1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 22:18:18.29 ID:0vpmpR4bo
P「Hなこと? 具体的にはどういうことなのかな」

晶葉「その質問はセクハラみたいなものじゃないか」

P「いやいやいやいや、純粋無垢な疑問ですよぉ。ねぇ博士ぇ」

晶葉「……そういえば先日着替えているときに気付いたのだが」

ロボ「ピキュン」ドコォ

P「あいたぁ!」

晶葉「まだ本題に入っていないぞ」

P「おい、このロボ結構痛いぞ!」

晶葉「ウサちゃんロボを改造してみたのだがこれだとスネしか殴らないな」

P「リーチ不足だな」

池袋晶葉
AKIHA_IKEBUKURO_003AKIHA_IKEBUKURO_004

2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 22:19:37.28 ID:0vpmpR4bo
晶葉「まぁいいか。それでみくと一緒に着替えていたんだ」

ロボ「ピキュン」ドコォ

P「いてぇ!」

晶葉「まだ本題に入っていないぞ」

P「俺のスネが死ぬぞ、これ」

晶葉「仕方ない。しばし待て」

P「ん、どうした。力の調整……っ!」

ロボ「ピキュン」ドコォ

P「ファック!!」

晶葉「一人で何やっているんだ」

P「お前スカート履いてるのに四つんばいになって俺にケツ向けるな!」

晶葉「……ああ、そうだな」ニヤリ

P「おい、なんだその顔は」

晶葉「……チラリ」ヒョイ

ロボ「ピキュン」ドコォ

P「クソガァ!!」

晶葉「なんだ、助手は私のパンツに欲情してるのか」

P「スカートをつまみ上げるとか卑怯だと思うんだよね」

3: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 22:20:48.74 ID:0vpmpR4bo
晶葉「まぁいい。えーっと確かこの辺に……」

ロボ「ピキュン」ドコォ

P「話進まねぇ!!」

晶葉「目を瞑ってればいいだろう。お、見つけたぞ」

P「なんだそれ……ハリセンか?」

晶葉「ああ、以前とあるアイドルから譲り受けてな。
   えーっとロボの手をこうしてここをこういう風にして……」ガチャガチャ

P「ああ、なるほど。殴るんじゃなくてハリセンで叩くようにするのか」

晶葉「うむ。こちらのほうが幾分か楽、かもしれんだろう」

P「楽……なのか?」

4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 22:21:50.06 ID:0vpmpR4bo
晶葉「さっきの話の続きだけどな。みくの下着をその時見たんだ」

ロボ「ピキュン」スパン

P「ヘケェ!!」

晶葉「そうしたらパンツにな」

ロボ「ピキュン」スパン

P「おほぉ!」

晶葉「猫のワンポイントがあった」

ロボ「ピキュン」スパン

P「ミキャア!!」

晶葉「本当に話が進まないな」

P「晶葉、これを壊そう」

晶葉「だめだ。助手は少し性格を矯正されるべきだ」

P「お前は俺に[ピーーー]と申すか」

晶葉「一日考えなければいいだけじゃないか。むしろ普段からそんなに
   いかがわしいことを考えていたのか」

P「だってさ、こんな女ばかりの職場だよ? しかも若くて可愛い子ばかりだよ?
 考えるな、なんて酷な話じゃありませんか」

晶葉「ならアイドルに手を出す前に治すまでだな」

P「ふえぇ……」

5: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 22:22:34.76 ID:0vpmpR4bo
ガチャ

みく「おっはよー!!」

晶葉「ああ、おはよう。みく」

P「おう、みく。今日も元気だな」

ロボ「ピキュン」スパン

みく「にゃ? そのロボはどうしたの?」

晶葉「ああ、助手の性格を矯正しようと思ってな」

みく「Pチャンの性格を? でも暴力はよくないと思うにゃ!」

P「おお……みく……あなたは天使だ……」

みく「Pチャン大丈夫? さっき叩かれたのはここかにゃ」ナデナデ

ロボ「ピキュン」スパン

P「前かがみぃ!!」

みく「あぶなっ! ちょっと! 晶葉チャン!」

晶葉「みく。そのロボは助手のある思考に反応して動いているんだ」

みく「思考?」

晶葉「そうだ。それもエロイ思考だ」

みく「エロ……」

晶葉「今日はずいぶんと胸元が開いてる服を着てるな。寒いのに」

みく「おしゃれに我慢は必要にゃ!」

晶葉「さっき助手のスネを撫でるのに前かがみになっただろう」

みく「……!」バッ


前川みく
MIKU_MAEKAWA_007MIKU_MAEKAWA_008


6: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 22:23:33.52 ID:0vpmpR4bo
P「ち、違うんだ! みく!」

みく「何が違うにゃ……!」

P「男という生き物は仕方ないんだ。許してくれ……」

みく「でも……」

P「大丈夫だ。もう俺はみくでエロイ妄想なんてしない」

みく「……本当に?」

P「ああ……みく、結婚しよう」

みく「Pチャン……」

P「みく……」ギュ

ロボ「ピキュン」スパン

P「ケツ!!」

晶葉「まぁみくが居たからスネ叩けないしな」

P「いてて……あ、あれ、なんでみくそんなに遠いの?」

みく「幻滅しました。Pさんのアイドル辞めます」

P「」

晶葉「今のは効いたようだな」

みく「ふん、Pチャンなんてしーらない!」

7: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 22:24:07.66 ID:0vpmpR4bo
晶葉「ほら、みくも行ってしまったぞ」

P「晶葉。安楽死できる装置を作ってくれ」

晶葉「だめだ」

P「ロボトミーしよう。俺の脳みそを削ろう」

晶葉「自暴自棄になるな」

P「なんで俺は男に生まれたんだ……! 女に生まれたかった」

晶葉「諦めろ。大丈夫だ。このロボが居ればきっと助手の煩悩も消える」

P「晶葉……」

晶葉「頑張るんだ。助手」

P「ああ!!」

晶葉(チョロい。これで実験が進む)

8: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 22:24:54.62 ID:0vpmpR4bo
ガチャ

ライラ「おはようさんですよー」

晶葉「おはよう、ライラ」

P「おはよう」

ライラ「んー?」

晶葉「どうしたんだ?」

ライラ「プロデューサー殿……落ち込んでるのでございますか?」

P「……ああ、みくに嫌われちゃってな」

ライラ「それはよくないですよ。仲良しが一番でございます」

P「そうだな。俺、みくに謝らないと」

ライラ「ではプロデューサー殿に仲直り出来る素晴しい方法を教えますです」

P「本当かっ!」

ライラ「ずばり、同じアイスを食べるのですよ」

P「……ん?」

ライラ「ライラさん、勉強したのですよ。同じ入れ物で食べるとよい、でございますよ」


ライラ
LAYLA_005LAYLA_006

9: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 22:25:41.18 ID:0vpmpR4bo
晶葉「……ああ、同じ釜の飯を食うか」

P「ああ、なるほど……」

ライラ「わたくし間違えましたですか?」

晶葉「そうだな。丁度この辺に辞書があったはずだし勉強するか」

ライラ「よろしくでございます」

P「じゃあ俺はあっちに行くか」

ロボ「」テクテク

P「お前は来なくていいぞ」

ロボ「」ジー

P「……自動追尾タイプか。諦めよう」

ロボ「」テクテク

P「どっこらしょっと。はー、ソファーがこんなに楽だなんて」

P「しかしちゃんと叩く場所も変えてくるんだな」

P「スネに何か巻けばいいかと思ったがこれじゃあダメだな」

10: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 22:26:37.75 ID:0vpmpR4bo
ガチャ

ありす「おはようございます」

P「ああ、おはよう」

ありす「どうしたんですか。そのロボ」

P「晶葉製の俺の性格矯正ロボだ」

ありす「性格矯正? なんだか大変そうですね」

P「本当だよ……」

ありす「……」キョロキョロ

P「どうしたんだ?」

ありす「誰も……見てないですね」テクテク

P「まぁ見て無いな、っと」

ありす「えへへ。Pさん独り占めできます……」スリスリ

P(ありすが俺と対面になるように膝の上に座り、スリスリしてきた)

ロボ「ピキュン」スパン

P「ですよね!!」

ありす「ど、どうしたんですか」

P「いや、そのロボは……」

P(待てよ。ここでもしも事実を喋ったら離れていくんじゃないか?)

P「……ア、アイドルと過剰なスキンシップを取ると叩くんだ」

ありす「過剰なスキンシップですか」


橘ありす
tumblr_njs0rxAhB71svcurio1_1280tumblr_njs0soQ0JS1svcurio1_1280

12: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 22:27:24.15 ID:0vpmpR4bo
P「ああ、今この状態みたいに俺とありすが対面に座ってるのはダメということだ」

ありす「……そうですか。じゃあ普通に膝の上に座りますね」

P「あ、ああ。そうだな」

P(ありすの頭が目の前にある。ああ、なんだろう。この芳しい香りは)

ロボ「ピキュン」スパン

P「ニホヒ!!」

ありす「これでもダメなんですか……。でもおかしいですよね」

P「何がだ?」

ありす「過剰なスキンシップをしてるのは私じゃないですか。
    Pさんは何もしていません。叩かれるとしたら私のはずです」

P「それは行為を受け入れたから処罰の対象になっているだけだ」

ありす「何を基準にそう判断するんですか」

P「それは俺の思考だろう」

ありす「そ、それはつまりPさんが私の好意を受け入れていると」

P「ん? なんか字が違わなかったか」

ありす「えへへ……Pさん待っててくれるんですね」

P「飛躍しすぎじゃないですかねぇ」

雪美「ダメ……」

P「うぉっ!?」

ありす「きゃっ!?」


佐城雪美
YUKIMI_SAJO_005YUKIMI_SAJO_006


13: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 22:28:11.93 ID:0vpmpR4bo
雪美「Pは……私と繋がるから」ギュッ

ロボ「ピキュン」スパン

P「あたぁ!! というかいつの間に俺達の傍にいたんだ」

雪美「いつも魂は……一緒」

ありす「だめですよ。Pさんは私とい……一緒になるんです!」ギュッ

ロボ「ピキュン」スパン

P「メメタァ!!」

雪美「私と……」ギュッ

ありす「私です!」ギュッ

ロボ「ピキュン」スパン

P「いでぇ!! と、とりあえず離れるんだ。俺が死んでしまう」

雪美「うー……」

ありす「仕方ないですね」

P「いいか、そんなことで喧嘩するな」

ありす「大切なことです」

雪美「うん……」

P「せめて今日以外でやれ。いいか、今日以外だ」

14: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 22:29:12.20 ID:0vpmpR4bo
ガチャ

雫「おはよーございますー」

P「おう、おはよう」

ロボ「ピキュン」スパン

雫「どうしたんですかー? 二人見合ってますしPさん叩かれてるしー」

P「色々とあってな。うん」

雫「そうですかー」

P「よし! 仕事しよう仕事! あまり遊んでるとちひろさんに殺されるからな!」

雫「あー、そういえばですねーPさん」

P「ん?」

雫「新しい服買ったんですけどどうですかー?」

P「え、お、おう。似合ってるんじゃないか?」

雫「なんかそっぽ向いてませんかー?」

P「見てるよ。大丈夫、見てる」

雫「もぉー……えいっ」ギュッ

ロボ「ピキュン」スパン

P「あべしっ!! ああ、もうなんで今日に限ってみんなスキンシップ激しいかなぁ!?」

雫「あっ、すみませんでした……イヤでしたかー……」シュン

P「あ、違うんだよ。雫。そうじゃないんだ。俺はイヤじゃないぞ」

ロボ「ピキュン」スパン

雫「そうですかー! よかったですー!」ニコ

ロボ「ピキュン」スパン


及川雫
SHIZUKU_OIKAWA_009SHIZUKU_OIKAWA_010

15: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 22:31:07.17 ID:0vpmpR4bo
P「あのな。ちょっと今日はこのロボがな。いるからな」

雫「可愛いロボですねー。どうしたんですかー? よしよしー」ナデナデ

ロボ「ピキュン」スパン

雫「わわっ、いたっ。突然動いたから尻モチついちゃいましたよー」

P「ああ、今日は珍しくスカートなんだね……」

ロボ「ピキュン」スパン

雫「あっ! ……もぉーみないでくださいー」

ロボ「ピキュン」スパン

P「ははっ、ごめんな」

ロボ「ピキュン」スパン

ありす「あのPさん。さっきから意味のなく叩かれている気がしますけど」

雫「そうですねー。さっきからばしばし叩かれてますよー。よっこいしょっと」

ロボ「ピキュン」スパン

雪美「痛そう……」

P「ははは……雫。スカートも似合ってるぞ」

ロボ「ピキュン」スパン

雫「そ、そうですかー。ありがとうございますー。
  あのPさん大丈夫ですかー?」

P「ああ、もうダメだ。雫、ちょっとあっち側に行くんだ」

雫「え、わかりましたー」

P「雪美とありすをちゃんと守ってくれ」

雫「よくわかりませんが頑張りますー」

P「ああ、頼んだよ……」

P「ふぅ……」

16: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 22:32:12.36 ID:0vpmpR4bo
「アアアアアアアアアアァァァァァァ!!!!」
プロデューサーの放った声。それは聞くもの全てにある感情を彷彿とさせた。
それは怒りという感情だ。
事務所全体が震えるような長い咆哮が終わり、再び静寂が戻る。
叫び終えたプロデューサーは目の前にロボをにらんだ。

「ありすとは対面座位で恥らう顔を見ながらヤリたいものだな」
「ピキュン」

静かに呟かれた言葉。そして彼の脳内を渦巻く今までにない確かなビジョンは
ロボを起動させるのに十二分なものであった。聞き慣れてしまった起動音と共
にキャタピラのついた短い足を使って高速接近するロボ。その右手に持つハリセン
から繰り出される一撃でプロデューサーの右足のお仕置きをする、はずだった。

「シャラァッ!!」

今までになかった気合の声。そして右足の動き。ロボからすればただ右足が避けた
だけなら左足を叩けばいい。その程度の話のはずだった。だが後ろに引かれた右足
は左足を叩くべく位置を調整したロボの胴体を高く、蹴り飛ばした。
カウンターである。

プロデューサーは考えていた。確かに相手は鉄の塊かもしれない。だが本来の用途、
つまりウサちゃんロボの役割は団子を配るかバックダンサーなのだ。そのような行
動をするには本体の重量を落とさなければいけないはず。その上晶葉も普通に持っ
ていた。この事から『ロボの装甲は薄い』。そう結論付けたのだ。

ロボは勢いよく壁に叩きつけられて床に落下した。やったか。プロデューサーは思
わずそんな言葉を零す。

17: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 22:33:20.35 ID:0vpmpR4bo
だがこれには誤算があった。それはプロデューサーの右足である。
度重なる攻撃により右足は既にかなりのダメージを負っていた。この痛みが彼の意識
に反して自己防衛の本能が力を緩めてしまったのだ。

結果としてそれは――彼にとって最初にして最大、そして最後のチャンスを逃すことになった。
多少ぎこちない動きではあるが自ら立ち上がるロボ。
無意識にファイティングポーズを取るプロデューサー。そして。

「雪美のすべすべの股間に顔をつけてずっと舐めまわしたい。出てくる液は全て飲みたい」
「キュピン」

さきほどの一撃で正面が大きくへこんでいるロボ。しかしプロデューサーの言葉が
ロボの生きる意義を働かせる。再び接近するロボ。先ほどの攻防がプロデューサー
の頭を過ぎる。そしてにやりと笑った。

右足狙いのコース。右足を後ろに下げる。ロボの狙いが左足になる。
まるでリプレイを見ているかのような光景。そしてプロデューサーの右足が動いた。

その時、ロボの動きが変わった。既に蹴りの体勢に入っていたプロデューサーには対応出来ない。
回転を加えた華麗な動き。アイドルのステップ。バックダンサーであったが故の回避行動。
これにより生まれた大きなスキを当然ロボは見逃さなかった。振り上げられたその一撃は
左足ではなく最も効果的な場所、股間に加えられた。

右足の比でない痛みがプロデューサーを襲う。思わず両手で股間を押さえ、膝から崩れ落ちる
ように体勢を崩す。だがロボの攻撃は終わっていない。空を切るように振り上げられたハリセンは
体勢を低くすることで下に移動したアゴをピンポイントで叩き上げた。そして浮いた顔に振り上げ
られたハリセンが更なる一撃を与えた。蝶の様に舞い、蜂のように刺す。まさしくその動きであった。

18: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 22:34:52.29 ID:0vpmpR4bo
ロボはそれ以上の攻撃を加えず、プロデューサーと素早く距離を取る。お仕置きが完了したから
というよりも反撃を回避するためのように見えた。だがその行為は意味をあまりなさない。
蹲っていたプロデューサーが顔だけを上げる。そこには綺麗なハリセンの跡がついていた。

「雫のおっぱいで俺の息子をしごいてもらいたい」
「キュピン」

例え反撃を恐れようとも罠を警戒しようともロボのうちにある存在意義を否定することは出来ない。
淫乱な妄想をしたら叩けというものには。

顔にめがけて接近するロボ。そこにプロデューサーの両手が伸びる。
彼が掴んだのはウサちゃんロボであるために着いている長い耳だった。
両耳を捕まれ逆さまになるロボ。キャタピラがむなしく動く。ハリセンで掴んでいる腕を叩くも
がっちりと捕まれた手からは逃れられない。

「俺達男ってのはよー……女やロボから見ればどうしようもない下劣な生き物かもしれない。
 だけど――」

ロボを持った手を大きく振りかぶる。

「エロい想像しない男なんて男じゃねぇんだよ!!」

激しい衝突音が鳴り、ロボが跳んでいく。プロデューサーは手に残っていた耳を床に落とした。
そして息を吸い込み、長く吐いた。ロボに背を向けて、勝利宣言の代わりに呟く。

「みくのおっぱいを触りながらバックから突きたい」
「キュピン」

驚きながら振り向くとそこにいたはずのロボがいない。代わりに足についていたキャタピラが
置いてあった。足を置いてどこにいったのか。その答えはすぐに飛んできた。

19: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 22:36:47.89 ID:0vpmpR4bo
「グッ」
奇妙な音と共に死角から飛んできたロボをどうにか防御する。ロボは飛び跳ねながら離れてい
く。なぜそのような改造がされていたのかはわからない。しかしロボの足と手に付いているの
は間違いなくバネだ。音の原因もバネだったのだろう。ロボは手足のバネを利用し、事務所内
を縦横無尽に跳ねまわり、死角から全身を使った体当たりで攻撃してきているのだ。

ロボは再び攻撃を仕掛けるべくバネの音を響かせながら事務所を動いている。しかしタネがわ
かれば対処のしようはあるのだ。音の違いを聞き取ればいい。

通常バネ移動で床や壁、天井に向かって移動するときは反動を控えめにするためにある程度力
を抑えて跳ぶはずだ。本体が甚大なダメージを受けている今ならなおさらだろう。だがプロデ
ューサーに攻撃する場合はそのような加減はいらない。壁よりも柔らかい事は間違いないのだ。
全力で跳んでくるはず。その場合、こちらに跳んでくる寸前に全力を出すためにタメが出来る。

連続して跳んでいても跳躍距離によって時間の差は発生する。それでも今のプロデューサーに
はその違いが理解出来た。ギリギリの戦闘がプロデューサーの中に眠っていた戦闘能力を引き
出したのだ。
一瞬の間。僅かに変わる跳ぶ音。

「じゃあな」

ロボがプロデューサーに突撃する瞬間。プロデューサーはロボに呟く。
ただロボのために。

「もしも男に転生したら……もっとエロイ話してやるよ」

プロデューサーの右ストレートが飛んできたロボに直撃する。ロボは地面にぶつかり一度大き
くはねた後、床を転がり停止した。

「複数人プレイってのもいいかもしれないな」

その言葉に聞き慣れた起動音は帰ってこない。
それは彼が勝利した証明であった。



その後、プロデューサーは逮捕され、事務所は解体された。

20: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 22:37:42.96 ID:0vpmpR4bo
以上。SS始め。

21: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 22:38:01.44 ID:uPaOVVieo
怒涛の展開で草生える

22: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 22:39:21.40 ID:O2o2C9fG0
突然の戦闘描写にワロタww

23: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 22:40:12.95 ID:9C+o6Pclo
濃厚な戦闘に草生える

26: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/16(木) 23:28:48.63 ID:G0MqyWxGo
おっつおっつ
なんかトランプタワーをちゃぶ台返しで豪快に崩したようなSSだったw

29: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/17(金) 00:43:30.17 ID:P98ecXo9o

急にバトル物にシフトしてワロタ

30: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/17(金) 08:13:19.88 ID:P8UatGOOO
これは草生えるwwww


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1389878298/