だしね」

古泉「そんな……誰にとってもよろしくない結果に」ハァ

朝比奈「うぇっ!?」

ハルヒ・キョン「「あんた(お前)が言うな」」

55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/14(火) 00:45:28.48 ID:NHTxASJ00

ハルヒ「それじゃお昼にまたここでねー!!」

朝比奈「は、はぁい」

長門「……」コクリ

キョン「……さて。まずはどこにいく?」

ハルヒ「うーん……公園は前にやったし……」

古泉「雀荘とかどうです? 不思議ですよー」

キョン「それ不思議じゃなくて色々と不詳な連中が集まってるだけだろ」

ハルヒ「大体あたしたちは入れないし……そうね、じゃ街中でも回りましょ、掘り出しものとかありそうだし!」

古泉「了解しました。では現地集合でよろしいですか?」アディオス!

キョン「よろしいわけねーだろ。一旦解散する意味ね―じゃねーか」

ハルヒ「向かう途中だって不思議が落ちてるかもしれないでしょ! 目を凝らして探索するのよ!」

古泉「目を開かずとも、エスパーの僕は周りの気を感じることが出来るのです……」パァ

古泉「ってぇ!!!」ガンッッ!

キョン「目瞑って歩くからそうなる」

ハルヒ「久しぶりに電柱に頭ぶつける人見たわ」

古泉「む、無機物には気を感じないのでっ、っとすいません。あっ、ごめんなさい」ガッ! ドッ!

キョン「全然人にぶつかってんじゃねーか。迷惑になるから目開けて歩けよ」

古泉「しかし、僕の目を直接見た人は石になってしまうので……」

ハルヒ「まぁ確かに、なんて返したらいいのか分からないから石のように黙っちゃうわよね」

古泉「…………」

キョン「…………」

古泉「地蔵ですか!?」バシッ

キョン「何が!!?」

56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/14(火) 00:50:44.37 ID:NHTxASJ00

古泉「しかし、休日に街を歩くというのも久しぶりですね」

キョン「そういやお前は普段休みの日は何してるんだ?」

古泉「え? 興味あります?」

キョン「そこまではねーけど、会話のネタぐらいにはなると思ったんだよ。察せよ」

古泉「残念ながら期待されているような休日は送っていませんよ?」

ハルヒ「特に期待してないんだけど」

古泉「畳の目を数えているうちに休日は終わっています」ニコッ

ハルヒ・キョン「「予想以下っっ!!!!!」」

キョン「寂しいとかつまらないとか、そういったハードルの下を潜っていったぞ……」

ハルヒ「な、なんて不憫な……」

古泉「おっと、羨望の眼差しが眩しいですねぇ、どうです? 今度の週末は柔道場でも貸し切ってみんなでやりませんか?」

キョン「やりませんわ。んなことするぐらいなら不思議探索の方が幾分マシだっての」

ハルヒ「むしろ幾分だけしかマシじゃないの!!?!?」

古泉「不思議探索と言いますが、今までなにか見つけたとか実績はあるんですか?」

ハルヒ「実績…………」チラッ

キョン「……」フルフル

ハルヒ「………………」フゥ

ハルヒ「ないけど???」ハァ?

古泉「なぜ強きに……」

ハルヒ「考えてもみなさい、古泉くん。SOS団が発足してまだ2ヶ月ぐらいしか経ってないのよ?」

ハルヒ「その内、不思議探索は週末だけにしか行っていない。決して多いとは言えない頻度……」

ハルヒ「その少ない頻度の中で見つかった不思議は果たして不思議と言えるのかしら!? むしろそれが普通なんじゃないの!!?」

古泉「でも、もしツチノコを見つけてたらそれは不思議だったでしょう?」

ハルヒ「それは、まぁ」ウン

キョン「主張が弱すぎるわ!!」

57: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/14(火) 00:55:51.91 ID:NHTxASJ00

古泉「見つかりませんねぇ……」キョロキョロ

キョン「まぁ、そう簡単にはな」

古泉「僕の財布」オロオロ

キョン「何探してんだよ!」

古泉「いつの間にかスティールされてまして……中々のPGですよ、犯人は」キリッ

キョン「落としたんならそう言えよ。ったく……」キョロキョロ

古泉「……探してくれるんですか?」

キョン「あぁ? そりゃないとお前が困るだろう?」

古泉「…………」

古泉「まぁ靴の中にしまっておいたのを忘れていただけなんですが……」ポロッ

キョン「ぶつぞ」ゴツン

古泉「ぶってる」ヒリヒリ

ハルヒ「バカやってないで、ちゃーんとくまなく周りを散策しなさい」

キョン「そうは言ってもよ、やっぱこれだけ人が多いところに目立った不思議なんてないんじゃないのか?」

古泉「あ、見てください! 新しいエスパーを思いつきました! ほらっ!手に穴が開いて見えますよ! ほら!」

ハルヒ「…………」

キョン「……まあないとは言えないかもな。うん、探そう探そう」

古泉「ちゃんとくまなく周りを探すんですよー?」

ハルヒ・キョン「「(あんた)お前が(ね)な」」

古泉「僕はこの新しく手に入れたエスパー『千里眼』でどこまでも見渡しているのですよ」ジィ

ハルヒ「フンっ!」バシィィ!

古泉「っったぁい!!! なぜ? なぜローキックを!?」

ハルヒ「『千里眼』で見渡しているなら躱せたでしょ?」

古泉「『千里眼』は千里先にあるものだけが見えるものですので……」

キョン「じゃ今使っても意味ね―じゃねーか、バカ」

58: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/14(火) 00:59:11.25 ID:NHTxASJ00

ハルヒ「あ、そろそろ時間だわ。喫茶店に戻りましょ」

キョン「成果らしい成果は今日も無し、か」

古泉「青果らしい青果は今日も梨……?」

キョン「盛大に勘違いしてそうだが、めんどくさいからツッコまんぞ」

ハルヒ「これといった掘り出し物も見つからなかったし……今日は不調ね」

古泉「おやおや、団長ともあろう方がなんの成果もあげていないとは……僕を見習って欲しいものですね」

ハルヒ「何よ、アンタはなにか見つけたって言うの?」

古泉「ええ、見つけましたよ。目に見えないものではありますが、確かに行動を共にした我々の間にはあるはずですよ―――『絆』が」フッ

キョン「浅ぇよ」

ハルヒ「薄いし」

古泉「……ま、見えないものに価値なんてありませんしね。ゴミみたいなもんですよ『絆』なんて」ペッ

キョン「手のひら返すの早ぇよ。もうちょっと発言に責任持てよ」

古泉「さあさ、長門有希さんとみくるちゃんさんを待たせるのも悪いですから」

古泉「先に帰るよう電話しておいてくださいね」

ハルヒ「だからなんですぐ解散しようとするの!!?!? 午後の部があるって言ってるでしょうが!!」バシッ!!

古泉「痛っっぅ!! こ、これはエスパーの僕だから分かることなんですが、午後の不思議探索に嫌な予感を感じ……」

ハルヒ「なら好都合じゃない、悪寒とかなにか不思議なことの前触れに違いないわ!」

ハルヒ「ほら! 歩け歩け!! 不思議は待ってくれないわよ!!!」ゲシゲシ

古泉「うぅ……た、助けて……」

キョン「エスパーですらない俺は無力なんだ、悪いなバカ古泉」

古泉「うぅ……ゴミ」ボソッ

キョン「口悪いな!!!! バカ古泉!!!」

59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/14(火) 01:03:24.28 ID:NHTxASJ00

ハルヒ「そんじゃ! みんなそろったところだし、午後の部のくじ引き始めるわよっ!!」

古泉「あれ? 成果報告はしないんですか?」

ハルヒ「………………あっ」

キョン「(なあなあでやらない時もあるからなぁ……)」

ハルヒ「有希!! みくるちゃん!!」

長門「ない」

朝比奈「ふえっ!? あ、な、なにも……!」

ハルヒ「みーとぅ!! はい、以上!! 成果報告終わり!! これでいい!?」

古泉「えぇ……いいか悪いかで聞かれたらどうでもいいんですが」

ハルヒ「なら初めから言わないでよ!!! ほら! クジ引く!!」

古泉「……あの、団長殿? やはりなにか嫌な予感がするので今日はここまでにしておいた方が……」

ハルヒ「引 く !!!」ゴォ!

古泉「……謀反の時は近い。この独裁者め……」シクシク

キョン「泣くなよ。ん、印なし」スッ

長門「なし」スッ

朝比奈「あっ、わたしもないですぅ」スッ

ハルヒ「ほら、古泉くんも引いて」

古泉「…………………………………………」

キョン・朝比奈「「あっ……」」

長門「……」

ハルヒ「?」

60: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/14(火) 01:07:45.88 ID:NHTxASJ00

ハルヒ「なにしてんの!? 時間は有限よ? 限られた時間でしかあたしたちは自由に動けないんだから―――」

キョン「ハルヒ」

ハルヒ「なによキョン」

キョン「俺と長門と朝比奈さんが印なしだ」

ハルヒ「そんなこと分かってるわよ、だから古泉くんにも引いてもら…………」ピクッ

朝比奈「す、涼宮さん……?」

キョン「……あぁ、分かるよ。目を背けたい現実がやってきた時、人は自分を騙そうとするもんな」

キョン「だが現実は非常だ。手を開けハルヒ」グッ

ハルヒ「……い、いや」ポロッ

キョン「……印ありは、ハルヒと」

古泉「……僕、ですね」

ハルヒ「いやあああぁああぁあああぁぁああぁあああぁあああぁあっぁああぁあああああ!!!!」ガタガタ

キョン「こら!! 騒ぐな!! 迷惑を考えろハルヒ!! ハルヒ!!!」

古泉「……だから、だから言ったじゃないですか。嫌な予感がする、と……」

キョン「そんなトコに超能力の片鱗見せてんじゃねえ!! ほら! ハルヒを落ち着かせるの手伝え! あ、やっぱいい! 逆効果だ!!」

朝比奈「す、涼宮さん……」

長門「えすぱぁはすごい」

62: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/14(火) 04:46:28.34 ID:o+3AfjYG0
おつ
俺もえすぱぁが凄いって初めて思ったわ

63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/14(火) 07:15:12.49 ID:O5TgTxyI0
ハルヒ不憫だな

77: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 00:11:51.43 ID:uD5QXdD40

6話


キョン「えーというわけで」

キョン「ハルヒの『クジは絶対』発言に基づいた結果。予定通り午後の部を行なうことになったわけだが……」

ハルヒ・古泉「「…………」」ドヨーン

キョン「……お前ら、誰かの葬式にでも行くのか?」

ハルヒ・古泉「「…………」」スッ

キョン「おぉい!! 二人して俺を指さすんじゃねぇよ!!」

古泉「あー……見てくださいよ団長さん。彼、美女二人とデートできるからって舞い上がってますよ」

古泉「ツッコミから浮足立ってるのが感じられます」

ハルヒ「うー……キョン、マジデートだと思ってやってたらぶっ飛ばしてやるかんね」

ハルヒ「ていうか普通にぶっ飛ばしたい気分だわ」ウズッ

キョン「お、思ってねぇよそんなこと。物騒なこと言うんじゃねぇ」

古泉「なぜ……こんなことに」

ハルヒ「だから言ったじゃない。嫌な予感がする、って」

古泉「……あれ? それ言ったの僕じゃなかったですか?」ボー

ハルヒ「えー……そうだったかしら? どうでもいいけど」ボー

キョン「しっかりしろお前ら!!! 現実から目を背けるんじゃない!!! 言え!! お前達のパートナーは誰だ!?」


























ハルヒ「こがらしくん」ポー
古泉「焼きそばパン」ケー

78: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 00:17:43.93 ID:uD5QXdD40

キョン「喝っっ!!!」ビシッ!! バシッ!

ハルヒ「あうっ!」

古泉「あぁん!」

キョン「目は覚めたか二人共。あとバカ古泉、キモイ声をだすな」

古泉「……古泉?」

キョン「面倒くさい方向に持っていこうとするな。もはや逃げられん運命だ」

古泉「ちぇ……」

ハルヒ「うー……」

キョン「……オホン、それじゃあ俺は」

キョン「長門と朝比奈さんと不思議を探してくるから!! そっちも頑張れよ!! よーし行っくぞー! 長門ー! 朝比奈さーん!」ルンルンッ!

古泉「やっぱはしゃいでますよあの男!!! 浮足が浮いてますよ!!! あれ!!!」

ハルヒ「似合わないスキップなんかしてどんだけ浮かれてるのよアイツぅ!! って……」

ハルヒ「みんな行っちゃったわね」

古泉「……どうします? もう僕らだけここで解散しますか? お互いのためにも」

ハルヒ「…………はーっ、是非ともそうしたいところだけど、集めたのはあたしだしね。クジは絶対って言ったのもあたし」

ハルヒ「……やるわよ、不思議探索。まだあんたはSOS団の魅力を理解していないみたいだしね」

古泉「それは……」

ハルヒ「さっ、ごちゃごちゃ言わずに行くわよ。ついてきなさい」クルッ

古泉「…………分かりました」

79: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 00:21:36.55 ID:uD5QXdD40

ハルヒ「むー、人気のないところでも目立った不思議はなし、か……」

古泉「…………」

ハルヒ「ちょっと、古泉くんも探してる? 生半可な気持ちじゃ見つかるものも見つからないわよ!」

古泉「え……あぁ、すいません」

古泉「少し考え事を…………団長さん」

ハルヒ「ん? なによ、なにか見つけたの?」

古泉「いえ……少し話したいことがありまして」

ハルヒ「え……告白?」

古泉「ぼえぇ!」グラッ!!

ハルヒ「いや悪かったけど!! あたしの自意識過剰が悪かったのだけど!! もう少し本心を隠しなさいよ!!」

古泉「……でも、あなたは本心、本能のまま、やりたいことをやっているように見えますが」

ハルヒ「あたしは……まぁ、そうね。あれ? とするとこれは同族嫌悪だったりするのかしら?」ウーン?

古泉「オーストラリアンジョークですか? 僕とあなたが同族? 親近感すら覚えますよ」ブルッ

ハルヒ「親近感覚えちゃったらもう疑いのないぐらい同族じゃない。一心同体じゃないの」

ハルヒ「それで? 話したいことって?」

古泉「あぁ……まぁ大したことではないんですが」

古泉「団長さんは、僕が超能力者であることを信じて―――」

ハルヒ「ないけど」

古泉「そんな喰い気味に……」

ハルヒ「信じる要素が塵ほどもないもの。それ信じるならまだあなたが宇宙人って言う方が信じられるわよ」

古泉「宇宙人は僕ではなく長門―――」

ハルヒ「え? なに?」

古泉「……いえ」

80: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 00:26:30.61 ID:uD5QXdD40

古泉「……では、仮の話なんですが」

古泉「僕が超能力者だったとして、長門有希さんが宇宙人、みくるちゃんさんが未来人で」

古泉「あなたの望む人材が、実は近くにいた……ということが真実だったとしたら……」

古泉「あなたはどう思われますか?」

ハルヒ「どう、って……前提がまずありえないからあんまり想像するのは無意味だけど……そうねぇ」

ハルヒ「一通り、超能力のことなり宇宙人のことなり未来のことなり質問責めした後」

ハルヒ「結局、今と変わらない感じに落ち着くんじゃない?」

古泉「不思議な存在が身近にいるのにですか?」

ハルヒ「まぁ、多分だけどね。今更みくるちゃんや有希が未来人や宇宙人だったとしてあたしの中であの子達がどう変わるわけでもないし」

ハルヒ「宇宙人や未来人を探し出して一緒に遊ぶって目的も果たせてるわけだから……まぁ」

ハルヒ「今楽しいと思ってることをそのまま続けていくんじゃないかしら?」

古泉「…………」

ハルヒ「て、そんな妄想話はいいから不思議を探すのよ! 不思議を!!!」

ハルヒ「というかあなたさっきから話し方が……」

古泉「……僕はね、平凡で普通の日常が好きなんですよ」

ハルヒ「……? 何よ、急に」

古泉「誰しもが憧れるヒーローに特に興味はなく、どちらかと言えば"なる"よりも"見る"ことの方が好きだと思うタイプです」

ハルヒ「ならやっぱりあんたとあたしは同族じゃないわ。あたしは"なれる"方が好きだもの」

古泉「"なれる"……まぁそうですね。あなたにはそれができる。しかし、それでも」

古泉「やはり僕とあなたは同族なのですよ。思想や思考は違えど、互いに普通の人間ではないのだから」

ハルヒ「……それって」

ハルヒ「あたしをバカのくくりにいれてるわけ!!?!? とんだ失礼ね!!!」

古泉「……そういう認識ではなかったのですが。というよりもひっそり僕をバカのくくり代表みたいにしないでください」

81: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 00:31:44.79 ID:uD5QXdD40

ハルヒ「じゃあなに、まだあんたは自分が超能力者って言い張るつもり? だったらその同族であるあたしは何だって言うのよ」

古泉「神」

ハルヒ「え?」

古泉「まぁ、僕にとってはとんだ悪神……魔王と言っても差し支えないのでしょうが」

ハルヒ「あたしにはありまくるけど。あんたどれだけあたしを畏怖の対象として見てるのよ」

古泉「まさしく、世界を滅ぼそうとせんばかりの恐怖ですよ」ニコッ

ハルヒ「そんなに!!?!!?!? そんなに怖がられるようなことしたっけ!!?!?」エェ!

古泉「…………そんなに、なのですよ」

ハルヒ「えー……さすがにそこまでの覚えは……」ウーン

古泉「……この認識の差こそが、同族嫌悪なのでしょうね。まったく……」

ハルヒ「それよりも……あなたって……―――」






古泉「やっぱり、僕はあなたのことが大嫌いなのようです。すいませんね」ニコッ






ハルヒ「……っ、ふふっ、あははははっ!!!」

ハルヒ「まーっさか二人きりの時に正面から喧嘩売ってくるとはねぇ! さっすがよ副団長殿!!」イライラ

ハルヒ「なに? 急に改めてあたしたちの共通認識を確認する必要でもあったわけ?」

古泉「ええ、あなたと話していてより一層僕の考えが深まった気がするので」

ハルヒ「そりゃ結構だわ!!! 二人きりになることでお互いのことよーく知れた気がするものね!! だって」

ハルヒ「あたしも!! あんたのことが大っっっ嫌い!!! って再確認できたから!!!」フーッ!

古泉「……それは結構」ニコッ

ハルヒ「……あー! もう!! あんたの嫌な予感も結構当てになるじゃない!」

ハルヒ「悪い予知専門の占い師でもはじめたら結構儲かるんじゃない? すっごい悪評立ちそうだけど!!!」

古泉「でしたら毎日でもあなたを占ってあげますよ、団長さん」フフッ

ハルヒ「ぐぐぐ……っ!!」
























キョン「なーにやってんだあいつら……」ハァ

朝比奈「と、止めないと……!」

長門「…………」

82: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 00:36:33.79 ID:uD5QXdD40

キョン「おーいお前達、そろそろやめとけよ」

ハルヒ・古泉「「誰だっっ!!!」」

キョン「俺だよ!?!?」

古泉「知りませんねぇ美女二人に浮かれてデート気分に浸ってる人なんて」カッ!

ハルヒ「知らないわよ、鼻の下が伸びて猿みたいになってるエテ公は」チッ!

キョン「だからう、浮かれてねぇって!! それとハルヒ!! 猿=エテ公でそれじゃ俺が元々猿ってことじゃねぇか!!!」

ハルヒ・古泉「「違わない」」

キョン「違うわ!!! ホントそういうトコだけ息ぴったりだよな、お前ら」

古泉「やめてくださいよ」

ハルヒ「キョン、次そんなこと言ったら今よりももっとひどい扱いにするわよ」

キョン「今以下とかあんの? 奴隷か俺は」

ハルヒ「それよりも、どうしてみんなここにいるのよ? 反対方向に行ったはずでしょ?」

朝比奈「うえっ!!? そ、それは、えと……あのぅ」

長門「こちらの方向に喧騒のエネルギーが感じられた」

キョン「あー……そうだ、あんだけ騒いでりゃ嫌でも風のうわさが流れてくるってもんだ」

ハルヒ「……なにくさいこと言ってんの? きも」

古泉「いつまで浮かれてるんですか。これだからヘタレは……」フッ

キョン「お、お前ら……」プルプル

朝比奈「きょ、キョンくん抑えて!! 我慢だよぉ!!」

長門「それが一番大事」

83: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 00:42:00.72 ID:uD5QXdD40

古泉「…………」ピクッ

ハルヒ「あーもう! 結局不思議なことも見つからないし、気分もそがれるしでいいことないわね!! 誰かさんのおかげで!!」イライラ

古泉「いやはやまったく、ありがとうございます」ペコリ

キョン「いや完全に皮肉だし、俺じゃねーよ。となりの奴の目見てみろ。真横以上を睨んでるよ」

古泉「エスパーですか? それ」ハ?

ハルヒ「こんなしょうもないエスパーいらんわ!!!!」ゴォオ!

古泉「そうですか、非常に便利そうですが……おっと、すいません。もうこんな時間ですね」

古泉「今日はまあまあ、そこそこ、考えてみれば、ギリギリ、どっちかと言えば有意義な……いや、ちょっと待ってください」ウーン

キョン「もうそこまで悩んだらダメだろ。良いトコあげようとして逆に悪い印象を与えちまってるよ」

古泉「それはそうとして」

キョン「そうだったのかよ」

古泉「すいません。僕はバイトがあるのでこの辺で失礼します」

ハルヒ「バイトぉ? ちょっと! SOS団はバイトをすること許可してな―――」

キョン「ああ、分かった。いけよ」

ハルヒ「キョン!! あんた一体何の権限でそんなこと……!」

キョン「人には人の、こいつにはこいつの事情ってモンがあんだよ。分かったら今日はもう解散でいいだろ?」

ハルヒ「うっ……分かったわよ。フン……何のバイトしてるか知らないけど、忙しいんならこれから無理に団活に顔出さなくていいからね」

古泉「え、ケツを出せと……?」

ハルヒ「言ってない!!! さっさとバイトでもどこでも行っちゃいなさいよ!!! こんのバカぁあああ!!!」

古泉「おお怖い怖い……それではみなさん、この辺で」

キョン「あぁ……『気をつけてな』」

朝比奈「ま、またね古泉くん」

長門「……頑張って」

古泉「…………えぇ、また来ますよ」ニコッ

古泉「それと、あなたと本心を話し合えてよかったですよ……団長さん」

ハルヒ「…………ふん」プイッ

84: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/15(水) 00:43:41.80 ID:uD5QXdD40





































キョン「……また、アイツは休みか」

ハルヒ「………………知らない」

89: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 00:06:07.21 ID:ZWyZ/yDx0

7話


キョン「もう3日か、団活どころか学校にも顔を出しやがらねぇ……何やってんだアイツは」

長門「…………」

ハルヒ「……さあ、バイトが忙しいんじゃなの? なにやってるかしんないけど、まぁ清々するし? こっちとしては何の文句もないんだけど」

キョン「言い過ぎだハルヒ。団活はまだしもさすがに学校に来てないのはおかしいだろ、何かあったのかもしれないだろ」

ハルヒ「……それが、あたしになんか関係あんの?」

キョン「お前は団長で、アイツはその団員だ」

キョン「だったら、少なからず気をかけてやるべきなんじゃないのか? 少なくとも、俺が知る涼宮ハルヒってのはそういうやつだ」

ハルヒ「…………」

キョン「入部届に住所も書いてあるし、一度様子を見に―――」

ハルヒ「あー!! 分かった分かった!! 分かったわよもう! いくいく、行けばいいんでしょ、もう!」

ハルヒ「団長に足を運ばせるなんて、どれだけ偉い副団長様なのかしら? まったく……」ブツブツ

ハルヒ「はーぁ、あたしの思い浮かべてた副団長像とはまったく違う人間が来ちゃったわね」

キョン「お前の思い描く副団長像ってのは?」

ハルヒ「団長の言う事には逆らわず、自ら団長に娯楽を提供し、主への敬いを忘れない……そんな人!」

キョン「完全にイエスマンじゃねえか、どっから湧いてきたんだよそんな人物像」

ハルヒ「どっからってそりゃ…………いや、別にいいでしょ。それは」

キョン「?」

ハルヒ「とーにかく、行くわよ。どーせ仮病でも使って休んでいるに違いない副団長を一発殴って学校まで引きづって来るわよ!」

キョン「とんだ暴君だな、やれやれ……」

ハルヒ「荒療治ってことでオッケーでしょ! さっ、行くわよみんな!!」

朝比奈「は、はぁい」

長門「……」

90: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 00:10:08.58 ID:ZWyZ/yDx0

キョン「で、ついたわけだが……」

ハルヒ「あ、あのハンサムスマイルからは想像できない……その」

朝比奈「え、えーっとあの、その、お、趣があって……ね?」

長門「ボロい」

キョン・ハルヒ・朝比奈「「「言っちゃった!!!」」」

キョン「にしても甚だ意外だ……あいつがこんなトコ住んでるなんてな」

ハルヒ「なんかこう、真っ白な豪邸に住んで、大きな庭でこれまた真っ白な犬と戯れてるイメージが……」

キョン「さすがにそんなぶっ飛んだイメージしてるのはお前だけだよ。それにアイツ見て犬と戯れるキャラには見えんだろうが」

ハルヒ「まぁ……来たからには入るしか……もしもーし」コンコン

キョン・ハルヒ・長門・朝比奈「「「「……」」」」シーン

キョン「……寝てるのか、それとも」

朝比奈「いないんでしょうか……?」

ハルヒ「んーさすがに勝手に入るわけにも、というか鍵が―――」ギィ

長門「……開いてた」

キョン「(開けたんでしょー!!! 長門さん!!! だがナイスプレーだ)」

ハルヒ「あら不用心。ということはやっぱり中にいるのかしら? 居留守? だったら絶対に許さないわよ!!」ドカドカ!

キョン「そんな入っていかなくてもワンルーム見渡していなけりゃ隠れる場所なんてねーよ。なんせ……」

長門「風呂はない、お手洗いは共用。逐60年は超える……」

長門「ボロ家」

キョン「あえて言ったよな今!! 長門、あんまりそんなこというとだな、ここの住人に怒られるから、そのだな……な!」

長門「……?」

朝比奈「しーっ! ですよ! 長門さんしーっ!」

91: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 00:15:36.39 ID:ZWyZ/yDx0

ハルヒ「……いないし」

キョン「分かっちゃいたが……こうなっちまうと当てがなくなっちまうな」

ハルヒ「どこ行ったのよ……ホント」

キョン「…………」

キョン「(あの野郎……まさかホントにあのヘンテコ空間でくたばったんじゃないだろうな。笑えねぇぞクソ)」

キョン「(しかし、あいつが言うにはあの空間を放置しとけばこの世界と入れ替わるって話だから……)」

キョン「……無事、のはずなんだが」ボソッ

ハルヒ「!! っ、あったり前でしょ!? 何不吉なこと言ってんのよ!! あんたまさか変な思い込みしてるんじゃないでしょうね」

キョン「してねーよ。あのバカがそう簡単に死んだら世の理に反する。神様も閻魔様も受け入れ拒否だろうよ」

ハルヒ「そう! そうなのよ……そうなのに……」

ハルヒ「……どこで迷惑かけてんのよ……ホント」

キョン「(……あの言い合いの後だからか、ハルヒも少なからず責任のようなものを感じているみたいだな)」

キョン「(とはいえこの世界の存続がアイツの生存の証明になると言えば、それは否だろう)」

キョン「(もしかしたら本当に、ハルヒには関係のない事件に巻き込まれてたりするかもしれない)」

キョン「(そうなると本当に打つ手もなく、行方も知れんのだが……)」チラッ

長門「…………」

キョン「(……頼みの綱は大先生しかない、か)」

ハルヒ「みくるちゃん!! 脱ぎなさい!! この部屋のどこかにもし隠れてるってんなら絶対出てくるから!! さあ早く!!」

朝比奈「ひ、ひえぇぇえええ!!!」

キョン「朝比奈さんをダシにバカを釣るって……アイツはゴキブリかなんかか」

ハルヒ「フン……生存力なら負けてなさそうじゃない」

92: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 00:20:11.01 ID:ZWyZ/yDx0

ハルヒ「はい。これで行き詰っちゃったわね。もうできることはないわ」

キョン「それは……そう、だが……」

キョン「(最後のあてが……ないわけじゃないんだがな)」チラッ

長門「……」

ハルヒ「じゃ、今日は解散ね。ま、明日も来ないようなら警察に通報するべきかしらね? そうなるとあたしたちの管轄じゃないわ」

ハルヒ「それじゃ……適当に帰んなさい。また明日ね」ツカツカ

キョン「ハル……」

ハルヒ「…………っ」ダッ!

キョン「…………素直じゃねえやつ。1人で探しにいきやがったなありゃ。ドコ探すってんだ」

キョン「ま、仕方ねぇ。団長がやってるのに団員が黙って見てるわけにゃいかないか。どれ俺も―――」グイ

キョン「長門……?」

長門「…………」

キョン「どうした? なにか言いたいことがあるのか?」

キョン「というよりもお前にこの状況が分からなきゃ俺たちは何も―――」

長門「彼を探すのは無意味」

キョン「え? そりゃあどういう……」

長門「…………何故なら」
























長門「彼はこの時空間に存在しない―――」






















93: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 00:24:11.01 ID:ZWyZ/yDx0

『失われた……?―――』

『古泉以外の者の能力が……?―――』

『何故、古泉だけに能力を残して……―――』

『……だが、我々がすべきことは変わりはしない。古泉―――』

『≪神≫がお前を選択したのだ。この世界はお前が―――』












『辛くて我慢できないならいつだって逃げ―――』

『残酷だよ。何もできないというのは―――』

『未来ある若者にこのような―――』

『君には苦労を―――』












『バカ古泉……おつかれさん―――』

『あ、あのっ、あのぅ!―――』

『えすぱぁ―――』














『あんた……誰?』

94: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 00:27:58.88 ID:ZWyZ/yDx0

古泉「―――っ、はぁ!!!」ガバッ!

古泉「ハァ……ハァ、ッ! ハァ……いつっ……ハァ、ハァ」ズキズキ

古泉「……生きて、ましたか……今度ばっかりは、ダメかと思いましたが……。夜? ということは元の世界ですか……」

古泉「ふぅ……どうやら、僕の悪運もまだ、尽きていないようです。悪神には嫌われたはずなんですがね」

古泉「走馬燈……? らしきものも見えたような気がしましたが……覚えのないような、あるような声が……」

「ねぇ」

古泉「え? は、はい――――――!?」














ハルヒ(小)「あんた……誰? って言ったのよ」















古泉「………………」パチクリ

ハルヒ(小)「答えなさいよ。あんた夜の学校で一体何を―――」

古泉「いやあなたが誰―ーーーっっ!!?!?!?」エーッ!

ハルヒ(小)「こっちが聞いてるんだけどーー!!?!? 確かにお互いさまではあるけど!!!!」ガーン!

古泉「こんなに小っさい人知りませんけどーーー!!!?!?」

ハルヒ(小)「バカにしてんの!!? いいからあんたは何者なのか名乗りなさいよこの不審者!!!」

95: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 00:33:11.15 ID:ZWyZ/yDx0

古泉「え、ええと……その、あなたは?」

ハルヒ(小)「あたし? なんであたしが見ず知らずの不審者極まりないあんたに自己紹介しなきゃいけないのよ?」

古泉「それはお互いさまのような……」

ハルヒ(小)「どーだっていいでしょ。どう考えたって小学生よりも高校生ぐらいのあんたの方が怪しいに決まってるんだから!」

古泉「(……違いない。この子はあの団長さんですね……小学生、ぐらいの……)」

古泉「(おそらくは……能力覚醒前の時空間……問題は何故僕がここにいるのか……)」

古泉「(……まぁ、十中八九彼女のせいでしょうね。閉鎖空間内でこのような芸当ができる者に心当たりがないですし)」

ハルヒ(小)「ねぇ、あんたこんなところにいるぐらいだから暇なんでしょ?」

古泉「(困りましたね。いくら状況が把握できても依然佇む問題を解決する術がない)」

古泉「(彼女によってこの時空間に閉じ込められたといっても過言ではないでしょう)」

古泉「(まったく……どこまでもはた迷惑なお方ですね)」

ハルヒ(小)「暇だったらちょっと手伝いなさいよ。あたしの指示通り動いてくれればいいから。ってさっきから聞いてる?」

古泉「(引っかかると言えばなぜこの時空間、何故この座標軸であるのか……ですが)」

古泉「(彼女が無意識に自らが経験した時空間に僕を飛ばした……と考えるのが妥当でしょう)」

古泉「(彼女にとって、この場所が思い出深い場所であった……ということですね)」

ハルヒ(小)「おーい。おーい! おーいってば!! この……」

古泉「(さてまずは……この時間軸の僕にでも接触してみましょうか。まだ能力発現前ですが何かのトリガーになる可能性もありますしね)」

古泉「(過去を変えることはあまりよい方法であるとは思えませんが……他に方法もなさそうで―――)」

ハルヒ(小)「あたしの話を聞けええぇええぇえええぇええええええええええ!!!!!」バシィイ!

古泉「ふべぇえぇええっっっ!?!?!?」

97: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/16(木) 07:33:42.12 ID:OaCHooQZ0

元の世界と繋がってたのか

101: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 12:19:30.04 ID:aIJ1AL4q0

8話


ハルヒ(小)「通報するわよ」ドン!

古泉「被害を受けたのは僕なんですが……」ズキズキ

ハルヒ(小)「この状況を見た警察がどう思うかは別よ? 誰の発言を信じるかもね」ニヤァ

古泉「(この年にしてすでに今の彼女の原型が完成されている……なんとおぞましい)」ブルッ

ハルヒ(小)「ねっ! こんなとこにいるくらいだからあんた暇なんでしょ? だったら手伝ってよ!」

古泉「はて、手伝う……? いえ、それよりも。申し訳ありませんが、僕にはやらなければならないことが……」

ハルヒ(小)「おまわりさ―――!」

古泉「なんなりとご命令を」スッ

ハルヒ(小)「よろしい! あたしの従順な僕よ!!」フフン!

古泉「(この……っ! いえ、落ち着け古泉一樹。いくら彼女とはいえ、やはり今の彼女とこの少女は別人です)」フーッ

古泉「(彼女よりも幼く、邪気がない。それに能力にも……目覚めていない)」

古泉「(……彼女のことをこの少女にあたるのは筋違い、のようですね)」

ハルヒ(小)「あのね! 今から校庭に絵書くの絵!! 宇宙人に向けたメッセージ!!」

古泉「メッセージ、ですか。それは、どのような……?」

ハルヒ(小)「……それをあたしが指示するから、あんたはその石灰で校庭にあたしの言うようにラクガキしちゃいなさい!」

古泉「(……なるほど。彼女の奇行の一つ『校庭ラクガキ事件』には僕も一枚噛んでたわけですか)」

古泉「……まったく、運命とは数奇なものですね。本当に」フッ

ハルヒ(小)「何笑ってるのよ? マッポ呼ぶわよマッポ」

古泉「やめてください。できらばマッポ呼ばわりも」

102: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 12:24:30.31 ID:aIJ1AL4q0

ハルヒ(小)「そこっ! 右!! 石灰薄いわよ!! なーにやってんの!!」

古泉「うっ、す、すいません……何分疲労困憊なもので……っ!」ズキズキ

ハルヒ(小)「あまったれるなぁ!! そこで甘えちゃダメよ!! 自分で自分の限界を決めちゃダメなのよ!! ほら動く動く!」

古泉「(や、やはりこの少女はこの時点で団長さんだ……末恐ろしいというか既に恐ろしい……)」

古泉「(変わらないんですね、この頃から……)」

古泉「ハァ……ハ―――」

古泉「―――……変わらない?」ピタッ

ハルヒ(小)「んー……まぁ、よし! かしら? うん、大体はオッケーね。オッケー!! 上がってきていいわよ!!」

古泉「……出来栄えは?」

ハルヒ(小)「まあまあ。まっ、見れるレベルではあるわね!」

古泉「見てはいけないことをした感じですが……」

ハルヒ(小)「あははっ! まぁいいじゃないいいじゃない!! やりたいことやってなんぼでしょ!! よいしょっと」

ハルヒ(小)「座んなさいよ、あんたも。疲れたでしょ?」

古泉「え、ああ……失礼します」スッ

ハルヒ(小)「ねぇ、あたしこれを宇宙人に向けたメッセージって言ったんだけど……どう思う?」

古泉「はぁ、どう思うといいましても……いいと思いますよ?」

ハルヒ(小)「適当ね、言っとくけどあたしマジだから。冗談とか軽いノリとかじゃなくてマジで宇宙人にメッセージを送ろうと考えてるのよ?」ジッ

古泉「えぇ、いいと思いますよ」

ハルヒ(小)「……笑ったりバカにしたりしないの?」

古泉「しませんよ」

古泉「(あなたがそういう人間であることぐらい……百も承知ですよ)」

ハルヒ(小)「……ふーん」

古泉「……通報されるのは嫌ですからね」

ハルヒ(小)「…………このっ!」バシバシ!

古泉「いつぅ!! いて、ほ、ホントにいたいんで、すいません! ごめんなさい!!」ズキズキィ!

103: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 12:31:52.44 ID:aIJ1AL4q0

ハルヒ(小)「ねぇ、あんたはさ。宇宙人とか未来人とか超能力者っていると思う?」

古泉「……いるでしょうね」

ハルヒ(小)「なんでそう思うの?」

古泉「なんで、と言われましても……」

古泉「僕がそう信じているから、では足りませんか?」

ハルヒ(小)「……んーん。それでいいと思うわ。だけど、なんか会ったことのあるような口ぶりだったから」

古泉「はは……すれ違ったことぐらいはあるかもしれませんね」

ハルヒ(小)「……あたしはさ。普通に考えて宇宙人なんていない、なんて考え方するよりもいた方が絶対におもしろい、って考える方なの」

ハルヒ(小)「けど、一般的にそんな考え方する奴は異常だの、普通じゃないだの。おかしい奴扱いされるじゃない?」

古泉「……結構なことじゃありませんか。常人が不思議を見つけようたって無理な話ですよ」

古泉「彼らを見つけるのは、また彼らと同じ、常軌を逸した『不思議な人間』が見つけてしかるべきですよ」

古泉「だから、誰に何を言われようが気にしなくていいのではありませんか?」

ハルヒ(小)「……そっか」

古泉「(どの口がそう言うのか……まさかこの一言が彼女の人格形成に影響を及ばさなければいいのですが……)」

古泉「(……まぁ、僕なんかの一言がなくても、彼女は彼女でい続けるでしょうね)」

古泉「(この頃から……変わらない夢を追い続ける彼女のままで)」

古泉「(子供のような無邪気な好奇心を持ったままで―――)」

古泉「…………だから、だから僕はあなたが……」ボソッ

ハルヒ(小)「え? 何か言った?」

古泉「……いえ、何も」ニコッ

104: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 12:35:37.82 ID:aIJ1AL4q0

ハルヒ(小)「ねぇ、急だけどさ」

古泉「なんでしょう?」

ハルヒ(小)「あんた友達いるの?」ズバッ

古泉「へ? な、なぜそのようなことを……?」ドキッ

ハルヒ(小)「なーんか孤独っぽいオーラを感じたから……?」

古泉「なんですかそのエスパー……友達、ですか」

古泉「……まぁ、かつては。友達と言うよりかは同じ志を持った同志、仲間と言った存在は」

ハルヒ(小)「ふーん、じゃ今は?」

古泉「今ですか? ははっ、なんと悲しいことに今は―――」

ハルヒ(小)「…………」

古泉「……今は、どうなんでしょう。僕は彼らを友人と思っていいのでしょうか?」

古泉「ただ一方的な、ただ僕という存在を認識してほしかっただけの承認欲求のままに接してた僕が、彼らを友人と……」

ハルヒ(小)「いいんじゃない?」

古泉「……え?」

ハルヒ(小)「友達なんてそんな難しく考える間柄のことじゃないでしょ。それに」














ハルヒ(小)「聞かれて思い浮かぶ顔なら、きっとそれは友達よ」













古泉「…………っ!」

ハルヒ(小)「……なんて言ってみたけどあたしも別に友達多くないわね。普通の子が多いし、あたしとは合わないわ」ムゥ

古泉「(友達と聞かれて浮かんだのは彼らの顔……そして……)」

古泉「…………ははっ、なるほど悪神などではなく……悪友でしたか『あなた』は」

ハルヒ(小)「え? なに? 悪、神……? なんのこと?」

105: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 12:41:18.65 ID:aIJ1AL4q0

古泉「……少し聞いてもらっていいですか?」

ハルヒ(小)「え? いいけど……小学生に向かって相談? なにもアドバイスとかできないわよ?」

古泉「いえ、相談……というよりは懺悔みたいなものですよ」

ハルヒ(小)「懺悔……?」

古泉「えぇ、そんなところです」

古泉「……僕には大嫌いな人がいたんです。それはもう、顔もあわせたくないほどの」

ハルヒ(小)「よくそんなに嫌いになれたわね」

古泉「えぇ、本当に。表面的な部分でしか彼女を捉えられなかったものですから」

古泉「……でもですね。その大嫌いな人は僕の前からいなくなってしまったんです」

ハルヒ(小)「それって……死んじゃったとか?」

古泉「いえ、僕の良く知る大嫌いな彼女はいつのまにか僕の中で」

古泉「『友人』というカテゴリーの中にいたんですよ」

ハルヒ(小)「急な話ね。何かそうなるきっかけでもあったの?」

古泉「えぇあったんですよ。最近、ものすごく最近。彼女という人間をよく知る機会がね」

古泉「……彼女は変わらなかった。いえ、変わってなかったんですよ昔から」

古泉「彼女がやってきたことには彼女なりの一貫性を持っていた。何よりも自分と言う存在を信じていた」

古泉「僕が彼女のことを嫌いだったのは彼女の傲慢さや強欲さだと思っていた、けどそれは間違いで」

古泉「ただの我儘ではなく、いい意味での我儘。ただ彼女は自分に正直に生きていた。今も、昔も……」

古泉「たった、たったそれだけのことを知っただけで僕は……僕は彼女を嫌いになれなくなってしまったんですよ」

ハルヒ(小)「どうして? たまたま嫌いじゃない部分を知っただけとかじゃないの?」

古泉「不変でいることがどれだけ難しいことであるか知っているからですよ」

古泉「なぜなら……かつての僕の仲間は環境の変化によって離れて行ってしまったのですから」

ハルヒ(小)「…………」

106: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 12:45:45.30 ID:aIJ1AL4q0

古泉「そもそもの嫌っていた理由ですら、ただの八つ当たりのようなものでしたから。彼女を認めることに抵抗はありませんでしたよ」

古泉「むしろ」

古泉「なぜ今まで気づかなかったのかと、後悔しているぐらいですよ」

ハルヒ(小)「それが……懺悔?」

古泉「えぇ……彼女に対する嫌悪の認識を改めたかった……そして」











古泉「彼女と『友人』になりたくて、今ここで僕は懺悔をした」











古泉「彼女を嫌っていた自分と決別するために」

ハルヒ(小)「……小学生に話す内容じゃない、わよね? それ」

古泉「……っ、失敬。少し熱くなってしまっていたようです」

古泉「(何せ……あなたのことを話しているのですからね)」フッ

ハルヒ(小)「ふーん、でもまぁ、話してスッキリしたんならよかったんじゃない?」

古泉「はい。ありがとうございました。これで自分と、彼女を向き合うことができます」

ハルヒ(小)「よかったじゃない。ま、それでもまだまだ友達の数は少なそうだけど」

古泉「はは、これから徐々に増やしていこうと思いますよ」

ハルヒ(小)「…………だったらさ」

107: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 12:48:57.01 ID:aIJ1AL4q0



















ハルヒ(小)「あたしがまず、その一人目になったげる」ニッ!























古泉「……………………」ポカーン

ハルヒ(小)「……何よ不服なわけ?」ジッ!

古泉「……あ、いえっ! というかもう目的を果たし、いえ、ここの彼女は今の彼女とは……」ブツブツ

ハルヒ(小)「なにブツブツ言ってんのよ! ほら、手だして」ギュッ

古泉「……っ」ギュッ

ハルヒ(小)「これで……オッケーね」

ハルヒ(小)「あたしとあんたの主従契約っ!!!」

古泉「ええっ!? 友達じゃなかったんですか?」

ハルヒ(小)「あははっ!! ジョークよジョーク!! あははははっ!!」

古泉「……まったく」フッ

108: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 12:52:32.62 ID:aIJ1AL4q0

ハルヒ「あ、さすがにそろそろ帰るわ。親にバレるのも嫌だし」

古泉「家まで送りましょうか? 危ないですし」

ハルヒ「いいわよ。あんたと2人で歩いてる方が怪しいし」

古泉「はは、それもそうですね。では、お気をつけて……」

ハルヒ「ん、それじゃ……あ」

ハルヒ「結局名前聞いてなかったわね。教えてよ」

古泉「そう言えばそうですね、名前……では」

古泉「『副団長』ということにしておいてください」ニコッ

ハルヒ「……ハッ! なにそれ? 偽名のつもり?」プッ

古泉「まぁ、そのようなものです。しかし」

古泉「今の僕にとっては、誇りのようなものですよ」

ハルヒ「『副団長』……ま、覚えとくわ。主従関係を結んだ『副団長』がいるってことをね!」

古泉「『友達』、ですよ。お間違いのないように」

ハルヒ「あら? そうだったかしら? よくいうことを聞いてくれるもんだから勘違いしてたわ」フフッ

ハルヒ「今度こそ帰るわっ! それじゃっ! 『またねっ』!!」 

ハルヒ「『副団長』!!!」ダッ!

古泉「ええ、それでは『また』会いましょう―――」

古泉「『団長』―――」ニコッ


















ズオオオォオォォォォォオオオォオォオオォオオォオオォォオオオオォオォオオォオオォオォオオオ

109: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 12:55:54.66 ID:aIJ1AL4q0

長門「彼はこの時空間に存在しない」

キョン「…………は? そ、それって…………う、ウソ、だろ?」

朝比奈「…………えっ、ウソ……ですよね……?」

長門「…………彼は」







古泉「わっ!!」パッ!







キョン「うおっっ!!? 重えっ!!? ってかバカ古泉ぃ!? あ? 今どこから出てきたぁ!!?」ドスッ!

朝比奈「えっ!? こ、これって……時間遡行!? ウソ、なんで……!?」

古泉「元の時空間……帰って、これたのですか……僕は」ドスン

キョン「重いっての!! さっさと降りろ、バカ!」

古泉「うわっと!! な、なぜあなたたちがここに!? ま、まさか……ストーカー!?」ゴテン

キョン「…………あー、長門? なんか……コイツ、いちゃったけど……?」

長門「それは………………」

長門「えすぱぁのおかげ」

朝比奈「ふえぇ!?」

キョン「大先生が説明を放棄したぁぁああああぁああ!!! マジでどこでなにしてやがったテメェぇええええ!!!」ゲシィ!! ゲッシィ!

古泉「いつっ、いてぇ! け、蹴らないでください!! ちょ、いつっ、マジ……すいませ、っ、聞いて……聞く気ないんですか!?」ズキズキ

キョン「あ、すまん。思ったより元気そうで……心配して損した気分だ」

古泉「元気そうって……これでも満身創痍……って、え?」

古泉「心配……してくれてたんですか?」

朝比奈「あたりまえですよぉ!」

長門「心配した」

キョン「なんとあのハルヒもがお前を探してたんだぞ。3日経ってからだけどな」

古泉「それは…………」







『聞かれて思い浮かぶ顔なら、きっとそれは友達よ』







古泉「…………ご心配をおかけしました」ペコッ

キョン「……おう」

110: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 12:58:46.84 ID:aIJ1AL4q0

キョン「はー、そんなことが……すごい不思議体験をしたんだな。時間遡行とは……」

朝比奈「全然感知できなかった……これも涼宮さんの力なの……?」

長門「(知っていた)」

古泉「すごいでしょ?」ドヤッ

キョン「ドヤ顔さえなけりゃあな」

キョン「さ、古泉も見つかったことだし。まだ探してるハルヒに連絡を―――」

古泉「待ってください。それは、僕が、僕自身で彼女に伝えます」

キョン「お、おう。そうか……なんかお前、ちょっと変わったか?」

古泉「分かりますか? ここの、首の、そう。ここの黒子からなんか毛が生えて……」

キョン「知るか」

古泉「とにかく、彼女への連絡は僕が、僕自身でやるべきなんです。勝手なお願いですが、ここはどうか……」

キョン「別に。止めやしねぇよ。お前がそう言うんなら、あとは任せたぜ」

古泉「ありがとう、ございます」

キョン「帰りましょう。朝比奈さん、長門。これで万時解決だ」

朝比奈「古泉くん、ゆっくり休んで……涼宮さんを安心させてあげてください」

長門「……お疲れさま」

キョン「これからは無断でどっか行ったりするんじゃねぇぞ。じゃあな、また明日」

古泉「ええ、また……あし、た」フラッ

古泉「おっと…………ここにきて疲労が限界に到達しましたね」ポスッ

古泉「団、長さんに……連絡……僕が…………しなければ……」ウツラウツラ

古泉「………………スー」


















ハルヒ「(どこに……どこに行ったのよ!! ホントに……もう!!)」

ハルヒ「(どれだけ走り回っても、どんな場所に行っても手掛かりの一つもない……)」

ハルヒ「…………あんな言い合いなんて……」

ハルヒ「……ダメダメ! 非がある、ないの問題じゃないのよ……少し休憩して落ち着きましょ」

ハルヒ「(でも……次は、いったい、どこを……探せば…………あれ? 今何時……?)」

ハルヒ「…………あ、はは……久しぶりに、結構……疲れた、かも……」

ハルヒ「(……少し、少しだけ……休ませて……)」

ハルヒ「………………スー」

111: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/18(土) 12:59:53.31 ID:aIJ1AL4q0
















古泉「っ!? ここは――――――閉鎖空間!?」

ハルヒ「あれっっ!? いたっ!? 古泉くん!!?」ビクッ














122: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/23(木) 01:25:46.20 ID:tO6mwcMB0

9話


キョン「ふぁ……どうしたってんだ長門。こんな時間に俺と朝比奈さんを呼び出して……」

朝比奈「ふみゅう……?」

長門「……話すべきことがある」

キョン「なんだ? 話すべきことってのは」

長門「涼宮ハルヒと古泉一樹のこと」

キョン「あいつらがどうしたんだ? 古泉のバカが電話口でまたハルヒを怒らせでもしたのか?」

朝比奈「…………クー」

長門「違う。古泉一樹は涼宮ハルヒに連絡をとっていない」

キョン「はぁ? なんだそりゃあ、あいつが自分で連絡するって言ったのにか?」

長門「そして連絡を受けていない涼宮ハルヒは30分ほど前まで古泉一樹の捜索を行っていた」

キョン「30……ハルヒのバカもバカだ!! こんな時間になるまで探してただと!? ミイラ取りがミイラになっちまうじゃねえか」

キョン「……それで。その両者になんらかの異変が起こったから俺たちが呼ばれたんだろう」

長門「そういうこと」

キョン「ハァ……で、その異変ってのは?」

朝比奈「…………ムニャ」

長門「涼宮ハルヒと古泉一樹がこの時空間から消失した」

キョン「…………そいつらの所在地は分かるのか?」

長門「極大規模の閉鎖空間内と思われる」

キョン「…………またヘンテコ空間が原因か。古泉も帰ってきて早々また巻き込まれ……っと、今回はそもそもアイツの連絡ミスが原因か」

キョン「因果応報……とまでは言えないか。投げっぱなしにしたのは俺らだしな」

キョン「長門、そいつらをこっちの世界に戻す方法はあるのか?」

長門「……あまり直接的な援助はできないと思われる」

キョン「……なら、その中での最善を尽くすことを考えよう。頼むぜ、長門」

長門「……」コクリ

キョン「朝比奈さ……んも、起きてください。わりと世界がピンチらしいですから!」ユサユサ

朝比奈「……う、うーん……?」

123: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/23(木) 01:29:38.30 ID:tO6mwcMB0

ハルヒ「ちょっと! 一体どうなってんのよ!! 三日も学校こないと思ったら深夜の学校であんた見つけるとかそもそも―――!」ガミガミ

古泉「(なぜこのような……いえ、僕が原因であることは明らかですね。でなければここには僕ではなく彼がいたはずですから)」

ハルヒ「大体誰に連絡もせず無断で学校と団活を休むことは誰が許したってSOS団団長のこのあたしが許さな―――!!」クドクド

古泉「(しくじりましたね……。この閉鎖空間の規模……過去最大……世界そのものを作り変えてしまうような程の……)」

ハルヒ「というか今まで何してたのよ!! まさか昼に学校に来ない分夜の学校で何かイケナイことしてたの!? 何よそれあたしも呼―――!」グチグチ

古泉「(……何故、彼女は世界を作り変えようと……? そう思うほどの何かが彼女の中であった……ではそれは何か……)」

ハルヒ「……ていうか」スッ

古泉「(現実世界での僕の消息が絶たれたのなら……探すよりもいっそ―――)」

古泉「……僕のいる世界を作っっぅうっっ!!?!?」ガツン!!

ハルヒ「さっきから考え事するふりしてあたしの話ガン無視してんじゃないわよ!!! 聞く耳持たないなら頭に直接刻み込んであげるわよ!!?」ゴゴゴ!

古泉「っっぅ……。申し訳ありません、少し状況整理と解決手段について思考を巡らせてましたから」

ハルヒ「状況も解決も何も、ここは夜の学校。あたしの目的はあんたを見つけること。それを達成した今、何すべきか」

ハルヒ「帰るのよ。これがファイナルアンサー。校門くぐって帰宅、これがあるべき学生の姿なのよ。さっ、帰るわよ」ザッ!

古泉「あの、多分……」

ハルヒ「まったく……なんであんた探してたらいつのまに学校で寝ぶふえぅっ!!?」ブニッッ!!

古泉「帰れない……」

ハルヒ「なにこれ!? なにこれ!? なにこれえぇええ!? なんか見えないスライムが校門の前にいるわ!!!」

古泉「(……また見失わないように、閉じ込めておく。という考えの現れですかね)」

ハルヒ「倒せば経験値入るのかしら……ちょっと! 手伝いなさい!!!」シュッシュッ!

古泉「いや多分生き物ではないですし……。少し、落ち着くために部室に行きませんか?」

ハルヒ「フッ! 名案 シュッ!! だわっ!! フンッ!!」シュッ! シュシュッ!

古泉「だったらまずそのシャドーボクシングをやめて下さい。多分そんなことではここから出ることはできませんので」

124: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/23(木) 01:32:42.70 ID:tO6mwcMB0

キョン「……んなバカな理由で世界を変えちまうほどの閉鎖空間を作ったってのか?」

長門「バカにはできない。古泉一樹がいないなら古泉一樹がいる世界を作り出す。理にかなったやり方。実際に彼女はそれができる」

キョン「できるできないじゃなくて……規模がだな……いや、この際理由はまあいい」

キョン「だとするとハルヒはあいつを閉鎖空間で見つけてるわけだよな? 一緒に入ってるわけだし」

長門「おそらく」

キョン「ならなぜ閉鎖空間は消滅しない? 目的は果たしたんだろう?」

長門「……消滅する理由がないから」

キョン「消滅する理由がない、って。そんなことないだろう。古泉を見つけたんなら現実世界に帰っ、て……」

長門「……今の彼女にとってはあちらが現実世界。閉鎖空間に存在しているという意識は彼女にはない」

キョン「……なるほどな。こういう時ハルヒが自分の力を認識していないってのは厄介だな」

キョン「だが、あそこは閉鎖空間なんだろ? だとすればハルヒでも違和を覚えるはずだ」

キョン「どことなく現実とは違う雰囲気、出現する青白い巨人……そして」

キョン「目の前の正真正銘の超能力者……とか。現実でない証拠を提示すればハルヒも現実世界ではないことを理解するんじゃないか?」

長門「……涼宮ハルヒにとってそれはずっと望んでいたもの」

長門「彼女がそれら『不思議』と呼ばれるものを目にし、興味を示し、閉鎖空間という世界の存続さえも望めば」

長門「この世界は崩壊し、涼宮ハルヒと古泉一樹のみが存在する閉鎖空間と入れ替わる。こともありえる」

キョン「…………なるほど。結局はいつも通りのジレンマに悩ませられるわけか」

キョン「信じてもらえなきゃ困るが、信じられても困る。前門の虎に後門の狼……どうしたもんだよこりゃあ」

長門「時間的な猶予はあまりない。どんなに遅くとも明朝には世界は入れ替わる」

キョン「明朝って……どうすんだ? どうすんだ、おい……」

長門「……我々としても出来る限りのことはする。しかし、最終的には」

長門「古泉一樹に懸けるしかない」

キョン「……土壇場で頼るのがあいつとはな……まぁこういう時は安パイよりも大穴に懸けた方がいい、か」

キョン「(さっさと帰ってこい……バカやろう共)」ギュッ!

「……」

125: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/23(木) 01:36:14.15 ID:tO6mwcMB0

ハルヒ「……夜の学校ってさー」スタスタ

古泉「はい」スタスタ

ハルヒ「なんか出る気がするけど、同時に何も出てきてほしくない、って思うわよね」

古泉「それは、まぁ、そうですが……あなたがそう思っているのは意外ですね」

ハルヒ「あたしだって不思議の選り好みはするわよ。オカルトマニアなわけじゃないんだし」

古泉「だから、僕の袖を掴んでいるのですか?」

ハルヒ「…………」ゲシゲシ!

古泉「蹴るのはやめて下さい。何度も言いますが満身創痍なんです。というかみなさん本当に何度言わせるんですか怪我人に」

ハルヒ「満身創痍? あんた学校に来ない間ホントになにしてたわけ? 修行? 山籠もりでもしてたの?」

古泉「……山籠もりと言うよりは、引きこもりのほうが正しいですが。まぁ戦いと言った意味では、修行のようなものですね」

ハルヒ「…………???」

ハルヒ「ていうか、最後に会った時も思ってたけど、あんたなんかキャラ変わってない? もっとこう、ウザーって感じじゃなかった?」

古泉「どんな感じですか、それ」

ハルヒ「その喋り方じゃまるで…………なんでもない」

古泉「…………つきましたよ」ガチャ

ハルヒ「ん。夜に部室に入るのも新鮮ね。クリスマスとかはここでパーティでもしようかしら」

古泉「名案ですが、まずはここから出る方法を探さなければ」

ハルヒ「『スライム 倒しかた』って調べればいいんでしょ? あれ? パソコンつかない……壊れたのかしら?」バンバンッ!

古泉「だから違います、それ」

126: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/23(木) 01:39:38.44 ID:tO6mwcMB0

ハルヒ「ていうか宿直の先生とか誰もいなかったけどこの高校ホントに大丈夫なわけー?」

古泉「(さて、状況は控えめに言って非常にまずい。もしかしたらすでに手遅れ……と言ったところでしょうか)」

古泉「(何よりも涼宮さんがおかしいと思いつつも完全にはこの閉鎖空間を別世界と捉えきれていないのが痛手ですね)」

ハルヒ「むぅ……でもそれって考えてみればチャンスよね。さっきはちょっとビビっちゃってたけど」

古泉「(全てを打ち明けてみる? 悪くない手とは思いますが……同時に現実世界即崩壊のリスクも考えられる)」

古泉「(信じてもらうが吉か、信じてもらわぬが吉か……この場合の正解は一体……)」

ハルヒ「古泉く……まーた考え事してるわね、この顔は。まぁいいわ、ちょっと見回ってくるだけだし……いってきまーす!」バタン

古泉「(……幸い、僕の能力も閉鎖空間内ということで使用はできるみたいですし……)」

古泉「(いざとなったら…………ん?)」

古泉「団長さん? あれ? いつの間に……?」

古泉「(いけませんね。考え事に没頭すると周りが見えなくなるのは直さなければ……ん?)」ピピッ!

古泉「電子音……? あぁ、パソコンが起動した音……起動した?」

古泉「この閉鎖空間内で? 先ほど団長さんがつかないと言っていたのに……まさか」ジッ
















『YUKI.N 見えてる?』















古泉「…………どうやら」

古泉「心強い『友人』方が、僕の味方をしてくださるようですね」ニッ

127: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/23(木) 01:43:39.23 ID:tO6mwcMB0

『ええ、見えています。長門さんですね?』

『YUKI.N そう。この媒介を通じてコミュニケ―ションをとるのがこちらの限界』

『十分です。状況は把握できていますか? 非常にまずい状況なのですが……』

『バカやろう!!!! テメェの連絡不備でこうなったんだろうが!!!!』


古泉「えぇ!? 急に怖い!!?!? ってこれは……」


『と言ってやりたいが、責任は俺たちにもある。だから帰ってきて一発殴られた後、俺を殴れ』

『やはりあなたでしたか……えぇ、是非そうしたいところです。そのために、まずはこの世界から脱出をしないといけませんね』

『YUKI.N あなたの考えは?』

『信じさせるか、否か……ということでしょうか?』

『YUKI.N そう。どちらにせよ多大なリスクを含んでいると思われる』

『……正直、迷っているところですよ。一つの選択ミスで世界の崩壊がかかっているんですからね』

『YUKI.N それでも、わたしたちはあなたに懸けるしかできない』


古泉「……まったく、銀河を統べる宇宙人の使者さんは簡単に言ってくれますね。彼女がこの場にいたらいとも簡単にこの状況を打破できるでしょうが」


『世界の責任を僕一人で負うには重すぎますよ」

『誰がそんなこと言った。お前にそんな大役は任せられるか』

『世界がどうなろうが【俺たち】の責任だ。お前一人だけ歴史の教科書に名前は載せさせねぇよ』


古泉「……彼なりのジョークでしょうか? ふふっ、笑えませんよ。まったくね……ん?」

128: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/23(木) 01:47:16.32 ID:tO6mwcMB0










『やらなくて後悔するよりも、やって後悔したほうがいい』











『長門さん……ですか?』

『え? あぁ、そっか。こうするのね』

『RYOKO.A はぁい古泉くん。あたしのこと分かる?』


古泉「……おやおや」


『眉倉さんじゃありませんか』

『誰が眉倉さんよ!!!!! ラストネームのアルファベット見なさいよ!!! え!? 今出てない!!?』

『RYOKO.A ほら!! Aって書いてあるでしょ!!! 朝倉のA!!!!』

『冗談ですよ、朝倉さん。ええ、あなたには団長さんに謝罪する時にお世話になった仲ですしね』

『RYOKO.A ええ。まぁ、それほど深い仲ではないからこそ言わせてもらうと、そこまであなたやSOS団? が背負う問題じゃないわよ、これ』


古泉「…………」


『それはどういう意味ですか?』

『RYOKO.A どういう意味も何も。もうここまで閉鎖空間の侵食が進んでしまったら半分以上諦めてる、って感じよ。こっちは』

『RYOKO.A 現にあたしたちの親玉、情報統合思念体は自律進化の可能性を失ったって嘆いてたわよ。まぁ実体ないんだけど(笑)』

『宇宙の親玉が嘆いている状況は笑えないんですが……』

『RYOKO.A まぁだから、あたしが言いたいことはさっき言った通り』

『RYOKO.A やらなくて後悔するよりも、やって後悔したほうがいい。そっちの方が諦めもつくでしょ』

『RYOKO.A 後悔先に立たずとはよく言うけど、後に立つ後悔は選ぶことだってできるんだから』


古泉「……後悔は選ぶことができる、か」


『RYOKO.A ま、とにかく精いっぱい後悔のないようにやって頂戴。少しは期待してるわよ、超能力者さん(笑)』

『ええ……善処してみますよ、眉倉さん』

『だから眉倉じゃないって言ってくぁwせdrftgyふじこlp』

129: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/23(木) 01:51:18.50 ID:tO6mwcMB0

『YUKI.N つまり、彼女はやって後悔するなら、全力でやって後悔しろということを伝えたかった、のだと思う』

『YUKI.N 元の世界に帰るには涼宮ハルヒにそこを現実世界ではないことを認識させ、なおかつ元の世界に帰りたいと思わせる必要がある』

『……ええ、その通りです』

『YUKI.N ……そのためにすべきこととしてわたしたちが出した結論は』

『夢落ち。つまりはハルヒのやつにここは夢で目覚めなければならない世界と思わせちまえばいい、ってことだ』

『夢落ち……なるほど、だとすれば夢であるこの世界は目覚めと共に元の世界に戻る……ということですか』

『ああ、そして夢だと思わせることのできるトリガーこそが……』

『超能力者だと告白する。簡単でしょ? 言うだけで終わり。まぁ運試しみたいなものよね。古泉くんは運は良い方?』

『さあ? 今までは【神様】には嫌い、嫌われていましたからね。僕の言うことはあまり信じてもらえないような気がしますよ』

『YUKI.N 他にも夢だと思わせる方法がないこともないが、それが一番可能性のある方法』

『……そうですよね』

『YUKI.N 安心して』

『さっきも言ったが、お前一人に背負わせやしないぜ?』

『程々の期待ぐらいしかかけられてないと思って、肩かるくして頑張って』


古泉「……ふふっ、世界崩壊の危機だと言うのに、まるでその気を感じさせない方々ですね」


『YUKI.N こうして通信するのも限界。あとは、あなたに任せる』

『古泉くんに購買のパン一つ賭けた。頼んだわよ、超能力者さん』

『さっさと終わらしてこっち帰ってこい、古泉』


古泉「…………」


『ええ、待っていてください。必ず、元の世界に帰りますので』

『YUKI.N 待ってる。また部室で―――』

『――――――』

『MIKURU.A ……ふえっっ!!??!? なななんで!? ここどこ!? あれキョンく』ブツッ


古泉「朝比奈さんいたんですか!!?!? ていうかどういうシステムでこのハンドルネーム表示されてるんですかこれ!?」

130: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/23(木) 01:55:25.67 ID:tO6mwcMB0

古泉「…………ともあれ」フーッ

古泉「(やるべきことは決まった。覚悟を決めろ古泉一樹)」

古泉「(今だけじゃない。今までだって、世界を守ってきたのは僕だ。なら……今だってやることは変わらない)」

古泉「…………」ピクッ

古泉「……どうやら『永遠のライバル』も、お目覚めの時間らしいですしね」





オォオオオォオォォオオォオォォォォォオオオォォォオオオォオォォォォオォォオオオォォォオオオォオオオ!!!!!!





古泉「閉鎖空間である以上、神人が現れるのは当然、ですか」

古泉「あとは……」


バン!!


ハルヒ「UMA!!! 古泉くん!!! UMA出た!!! UMAでたあああぁああああ!!!!」キラキラ!!

古泉「……団長さん次第、ですね」ニコッ

ハルヒ「ねぇねぇ! あれなんだと思う!? あたしてきにはダイダラボッチかどっかの神話の巨人兵説が濃厚なんだけど!!」

古泉「僕には見当もつきませんよ。今までただがむしゃらに闘ってきた相手のことでもね」

ハルヒ「いやむしろ地底人ということも……ん? 今まで戦って……? なにそれどういう―――」

古泉「説明は、走りながら―――さぁ走って!!」ダッ!

ハルヒ「えぇ!? ちょ、ちょちょちょっと!! どこ行くってのよ!! ねーえ!!」

131: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/23(木) 01:59:02.75 ID:tO6mwcMB0

古泉「あのまま部室にいては危険です。いつあの大腕を振りかざして来るか分かりませんからね」

ハルヒ「そう! そうなのよ!! 普通あの大きさの生物が二足歩行なんてできるわけないのよ!! 自重で潰れちゃうから!!」

ハルヒ「でもあのでっかいのはそんなの関係なくて……じゃなくて!!」

ハルヒ「さっきあなたなにか言いかけてなかった? あいつと戦ってきたとかなんとか……」

古泉「……3年前の、校庭に落書きをした時のことを覚えていますか?」

ハルヒ「3年……なんだ、転校生なのに知ってるのね。もちろん覚えてるわよ、宇宙人にメッセージを送ったのよ」

古泉「…………その時」

ハルヒ「あぁ、あとこのことは誰にも言ってないんだけど、実はあれ1人でやったわけじゃないのよ」

古泉「……え、あぁそうで、そうなん、ですか」

ハルヒ「ま、今更だけどね。別に隠す必要もなかったんだけど、こんな機会だしね」

古泉「こんな機会……?」

ハルヒ「一緒に手伝ってくれた人はね。本名は教えてくれなかったんだけど、代わりにあだ名みたいな偽名を教えてくれたわ」

ハルヒ「『副団長』ですって。笑っちゃうぐらい意味不明でセンスないわよね」

古泉「……はは」

ハルヒ「……でもね、あたしその人に人に何言われようが笑われようが関係ない。自分のやりたいことをすればいい、って言われたのよ」

ハルヒ「まぁ……あたしの言うことなんでも肯定してくれたわけ。今考えてみればただ、おだててたとか、あやしてたのか分かんないけど」

ハルヒ「『副団長』にそう言われたから、あたしは今まで自分のやりたいように生きてきて、今があると思ってる」

古泉「…………」

ハルヒ「SOS団だってあたしがつくりたいからつくったわけだし……まぁ、団っていうのに拘ったのは」

ハルヒ「『副団長』のポジションを作りたかった、ってのも少しはあるわ。ま、子供の頃の思い出補正枠みたいなもんよ」

ハルヒ「蓋を開けてみれば、副団長はイエスマンどころかあたしのやることなすこと全否定のエセ超能力者だったけどね!」シッ!

古泉「……ははは、それは失礼しました」

132: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/23(木) 02:04:01.72 ID:tO6mwcMB0

ハルヒ「今こんな話をしたのはあなたが副団長の役職だからなのと」

ハルヒ「やっと、やっとあたしの望んでいた不思議が目の前に現れた興奮で口が軽くなっちゃってるってのもあるわけ!!」

古泉「…………なるほど。ではもう一つだけ質問をしていいですか?」

ハルヒ「なに? まだ何か聞きたいことでもあんの?」

古泉「ええ……」

ハルヒ「いいわ聞いたげる! も少しで巨人の近くに着くからそれまでにね!」

古泉「…………あの」


















古泉「団長さんにとって『副団長』とは、どのような存在ですか?」



















ハルヒ「あたしの『世界』を守ってくれた人!!」ニッ!












133: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/23(木) 02:07:43.43 ID:tO6mwcMB0

古泉「……………………」

ハルヒ「言い過ぎかしら? まぁあながち言い過ぎってこともないわよね」ウーン

古泉「…………合点が行きましたよ。今までの、僕と、あなたの全てに」

ハルヒ「え? 合点? なに? なにか考えてたの?」

古泉「ええまぁ、ささいなことですよ」

古泉「なぜ僕が超、エスパーであったのか考えていただけですよ」ニコッ

ハルヒ「あー! また、ってかまだそれ言う? せーっかくなんとなーくうざうざオーラが見えなくなってきて」

ハルヒ「あたしの理想像的副団長に近づきつつあるかと思ってたのにー」ブゥ

古泉「はは、でしたら、これからなら仲良くやれそうですよ。元の世界に帰れたら、ですが」

ハルヒ「なにそれ、どういう意味? 元の世界?」

古泉「…………僕は超能力者なんですよ。その証拠をお見せしましょう」バチバチ

ハルヒ「え、なに? この音……? 古泉、くん……? なんか赤くなってるけど……」

古泉「……僕は昔から、この空間であの神人を退治し、世界の安寧を守ってきました」ヂヂヂッッ!

ハルヒ「古泉く……! きょ、巨人が!! いつのまに、こんなすぐ近くに……っ、古泉くんっ!」

古泉「……それが誰の意志で、誰の望みだったのかに、合点がいったんですよ」ブワッッッ!

ハルヒ「……そ、れじゃあ……まさか……そんな本当に……?」

古泉「…………では、行ってきます―――涼宮さん」バッッ!!!!

134: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/23(木) 02:08:48.59 ID:tO6mwcMB0














               ハルヒ「古泉くんは超能力者?」 古泉「エスパーとお呼びください」











137: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/06/23(木) 08:15:58.37 ID:205UFO48O
眉倉さんマジ天使

142: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/21(木) 00:47:21.40 ID:yP9CrID70
お待たせ?しました! 
最終話とうかしますー

143: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/21(木) 00:49:54.34 ID:yP9CrID70

古泉「はあっ!!」ビュン!

ハルヒ「なあっ!? ちょ、古泉、くん!? 待っ!!」

古泉「……ふふ、まさか世界を救うヒーロが魔王の配下となってしまうとは……」

古泉「世も末……いえ、世界の終わり、でしょうか? ともあれ」

古泉「この数を相手取るのは……本当に酷ですね」



オォオオオォオォォオオォオォォォォォオオオォォォオオオォオォォォォオォォオオオォォォオオオォオオオ!!!



古泉「……なんて言ってる場合ではありませんね」

古泉「元の世界に戻って、『友達』にならなければならない人がいますからね」

古泉「……さながらの悪夢を終わらせましょう。ハッ!!」バッッ!!










ハルヒ「……戦って、る?」

ハルヒ「あれが……超能力、だって言うの……?」

ハルヒ「あんなデカいのと、1人で……」

ハルヒ「そ、んな……でも、そうじゃなきゃ……」

ハルヒ「…………いや、ありえない。けど……ありえる……?」

ハルヒ「今が、ここが、夢の中だとすれば……?」

ハルヒ「でも……こんな、はっきり……明晰夢、ってやつ?」ウーン

144: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/21(木) 00:53:58.86 ID:yP9CrID70

古泉「ハァ、ハァ……っ!」ビュン!

古泉「(……いつからでしょう。神人に一人で立ち向かうようになったのは……)」

古泉「(同志が……仲間が閉鎖空間から消えてしまったのは……)」

古泉「(そう遠くない記憶のはずが、砂漠の蜃気楼のように曖昧で、遥か遠方のように覚えます)」

古泉「(あながち、機関の方が言っていた。≪神≫が僕を選んだ、などどいう妄言はどうやら当たっていたようですね)」

古泉「…………なぜなら」

古泉「僕は、彼女の『世界』を世界を守る英雄なのですから」ニコッ

古泉「……ハッ!!」

古泉「(……だから)」ブン!

古泉「っ……! ハァッ!」バンッッ!!

古泉「(……きっと彼女は)」

古泉「っ、ぉおぉおおぉおおぉおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!」ドォン!!

古泉「(―――こんな世界を)」

古泉「――――――っ!!!?!?」バッ!!

古泉「(望まない、はずです―――!!!)」ゴオォッ!






















バキッッッ!!!!!!!!

145: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/21(木) 00:54:53.40 ID:yP9CrID70























古泉「っ――――――ガフッ!!」

ハルヒ「古泉くん!!!!!! 古泉くん!!!!?!!!!?」























146: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/21(木) 00:58:51.08 ID:yP9CrID70

古泉「ガハッ! ゲホッ! ゲホッ! ぐ……あ」

ハルヒ「そんな……嘘、だめ……待っ、て。待って! 古泉くん!」ダッ!

古泉「あ……ガハッ! ぁ、う」

ハルヒ「ダメ、ダメよ! そんな、そんなの!! 死……死なせないわよ!!」

古泉「(……涼宮さん、がこちらへ向かって来てる……?)」

古泉「(……あぁ、どうやら悪神に愛されていたというのも本当らしいですね)」

古泉「(なんて、言っていられる状況じゃ……)」ググッ

古泉「ガハッッ!! ゲホッケホッ!!」

ハルヒ「古泉くん!! ダメよ動いちゃ!! どこ……まだあのデカいのと戦う気!?」

古泉「ゲホッ!! そ、れが……フー、僕が、しなければ……ガハッ! ならない、こと、だから……です」

ハルヒ「そんな……もう碌に立てず前も見えないような身体で……っ、病院……」

古泉「……ハァ……ハァ」





オォオオオォオォォオオォオォォォォォオオオォォォオオオォオォォォォオォォオオオォォォオオオォオオオ!!!




ハルヒ「っ、通せんぼってわけ? 上等、古泉くんがダメならあたしが」ガシッ

古泉「勝てる、相手では……ありません、よ」

ハルヒ「っ、じゃあ! じゃあどうやって!! 今この場をどうやって!!」

古泉「……逃げてください。涼宮さん一人で」

ハルヒ「はっ? なに言ってんのよ古泉くん!! あなたを置いてなんて……それに、学校からは出れないわよ!!」

古泉「今ならガハッ! 恐らく、出れます。そのまま、逃げて、逃げて……今日の、今日までのことは忘れて―――」

ハルヒ「バカ言うな!!!!!!!」パチン

古泉「…………ゲホッ!」ダラッ

ハルヒ「あぁ! ごめん!!!」オロオロ

147: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/21(木) 01:02:09.99 ID:yP9CrID70

ハルヒ「でも、間違ったことを言ってるのはあなたよ古泉くん!!」

古泉「これが、今の……ゴホッ! 状況の、最善です」

ハルヒ「最善の策であっても、最悪の結果なのよ!! それは!!」

ハルヒ「あなたが……し、死んじゃうかもしれないじゃない!! こんな大けが……」

古泉「……話している間にも神人は破壊活動を続けています……ゴホッ!」

古泉「僕たちに攻撃が向いていない、今、しか逃げる時間は……」

ハルヒ「だから!!!!! そんなこと言うな!!!!!」

古泉「…………」

ハルヒ「あたしは……あたしが団員と『認めた』人間が、死にそうになってるのに、放っておくわけないでしょ!!」

古泉「…………あぁ」

ハルヒ「なに? はやく掴まりなさい!!」

古泉「……僕を、団員と……認めてくれるのですね」

ハルヒ「…………あったりまえでしょ!!! こんな時に聞かないでよね!!!」

古泉「……ふ、なら安心です……ゲホッ!! ガハッ!!」ボトボト

ハルヒ「古泉くん!? ちょっと、ダメ……こんなに、血、血が……止まって!!」

古泉「―――あぁ、大丈夫ですよ。団長さん」

ハルヒ「大丈夫、ってそんなわけないでしょ!!! このっ、止まれ!! 止まれっ!!!」ギュッ!!

古泉「……僕は勝ったんですから」

ハルヒ「は? 何に!? 何を言ってるの!! しっかりしなさい!!」

古泉「……なれたんですよ」

古泉「―――『友人』に」ニコッ

ハルヒ「だから何言って……古泉くん? 古泉くん!!? ダメ!! 目開けて!! 開けなさい!! ダメよ!!!」

ハルヒ「古泉くん!!! 古泉くん!!!」

古泉「―――」 

ハルヒ「目を、開けなさいよ……ダメって、言ってるでしょ……古泉くん」ユサユサ

148: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/21(木) 01:02:53.02 ID:yP9CrID70


















ハルヒ「目を開けてよ!!!! 死ぬんじゃないわよ!!!!!!! 副団長ぉおお!!!!!!!!!」





















149: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/21(木) 01:06:16.69 ID:yP9CrID70

古泉宅


キョン「で」

古泉「はい」ヌーン

キョン「随分最後はあっさり死んであっさり帰ってきたなお前」

古泉「いえ、僕に緊張感なんて似合いませんからね」フフ

朝倉「それでも、帰ってこれるかは微妙だったんでしょ?」

古泉「えぇ、正直賭けでしたよ。まぁ、勝率は高めの賭けでしたがね」

長門「自信あり」

古泉「あそこで失敗するのはエンターテイナーの恥ですから」

キョン「いつからエンターテイナーになったんだよお前は。にしても」

キョン「『お前が死んだ世界を認めないハルヒに元の世界に戻させる』とは……夢だと思わせるにしても随分思い切ったな」

朝倉「わざと攻撃を喰らって死ぬなんて……Mなの?」

古泉「いえ、全然。むしろSですよ僕は。めちゃくちゃ痛かっただけですからね、あのクリオネ星人の攻撃」

キョン「誰がお前の性癖に興味あるんだよ。だったらどうしてそんな方法をとったんだよ? 他になかったのか?」

古泉「それは……まぁ、他に方法がないこともなかったんですが」

長門「例えば?」

古泉「涼宮さんにキスをするとか」

キョン「なっ!?」

朝倉「ま、大胆」

古泉「いつだって眠れる美女を起こすのは王子様のキスですよ、おぉ罪深い僕」

キョン「気持ち悪いことを言うな。真面目スタイルでこれからはいくんじゃないのかよ」

古泉「どちらの僕も僕ですから。好きなようにやらしていただくという意味ですよ」

古泉「それで、まぁそのような方法をとらなかったわけですが……」

古泉「彼女、涼宮さんに……時として英雄が負ける時だってある、ということを知っておいて欲しかったんですよ」

キョン「……そーかい」

朝倉「でも、結構古泉くんは負けてる気がするけどね。色々と」

キョン「あー言えてる」

古泉「暴言はよしてください。死に戻ってきたばかりなんですから」

150: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/21(木) 01:08:54.18 ID:yP9CrID70

長門「……」ピクッ

朝倉「あ」ピクッ

キョン「どうした? 二人して」

長門「涼宮ハルヒがこちらの世界へ帰還した」

キョン「今か? 随分古泉と差があるぞ?」

古泉「というか目覚めた時にあなたたちに覗き込まれていたのが地味に怖かったんですけど。防犯も何もないんですね」

キョン「ボロ家だからな」

朝倉「まあ、閉鎖空間でのタイムラグってことでしょ? 不思議空間だからなんでも起こり得るわよ」

キョン「てことは、確かあいつどっかのベンチで寝てたんじゃなかったのか?」

長門「今も眠っている状態で帰還した。涼宮ハルヒの現在地は補足済み」

キョン「だったら……」

古泉「長門さん。位置を教えてください」

長門「了解した」

キョン「今度こそ、ちゃんと起こして来いよ」

朝倉「目覚めのキスとかやって涼宮さんに殴られても知らないわよ?」

古泉「おやおや、朝倉さんもエスパーだったとは驚きです」

キョン「何企んでんだ、命が惜しくばやめておけ」

古泉「承知していますよ。では」

キョン「あぁ、行ってこい!」

朝倉「行ってらっしゃい」

古泉「…………いや、あの」

古泉「家を空けるので出ていただきたいんですが……」

キョン「……あぁ」

朝倉「この家鍵とかあるんだ……ナチュラルに入ってたから気にしなかった」

古泉「そうでなくともプライバシーはあるんですが!?」

長門「ボロ家」

151: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/21(木) 01:12:21.66 ID:yP9CrID70
古泉「はっ、はっ……」タッタッタ

古泉「(……よく、帰ってこれたものです)」

古泉「(あんなことを言いましたが、本当は帰ってこれる自信などほとんどなかったんですよね……)」

古泉「……悪神に愛されている、か」

古泉「(……『世界』を守ってくれた人)」

古泉「(大げさで、過度で、過大な評価をいただいていたようですね)」

古泉「(おかげで、神人退治には僕1人で十分と判断されたみたいで苦労しましたけどね)」ハハ

古泉「(しかしまぁ、今回体を張って死んでしまったおかげで、少しは手心が加わるようになるんじゃないかと期待もしていますが……)」

古泉「……そうは、甘くはないですかね」フッ

古泉「(……でも)」

古泉「(これからは、いえ。本当はこれまでもですが)」

古泉「……1人じゃない」

古泉「(今回だって、色んな人に助けられた。彼、長門さん、朝倉さん。あぁ、あと朝比奈さんにも)」

古泉「(そして……最後には涼宮さんにも)」

古泉「…………ふふっ、いやぁ」

古泉「『友人』というのは、こうも頼もしい存在になるのですね」ニコニコ

古泉「……そう、思いませんか?」

古泉「……涼宮さん」


















ハルヒ「スー、スー……」

152: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/21(木) 01:15:42.59 ID:yP9CrID70

古泉「……さて」

古泉「(どう起こしましょうか? 僕を探し回ってお疲れと聞いてますし、ここは優しく……)」

古泉「ディープではなく、フレンチで……と、違いますね。キスではなく、普通に普通に……」

古泉「…………涼宮さん、起きてください」ユサユサ

ハルヒ「……スー……ん」

古泉「涼宮さん、涼宮さーん」ユサユサ

ハルヒ「……んっ」

古泉「…………ありがとう、ございました」ボソッ

ハルヒ「……んーっ、ん……ぁ……あ? あ!」

古泉「おはようございます、といってもまだ夜ですが」

ハルヒ「こっ、古泉くん!!? あんた血は!? てか死んだんじゃ……あれっ!?」

古泉「血? 死ぬ? なにやら物騒ですが……なんのことでしょう?」

ハルヒ「いやだって!! さっきまであれが!! あのでかいUMAが……え!?」

古泉「夢、の話でしょうか? 僕を探していただいたとお聞きしましたので、その疲れで夢を見たのでは?」

ハルヒ「ちがっ、探してたんじゃ……! でも、そう……夢、なの……かしら?」

古泉「なにか、興味深い夢でも?」

ハルヒ「いや、まぁ、うーん……まぁ、夢なら夢で結構壮大でファンタスティックな夢だったわね」

古泉「夢ですからね」

ハルヒ「うん、夢。夢だったみたい。あーなんかもったいないような、でも夢で安心したような……」

古泉「……ともあれ、夢の世界からのお帰り、お待ちしておりました」

ハルヒ「……やっぱキャラ変わってるくない? あ! それと!! 聞きたいことがあんのよ!」

古泉「はて、僕にでしょうか?」

ハルヒ「あなたに! あのね!」

ハルヒ「古泉くんは超能力者?」

古泉「……いーえ違いますよ?」

ハルヒ「あ、違う違う。こう言うんだったわよね―――」

153: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/21(木) 01:17:31.63 ID:yP9CrID70






















                 ハルヒ「古泉くんはエスパー?」 古泉「副団長とお呼びください」

























154: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/21(木) 01:18:28.04 ID:yP9CrID70
完です! ありがとうございました!!

157: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/21(木) 04:42:16.59 ID:spzuXZwzo
乙乙面白かった

160: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/07/21(木) 09:00:29.34 ID:pxRkoSRF0


元スレ
ハルヒ「古泉くんは超能力者?」 古泉「エスパーとお呼びください」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1465628524/