sazaesan
1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/01(日) 22:57:11.93 ID:+Ombp83+0
不良A「あんぎゃああああああッ!」

不良B「コイツ……やべえよ」

不良C「たかが髪のことぐれーで……」

仗助「ああ? たかが髪だとぉ~?」

不良B「ひぃぃぃ!」

不良C「に、逃げろ!」

不良A「は、はがっ……待って……置いてかないでェ~~!」ダダダダ


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/01(日) 23:19:34.34 ID:kgrpa74iO
このスレタイは卑怯

16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/01(日) 23:15:02.53 ID:QPKHwLx0O
スレタイで笑ったわww

2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/01(日) 22:58:14.23 ID:+Ombp83+0
仗助「はぁー、ったく」

康一(仗助くん、髪のことになると相変わらず容赦ないなあ。それにしても、『サザエさん』って誰のことなんだろう)

康一「ねえ、仗助くん。一つ聞いていいかな?」

仗助「ん? なんだ、康一」

康一「サザ……」


サザエ「あら、仗助くんじゃない」ババァアン

3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/01(日) 22:59:30.90 ID:+Ombp83+0
康一「!?」

仗助「ちっす」

タラヲ「こんにちはですー」

仗助「よお~、タラヲ。家族でお出掛けっスか」

サザエ「ええ、今日は3人で遊園地に行くのよ」

タラヲ「楽しみですー」

サザエ「あら、そちらは? お友達?」

康一「え、あっ、はい。広瀬康一って言います」

マスオ「おーい、サザエ。そろそろ行かないと電車の時刻に間に合わないよ」

康一(サザエ!?)

サザエ「あら、それもそうね。仗助くん、康一くん、またね」

タラヲ「ばいばいでーす」

仗助「またな」

4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/01(日) 23:00:12.49 ID:+Ombp83+0
康一「えっと、仗助くん。今の人たちは?」

仗助「ああ、ウチの近所に住んでる磯野さんだ」

康一(磯野さん……。じゃあ、さっきの女の人は磯野サザエさんか)

康一(確かに変な髪型だったけど。仗助くんのリーゼントとはそんなに似ていないような)

仗助「そういや康一、さっきおれに何か聞こうとしてたよな?」

康一「あ、いや。何でもないんだ、気にしないで」

仗助「ん、そうか」

康一(あの髪型に似てるって言われたらそりゃ怒るだろうな。サザエさんのことは触れないようにしよう)

5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/01(日) 23:00:49.53 ID:+Ombp83+0
カツオ「あ、仗助兄さん」

中島「こんにちは」

仗助「よお、また野球やってんのか?」

カツオ「仗助兄さんも一緒に遊ぼうよー」

仗助「ってもよぉ~、こっちもあんまり暇じゃあねえんだ。な、康一」

康一「うん、そうだね」

カツオ「えー、そんなのつまんないや」


ワカメ「お兄ちゃん大変よッ」

7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/01(日) 23:01:53.96 ID:+Ombp83+0
カツオ「ん、どうしたワカメ。そんな大声出して」

ワカメ「いいから早く来て!タマが!タマが大変なの!!」

カツオ「タマが、どうしたって?」

ワカメ「タマのお腹に……矢が刺さってるの!」

仗助「!」

康一「!」

カツオ「タマが?……分かった、すぐ行くよ!」ダッ

8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/01(日) 23:02:40.11 ID:+Ombp83+0
―磯野家の庭―


タマ「ニャ・・・ア・・・」ドクドク


カツオ「ッ!タ、タマ……!」

中島「ひ、ひどい。誰がこんなことを……」

ワカメ「うええ~~~ん」

康一(かなり出血が激しいけど、まだ息はあるみたいだ。これなら、仗助くんの力で)

仗助「ちょっと下がってな」

カツオ「仗助兄さん」

仗助「『クレイジーダイヤモンド』」シュパァァァン

9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/01(日) 23:03:22.98 ID:+Ombp83+0
タマ「ニャアー」ムクリ

ワカメ「タ、タマッ!」

カツオ「タマの傷が……治った!」

中島「えええー!? いったいどうなって?」

仗助「話はあとだ。それよりワカメ、おめーに聞きてぇことがある」

ワカメ「え、わ、私に?」

仗助「さっき、この猫に『矢』が刺さっていたって言ったな。けどよ、見たところそれらしき『矢』はここには見当たらねぇ」

康一「あ、そういえば!」

中島「ないってことは、犯人が持ち帰ったんじゃあないか?」

カツオ「何言ってんだよ中島、突き刺さった矢なんて普通放って逃げるはずだよ」

カツオ「ましてや家の中なんだ。わざわざ隠れてて、誰かに見つかったら困るだろ」

10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/01(日) 23:04:00.59 ID:+Ombp83+0
康一(確かにそうだ。ただのイタズラ目的だったら、わざわざ家人の目を盗んで回収するなんて、危険なことはしない)

康一(なのに、犯人はあえてそうした。それはおそらく、その『矢』には回収するだけの価値があったからだ)

仗助「『矢』の特徴とか、覚えてたら教えてくんねーか」

ワカメ「え、えっと……びっくりしちゃって、あんまりよく覚えてないわ」

仗助「そっか」


??「その『矢』っていうのは、もしかしてこれのことかな?」

11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/01(日) 23:04:38.42 ID:+Ombp83+0
カツオ「!……その声は」

ワカメ「堀川くん?」


堀川「やあ、ワカメちゃん。こんにちは、お兄さん」ポタ……ポタ……


中島「うっ……血が滴っている」

カツオ「ほ、堀川くん。何を持ってるんだい……」

堀川「あれ、お兄さん。見て分かりませんか。これは『矢』ですよ」

堀川「刺さって痛そうにしていたので、僕が抜いてあげたんです」

カツオ「そ、そう……なんだ」

康一「……仗助くん」

仗助「ああ、間違いねーな」

12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/01(日) 23:05:26.78 ID:+Ombp83+0
仗助「おい、ボーズ。その『矢』だがよ、こっちに渡してくんねーかな」

堀川「渡す? 何で渡さないといけないんですか?」

仗助「そいつぁ、おめーのような子どもが扱うにはヤバすぎる。いいから渡しな」

堀川「それは嫌です。だって、この『矢』は僕のものなんですから」

堀川「僕の自由研究の邪魔をされたら困りますよ」

仗助「自由研究だとォ?」

康一「何だか……変わった子だね」

カツオ「堀川くんはちょっと頭がおかしいんだ」

ワカメ「よく分からないけど、このお兄さんたちの言うことを聞いた方がいいと思うわ」

ワカメ「堀川くん、その矢をこっちに持ってきて」

堀川「だめだね。これは僕のものだよ」

13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/01(日) 23:06:02.97 ID:+Ombp83+0
堀川「こんな面白いもの、手放せるわけがないじゃないか」

堀川「欲しいなら、力づくで奪い取ってみなよ」

堀川「『スタンド使い』のお兄さんッ!」


仗助「!」

康一「!」


堀川「僕の『弟』を倒すことが出来たらの話だけどねぇ~~っ!!」┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/01(日) 23:08:15.38 ID:R916NmwAO
ヘイキチかな?

15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/01(日) 23:09:02.30 ID:u1DiH+DUO
サイコパス堀川…

19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/01(日) 23:29:00.17 ID:58f+MLCq0
実はサザエさんは24と4部承太郎より若い
ちなみに波平は54、フネは50歳とそこそこ

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/02(月) 00:11:42.41 ID:drclHfi/0
タイトルオチかと思いきや内容も良さそうで大草原

22: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/02(月) 00:13:41.51 ID:WMFiHf7w0
吉良は静かに暮らしたい、なら堀川はどう暮らしたいのか…?

24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/02(月) 02:28:56.69 ID:QqFHXmfKo
堀川のキャラがジョジョの敵にいても違和感ない

25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/02(月) 09:50:12.85 ID:/nKq5GIuo
実際ジョジョキャラ並みの奇妙な性格してるよな

26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/02(月) 10:08:16.54 ID:QgH82oxDO
キャッチボール
シタイ

ヘイキチ
ホリカワ
ノ オトウト

オニイチャン ノ
タイセツ シャシン
ヲ ヤブイタカラ

カベ ノナカ
二 トジコメラレタ



30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/02(月) 18:03:21.91 ID:dPUnceUfO
ちなみにサザエさんのあの髪型は実際にあったらしく
連載当時の主婦層の流行の髪型だったとか

31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/02(月) 18:33:42.98 ID:/nKq5GIuo
ちなんでいうほどの事じゃないだろ…
下手すりゃ今でも居るわ

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/02(月) 18:37:46.22 ID:pIfpSUhsO
流石に今はいないd…どうだろう

33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/02(月) 18:43:19.18 ID:QgH82oxDO
あんなダセー髪型いるわけねぇーだろ

コロネやハンバーグとか頭に乗っけるぐらいありえねぇーぜ

34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/02(月) 18:47:31.60 ID:pIfpSUhsO
正直8部のジョセフミはマジでハンバーグ乗せてるようにしか見えないから困る

36: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 03:55:14.60 ID:0yTVkswQ0
仗助「『弟』だとぉ~?」

中島「な、何言ってるんだ……あいつ」

ワカメ「堀川くんに弟なんていないでしょ」

カツオ「堀川くんの弟……」


堀川「ええー、ワカメちゃん、僕の弟のこと忘れちゃったの? ひどいなあ、前にちゃあんと紹介したのに」


康一「仗助くん。あの子、僕達のことを確かにスタンド使いって言ったよね?」

仗助「ああ、おれの耳にもバッチリ聞こえてるぜ。つーことはよォ、あいつも」


ズズズズズズズズズ

37: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 03:56:02.68 ID:0yTVkswQ0
中島「な、何だあれ!壁に黒いシミが……みるみる広がっていくッ!」

康一「まるで人間のような形に成長していく! これはただのシミじゃあない!」

カツオ「壁のシミ……弟……ハッ!まさかっ!」

カツオ「ヘイキチ!?」

e48e1289-s

ヘイキチ「――」ぐわああああああああああん


中島「黒い人間が……壁から出てきたァァアア―――!?」

ワカメ「きゃああああああっ」

仗助「スタンド使いってェことだなァ――ッ」ギュン

仗助「ドラァ!!」


バキィッグシャッ!

ガラガラガラガラ!!

38: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 03:57:04.60 ID:0yTVkswQ0
カツオ「あわわわわわ……うちの塀に穴があ」

仗助「安心しろ。後で直す」

中島「ひ、ひえええええ。な、なにがどうなってるんだよぉ……」

康一「スタンドはスタンド使いじゃないと見えないはず。なのに、この子たちは皆、あの黒い影を認識しているッ! 仗助くん……これは一体」

仗助「さあな。パワーが強大で一般人にも見えるスタンド使いがいたという話は聞いてるがよ」


シ――――――――ン


康一「……今ので倒せたのかな」

仗助「いいや、まだだ。捉えたつもりだったが、奴のスタンドをぶちのめしたっつー『感触』が残ってねェ」

康一「感触?」

39: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 03:57:43.78 ID:0yTVkswQ0
仗助「奴のスタンドは確かに壁の前に現れた。だが、おれがブチ壊したのは壁だけだ」

仗助「まるで雲をつかむように、奴のスタンドは姿を消した」

康一「あっ、そういえばさっきの堀川って子は?」

ワカメ「堀川くん、いなくなっちゃったわ」

仗助(逃げたか? いや、ミョ~な視線を感じるぜ。奴はどこかからこちらの様子を覗っている)

仗助(どこだ……奴は)

康一「ねえ君、えっと」

カツオ「あ、僕カツオです。磯野カツオ」

康一「カツオくんはさっき、あのスタンド……黒いシミを見て『ヘイキチ』って言ってたよね」

カツオ「ああ、はい!前に堀川くんが、塀に描いてあった落書きに『ヘイキチ』って名前をつけて、自分の弟なんだって言い張って」

ワカメ「あっ、そういえば。学校の作文でそんなこと書いてたわ。『弟』と一緒にキャッチボールをしたとか何とか」

中島「何だよそれ……小3にもなって頭おかしいだろ」

40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 03:58:27.01 ID:0yTVkswQ0
カツオ「でもあの落書きはうちの塀に描いてあったわけじゃあないし」

中島「そもそも落書きが動いて出てくるなんてありえないじゃないかッ」

ワカメ「ねえ、何がどうなってるの! お兄さんたちは何か知ってるの!?」

康一「みんな、とにかく落ち着いて!」

仗助「落ち着けつって落ち着ける状況じゃあねーわな」


<あははは。お兄さんのスタンド、凄いスピードだね>


ワカメ「この声……堀川くんだわ」

<もうちょっとで僕の弟(ヘイキチ)が大怪我するところだったよ。ああ、怖かった>

中島「なに意味の分からないこと言ってるんだよ!」

カツオ「堀川くん! どこにいるんだ」

<凄いね、お兄さん。尊敬しちゃうよ。僕もお兄さんみたいにもっと早く動けたらなあ>


ヘイキチ「――」ズズズズズズズズズズ

41: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 03:59:18.53 ID:0yTVkswQ0
康一「仗助くん、後ろ!」

仗助「やっぱりよォ、壁の中かあッ!」

バキィ!

カツオ「今度こそ、ヘイキチに命中したぞ!」

中島「やったか!」

仗助「いや、やってねえ」

<あははははっ! 無駄だよ、お兄さん>

<僕のスタンド『弟』は壁の中を自由に移動することができるんだ。僕自身と一体化してね>

<だから壁をいくら壊したって無駄だよ! 僕らを壁の外に引き摺り出さない限りね>

カツオ「な、なんだって!」

中島「夢だ……これは悪い夢なんだ」バタッ

ワカメ「中島さんッ」

42: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 03:59:44.13 ID:0yTVkswQ0
康一(敵スタンドは壁の中に潜んでどこからでも攻撃を繰り出せる。こちらから攻撃しようにも壁の中に逃げ込んでしまえばもう手出しができない)

康一(仗助くんのクレイジー・Dはスピードとパワーに優れるけれど……射程距離は短いので、相手の間合いで翻弄されると決定打を与えられないんだ)

康一(『ヘイキチ』を壁の外に引き摺り出そうにも、捕まえられなければどうにもならない!)

仗助「……」

康一「どうするんだい、仗助くん!このままじゃ、みんなやられちゃうよ!」

仗助「康一、おめーも人のことはいえねぇな。落ち着けって」

康一「でも……」

仗助「確かにこの堀川ってヤツはクレイジーで厄介だがよォ」

仗助「所詮奴は小学生だ。自分から『弱点』をベラベラしゃべっちまうくらいになあッ!」

43: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 04:00:15.35 ID:0yTVkswQ0
<ね、凄いでしょ、ワカメちゃん!>

<ワカメちゃんも僕達と一緒に遊ぼうよ!>

<とっても楽しいよ!>

ワカメ「い……嫌よ!」

<え、どうして? なんで?>

ワカメ「いつも思ってたけど、やっぱり堀川くんはおかしいわよ!」

ワカメ「タマに矢を射ったのもあなたなんでしょ? タマがもしあのまま死んじゃったら、私達がどう思うか……想像できないの?」

<あれは実験のだったんだよ。タマにスタンド使いとしての素質があればタマは死ななかったんだし>

<結局そっちのお兄さんの能力でタマは助かったんだよ? だから別にいいじゃない>

ワカメ「よくないわよ!!」

44: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 04:01:12.21 ID:0yTVkswQ0
カツオ「ああー、もう何が何だか」

ワカメ「それにこんな変な力を使って私達に嫌がらせをして、何が楽しいの!」

<僕はただ、みんなに動けるようになった『弟』を見てもらいたかっただけだよ!>

ワカメ「見てもらいたいだけ? 嘘つき! さっきから私達に攻撃してきてるじゃない!」

<それは違うって! 僕は『矢』を盗られたくないからそっちのヘンテコな頭のお兄さんと戦ってるだけで>

康一「あっ……」

仗助「あん? おれの頭が……なんだって?」

<ヘンテコな頭って言ったんだよ。まるでハンバーグみたいでおいしそうだなあ>



仗助「このヘアースタイルがサザエさんみてェだとォ?」ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ



康一「えええっ!?」

ワカメ「言ってないわ!」

カツオ「何でそこで姉さんが出てくるの!?」

45: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 04:01:55.45 ID:0yTVkswQ0
フネ「まったく、さっきから庭で大騒ぎして、何事です?」


仗助「覚悟はいいな、堀川ァ~~ッ!」

仗助「ドララララララララララララララララララララララララララララララララララッ!」

バキバキバキバキバキバキバキバキバキバキバキバキバキバキ!!


フネ「ひ、ひいいい……」バタリ

カツオ「ああ、母さん!」

<そんな闇雲に壁を壊したって無駄だよ!僕は壁の中ならどこにでも移動できるんだから!>

康一「仗助くん、堀川の言う通りだ!壁がある限り、奴のスタンドはどこにでも逃げられる!」

康一「このままじゃ埒が明かないよ!」

46: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 04:03:26.87 ID:0yTVkswQ0
仗助「その通りだぜ、康一。堀川のスタンドは『壁がある限り、どこにでも逃げられる』」

仗助「てェことはよォ。『壁が全部無くなっちまえば、もう逃げ場はねえ』ってことだよなあッ!」

康一「……あっ!」

仗助「ここが平屋建てで助かったぜ。磯野家の壁という壁を! ブチ壊し抜けるッ!!」

仗助「ドララララララララララララララララララララララララララララララララララララ
ララララララララララララララララララララララララララララララァ!!」

ガラガラガラガラガラガラガラガラッ

<え、ち、ちょっと待ってよ。壁が……う、うわああっ! ちょっと、ちょっと待ってよぉ~~!>

ジワァァ

カツオ「シミがっ!『ヘイキチ』が壁の表面に浮き上がってきた!」

康一「堀川の余裕は完全になくなっている! 『ヘイキチ』が表面をスライドするように逃げているから動きが一目瞭然だ!」

ワカメ「頑張って! 仗助お兄ちゃん!」

47: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 04:04:02.45 ID:0yTVkswQ0
<ワカメちゃん? ひ、ひどいよ。何でハンバーグお兄さんの方を応援するの?>

<ワカメちゃんだけは、僕の味方だと思ってたのに! ねえ、どうして? どうしてさッ!>

ワカメ「何で分からないよ! 堀川くんのことなんて、もう知らないっ!」

<ワ、ワカメちゃあん……>

バキィッ!

仗助「つかナントカのろけてる合間に追い詰めたぜ、堀川ァ」

康一「『ヘイキチ』がいる壁はもはや壁じゃあない! ただの小さな板切れだ」

カツオ「う、うちの塀が……粉々に」

<ひ、ひいいいっ!! や、やめて……殺さないでっ……!>

仗助「誰も殺すとは言ってねぇよ。だが、おれはこの髪型にいちゃもん付けた野郎は容赦しねえ」

仗助「今回はおしりペンペンで勘弁してやるからよォ~~。大人しくそっから出てこいよォ~~堀川ッ」コキッコキッ

48: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 04:04:45.61 ID:0yTVkswQ0
<い、嫌だよおおおっ! 怖いよ。誰か助けてよォッ!>

ワカメ「……」

康一「……」

<カツオ兄さん、助けてェ~~ッ!>

カツオ「……」

カツオ「堀川くん……ごめん」

<そんな……そんな……そんなあっ!>

ヘイキチ「うわああああああああああああああああああああああああああああッ!」グォォォンッ

カツオ「なッ!?」

ワカメ「お兄ちゃん、危ない!」

康一「『ヘイキチ』の腕が伸びた! カツオくんを中に引きずり込むつもりだッ!」

仗助「往生際が悪すぎるぜ……堀川ッ!」ギュォオオ


バクリィッ

49: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 04:05:30.50 ID:0yTVkswQ0
カツオ「!?」

ワカメ「!?」

カツオ「な、なんだなんだ……?」

ワカメ「堀川くんが……消えちゃった?」

康一「仗助くん。これは、この果物の形をしたものは……スタンド……だよね?」

仗助「どーやら、『新手のスタンド使い』が誕生しちまったようだな」

仗助「グレートだぜ、こいつァ……」


パカァッ


タマ「ニャー」

50: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 04:06:23.46 ID:0yTVkswQ0
『矢』に貫かれたことでスタンド能力を発現したタマは、
飼い主を危険から守りたい一心で『敵』にスタンド攻撃をしかけた

大きな枇杷の形をした彼のスタンドは真ん中からパカッと割れて、
『ヘイキチ』を本体の堀川ともども丸ごと飲み込んでしまった

飲み込まれた堀川がどこに行ってしまったのかは誰にもわからない
誰もネコの言葉を理解することはできないのだから

51: >>1 2016/05/03(火) 04:11:08.12 ID:0yTVkswQ0
ぶっちゃけると4部はアニメしか見てないんでいろいろおかしかったらすいません。

てかもともとタイトルオチのつもりだったんですが、
堀川くんならジョジョ世界にいても違和感ないなあとか思ったら何となくこんなの書いてしまいました

52: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 04:25:43.31 ID:wQ+/LBWp0
>>51
堀川くんのサイコパス感に違和感が一つもなかったぜwwwグレートw
乙乙!

53: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 05:49:11.35 ID:IRd8nooi0
サザエさんにこんな狂気のキャラがいたとは……

乙でした。

54: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 07:34:35.32 ID:1aUNmpWAO
タマのスタンドww

55: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 07:38:41.02 ID:Iq6hfwgVO
スレタイが卑怯過ぎるw
そして内容も面白すぎるww

56: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 09:25:55.46 ID:h09vQFgsO
ここまで狂気じみているのに全然違和感ないのもすごいなww

59: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 10:53:46.21 ID:JBZbR535O
サザエさんの登場がw
ジョジョ立ちしてんのかな

63: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 15:48:25.69 ID:5OlIIlzqo
タマつえぇええww
しかしサザエさんにこんなサイコなキャラいるのか?
と思って調べたら、ガチじゃねえか…

65: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 15:55:43.52 ID:h09vQFgsO
気になってググったらマジでサイコパスじゃん堀川
ヘイキチもマジだったとは

66: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 16:21:45.39 ID:UgSkmf210
無条件で相手を何処かに消すスタンド…
こいつぁグレートにマジヤバイスタンドだぜ

67: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/03(火) 16:57:02.34 ID:ptDB68hA0
タマこえー

68: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/04(水) 00:05:18.84 ID:OapijN8I0

オチOPのあれかよwwww

69: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/05/04(水) 16:34:59.75 ID:YoKiCpS2o
康一くんが全くエコーズ出さないからなんか変だと思ったら、アニメしか見てないのか
だが乙、なかなか面白かった


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1462111031/