1: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 12:05:19.13 ID:gQe045//0





ゴポ・・・     プクプク・・・





春雨「・・・・・・」

春雨「・・・んぅ?」ムク

春雨「あれ・・・ここは・・・?」

春雨「私は何を・・・?」

春雨「?」

春雨「私・・・誰・・・?」

春雨「あれ? え?」

春雨「わからない」

春雨「・・・・・・」


harusamekai


2: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 12:05:55.62 ID:gQe045//0
春雨「」テクテク

春雨「(ここは海の中なのかしら?)」

春雨「(静かで・・・広い)」

春雨「(ちょっと冷たいし、寂しいところかも・・・)」

春雨「(海のニオイがする)」

春雨「あ、海草」

春雨「」ツンツン

春雨「・・・・・・」


3: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 12:06:41.68 ID:gQe045//0
春雨「(もう、どれくらい歩き続けたのかしら?)」

春雨「(すっかり辺りが暗くなってしまったわ)」

春雨「(どうしよう?)」

春雨「(疲れて頭が重い)」

春雨「(目も霞んできたわ)」

春雨「はぁ・・・」

春雨「・・・・・・」

春雨「・・・?」

春雨「光・・・?」

春雨「遠くの方に、何かあるわ」


4: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 12:07:16.95 ID:gQe045//0
春雨「大きな建物・・・」

春雨「ここは何なのかしら?」

春雨「でも、この形・・・」

春雨「見覚えがあるような・・・?」





??「ん? 貴女は・・・」





春雨「ひゃうっ!?」ビク

??「これは驚かして申し訳ございません」

??「私はこの深海鎮守府に住む」

??「空母ヲ級という者です」

ヲ級「以降、お見知りおきを」ペコ

春雨「え? あ、どうも・・・」


5: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 12:08:07.52 ID:gQe045//0
ヲ級「貴女も沈んで」

ヲ級「こちらに来たんですね?」

春雨「え? 沈んだ・・・?」

ヲ級「ん? 覚えてないのですか?」

春雨「はい・・・実はここがどこなのか」

春雨「自分が誰なのかもわからなくて・・・」

ヲ級「・・・そうですか」

ヲ級「(・・・・・・)」

ヲ級「・・・とりあえず、中へどうぞ」

ヲ級「ここは冷たくて寒いですから、中でお話ししましょう」

ヲ級「それと是非、泊まっていって下さい」

春雨「えっと・・・あの・・・」





春雨「ありがとうございます・・・」





6: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 12:08:55.85 ID:gQe045//0
春雨「・・・ここは鎮守府だって、先程言っていましたよね?」

ヲ級「はい」

ヲ級「ここは、沈んだ艦の部品を掻き集めて作られた建物です」

ヲ級「よく再現できていると思います」

ヲ級「ここには私以外にも」

ヲ級「多くの者がいますので」

ヲ級「どうぞ、気軽にお話をして下さい」

春雨「はい・・・あの」

春雨「先程から、その・・・沈んだとかって・・・?」

ヲ級「・・・・・・」

ヲ級「・・・いずれわかるときが来ます」

春雨「・・・?」


7: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 12:09:25.33 ID:gQe045//0
春雨「(鎮守府か・・・)」

春雨「(私は艦なのかな?)」

春雨「(それに、今は戦争でもしているのかな?)」

春雨「(やっぱり、わからないわ・・・)」

春雨「(・・・・・・)」

春雨「(・・・あ、さっきより気分が良くなってきた)」


8: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 12:10:39.95 ID:gQe045//0
ヲ級「ここにいれば」

ヲ級「どんな夢も叶います」

ヲ級「生きることの苦しみさえ」

ヲ級「消えます」

ヲ級「幻なんかではない」

ヲ級「素晴らしい場所です」

春雨「へ、へぇー・・・」


9: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 12:11:08.04 ID:gQe045//0
ヲ級「しかし、我々の存在と」

ヲ級「この場所を壊そうとする、敵がいます」

春雨「敵?」

ヲ級「はい。人間と、その人間に従う艦娘という存在です」

春雨「艦娘・・・」

ヲ級「愚行の限りを尽くし、綺麗な海を汚した」

ヲ級「なんとも自分勝手な生き物なのです」

ヲ級「この広い海を独占しようと」

ヲ級「艦娘なる兵器を用いて」

ヲ級「実効支配をしようとしています」


10: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 12:11:53.67 ID:gQe045//0
春雨「そんなことが・・・」

ヲ級「我々は自分たちの身を守るため」

ヲ級「そして、この場所を守るために」

ヲ級「日々、艦娘と戦争をしています」

ヲ級「人間は弱い生き物ですから」

ヲ級「艦娘を利用するのです」

ヲ級「彼女らは非常に手強い存在ですが」

ヲ級「我々も負けません」

春雨「・・・・・・」


11: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 12:12:30.47 ID:gQe045//0
ヲ級「さ、疲れたことでしょうし」

ヲ級「ゆっくり休んで下さい」

ヲ級「・・・あ、言い忘れていました」

ヲ級「ようこそ、深海鎮守府へ」

ヲ級「ここはとても素敵な場所」

ヲ級「お部屋はたくさんありますから」

ヲ級「どうぞ、お好きにお使いください」

春雨「な、何から何までありがとうございます・・・」

ヲ級「いえいえ、良いのですよ」


12: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 12:13:14.48 ID:gQe045//0
ヲ級「では、ごゆっくり」

春雨「」グゥー・・・

ヲ級「ん?」

春雨「///」

ヲ級「・・・・・・」

ヲ級「」クス

ヲ級「私としたことが、失礼いたしました」

ヲ級「お腹が空いていたのですね?」

ヲ級「少々お待ちください、至急料理を」

ヲ級「お部屋までお持ちいたしますので」

春雨「ほ、本当にすいません・・・///」

春雨「(は、恥ずかしい・・・///)」





ヲ級「・・・・・・」





13: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 12:13:47.38 ID:gQe045//0
春雨「(あれから数日が過ぎました)」

春雨「(あの晩に、命さえ危うかった私を)」

春雨「(ヲ級さんは助けてくれました)」

春雨「(寝床や食事まで用意してくれて)」

春雨「(本当に感謝しています)」

春雨「(しかし、行く宛てもない私には)」

春雨「(ここにお世話になるしかなかったのです)」

春雨「(それでもヲ級さんや、他の人達は)」

春雨「(私のことを、快く歓迎してくれました)」

春雨「(嬉しいな・・・何かお手伝いをしなければ)」


14: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 12:15:58.76 ID:gQe045//0
春雨「(こんなに優しい人達に酷いことをする)」

春雨「(人間と艦娘)」

春雨「(絶対に許されない)」

春雨「(是非、私にも戦わせて下さいと言うと)」

春雨「(ヲ級さんは涙を流して喜んでくれた)」

春雨「(さぁ、頑張らなきゃ!)」

春雨「(もうこの頃になると)」

春雨「(私は誰なのか、どこで何をしていたかなど)」

春雨「(どうでも良くなっていた)」

春雨「(ここは楽しい、ユートピア)」

春雨「(私はここを、そして仲間を守るため)」

春雨「(戦うことにしました)」


15: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 12:16:40.44 ID:gQe045//0
春雨「(光り輝く、綺麗なネックレスをした娘)」

中間棲姫「ふふ・・・」

春雨「(洒落た服を着ている娘)」

離島棲鬼「うふふ・・・」

春雨「(みんな私のお友達)」

春雨「(みんなはダンスを踊って)」

北方棲姫「えへへ♪」

港湾棲姫「ふふっ♪」

春雨「(気持ちよく、汗を流す)」

春雨「(そこには、楽しさしかない)」

春雨「(他の余計なものは)」

春雨「(全て忘れていく)」


16: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 12:17:29.97 ID:gQe045//0
ヲ級「お酒は初めてですか?」

春雨「ふぁ、ふぁーい!///」~☀

ヲ級「ふふ、美味しいでしょう?」

ヲ級「おかわりはいくらでもありますから」

ヲ級「どんどん飲んで下さい」

春雨「あーい!///」~☀

ヲ級「ふふふ・・・」


17: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 12:18:31.90 ID:gQe045//0
ネ級「・・・よし、こんな感じかな」トントン

タ級「随分細かくするね」

ネ級「へへん! んで後はストローで・・・」スー・・・

ネ級「はぁーーーーーー・・・・・・」

タ級「」スー・・・

タ級「あぁーーーーー・・・・・・」

軽巡棲鬼「はい、貴女もどうぞ!」

春雨「は、はい!」

春雨「」スー・・・

春雨「は・・・あ・・・!」

春雨「(き、気持ち良い・・・!)」

春雨「(頭が溶けちゃう・・・!)」

春雨「は・・・ああぁぁー・・・あへぇぇ・・・!」トロォ

軽巡棲鬼「ふふふ・・・」


18: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 12:19:22.95 ID:gQe045//0
春雨「あっ・・・ヲ級さん・・・!///」ギシギシ

春雨「き、気持ち良いです・・・!///」ビクビク

ヲ級「私も・・・です・・・っ!///」ギシギシ

春雨「はぁ・・・はぁ・・・あぁっ!///」ゾワゾワ

ヲ級「ふぅ・・・うっ・・・イキそう・・・っ!///」ゾクゾク

春雨「あっ・・・あぁ! うんぅぅっ!?///」ビクンビクン

ヲ級「んんんっ!!///」ビクビク

春雨「はぁ・・・はぁ・・・///」グテ

ヲ級「はぁ・・・ふぅ・・・///」


19: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 12:20:08.74 ID:gQe045//0
春雨「(あぁ、幸せだわ)」

春雨「(ここは素敵な場所)」

春雨「(要望は何でも受け入れられる)」

春雨「(私はすっかりこの場所の虜)」

春雨「(そして)」

春雨「(今日は初めて出撃をしました)」

春雨「(月が綺麗な夜でした)」

春雨「(海はとても静かで)」

春雨「(波の音だけが、静かに聞こえました)」


20: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 12:20:38.95 ID:gQe045//0
春雨「(敵艦隊が来ました)」

春雨「(名前も知らない)」

春雨「(得体の知れない者達)」

春雨「(一体彼女らがどこで生まれ)」

春雨「(どんな場所で暮らし、育ったかも)」

春雨「(知る由もない)」

春雨「(私達と、随分と姿形が似ていましたが)」

春雨「(不思議と何の感情も持ちませんでした)」


21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 12:21:09.27 ID:gQe045//0
春雨「(動かなくなるまで)」

春雨「(海の底に沈むまで)」

春雨「(撃つ)」

春雨「(撃つ)」

春雨「(撃つ)」

春雨「(撃ち尽くす)」

春雨「(何も思わず)」

春雨「(ただ黙々と)」


24: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 12:49:29.34 ID:gQe045//0
春雨「(全てを焼き尽くし)」

春雨「(燃え盛る、真っ赤な炎を)」

春雨「(空高くへと舞い上がらせる)」

春雨「(真っ赤な液体が飛び散り)」

春雨「(私の顔を汚す)」

春雨「(これは血なのかしら?)」

春雨「(私の血は青い)」

春雨「(やはり、彼女らは私達とは違う存在)」


25: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 12:50:08.98 ID:gQe045//0
春雨「(どんなに泣き叫んでも)」

春雨「(逃げようとしても)」

春雨「(私はやめない)」

春雨「(命乞いをされたとしても)」

春雨「(私は答えない)」

春雨「(流れ出る真っ赤な血潮は)」

春雨「(誰にも止められない)」


26: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 12:50:49.19 ID:gQe045//0
春雨「(やりました)」

春雨「(私達は勝ちました)」

春雨「(みんなが勝利を祝っている)」

春雨「(私達に勝利を)」

春雨「(これは夢でもない)」

春雨「(確かな現実)」

春雨「(そして私は)」

春雨「(全てを受け止める)」


27: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 12:52:02.21 ID:gQe045//0
春雨「(私はキンキンに冷えたカクテルを飲みながら)」

春雨「(楽しんでいます)」

春雨「(先程の戦闘で生け捕りにした艦娘が)」

春雨「(みんなからリンチされているのを)」

春雨「(笑いながら、眺めていました)」

空母棲鬼「おらっ!」バキ

艦娘「うぐぅっ!?」

飛行場姫「もう一発ぅ!」ガッ

艦娘「うぇぇぇ・・・!」

空母水鬼「ふぅ・・・結構痛めつけましたね」

空母水鬼「最期はこれで楽しみましょうか!」シュリーン・・・

艦娘「ひぃぃっ!?」ビク

空母水鬼「どう? 殺ってみますか?」

春雨「え? 良いんですか?」

空母水鬼「えぇ、遠慮はなさらずに」ニコ

春雨「え、えへへ・・・」


28: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 12:52:45.77 ID:gQe045//0
春雨「・・・・・・」

艦娘「いやあぁぁぁ!! やめてぇぇぇぇ!!」

艦娘「誰か助けてぇぇぇ!!」

艦娘「提督ぅぅぅぅーーーっ!!!」ポロポロ

春雨「・・・?」





春雨「提督・・・・・・?」





29: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 12:53:26.45 ID:gQe045//0
提督『なんだこの戦績は!』

提督『この役立たずが!』

提督『兵器のくせに、まともに戦うこともできんのか!』

提督『この!』ドカ

提督『あぁ、イライラする!』

提督『・・・服を脱げ』

提督『上官命令だ! 今すぐ服を脱げ!』

提督『・・・へへ、兵器のくせに良い体は持っているな』

提督『お前なんか、これくらいでしか使えないゴミだ』

提督『ははは、その顔もそそるものがあるな』

提督『はははははっ!!』










春雨「・・・・・・」










30: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 12:54:11.53 ID:gQe045//0
提督『あ? 補給だと?』

提督『そんなものねぇよ』

提督『お前はただ戦っていれば良いんだよ』

提督『人間様のためにな』

提督『せめて入渠させてほしい?』

提督『うるせぇ!! とっとと出撃しろ!』

提督『てめぇにそんな時間なんかねぇよ!』

提督『とっとと行ってとっとと沈んで来い!』

提督『変わりはいくらでもいるんだからな!』

提督『はははははっ!!』










春雨「・・・・・・」










31: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 12:55:07.78 ID:gQe045//0
春雨「思い出したわ」

春雨「休むことも許されずに」

春雨「笑うことは止められて」

春雨「這いつくばって、必死にもがいて」

春雨「私は沈んだ」

春雨「何も残らなかった」

春雨「・・・・・・」

春雨「酷いな」

ハルサメ「憎いな」





駆逐棲姫「・・・・・・・・・」


74e425a666e723f6ecf3a2f9a3960d67869472d01416019943



32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 12:55:58.79 ID:gQe045//0
駆逐棲姫「・・・・・・」スタスタ





艦娘「いやあぁぁぁ! 来ないでぇぇぇ!!」





駆逐棲姫「」スッ










ザシュッ!!     ザクザクザク!!     グチャ!!     ビチャビチャビチャ・・・・・・










艦娘「」





駆逐棲姫「・・・・・・」ポタポタ

ヲ級「・・・・・・」





33: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 12:56:52.59 ID:gQe045//0
駆逐棲姫「(彼女の血が、また私の顔を汚す)」

駆逐棲姫「(先程まで、この艦娘は生きていた)」

駆逐棲姫「(私が殺しました)」

駆逐棲姫「(・・・・・・)」

駆逐棲姫「(・・・もしかしたら)」

駆逐棲姫「(あの司令官が優しい人であったなら)」

駆逐棲姫「(私はこんな道を辿らなかったかもしれない)」

駆逐棲姫「(でも良いの)」

駆逐棲姫「(私は今、幸せですから)」

駆逐棲姫「(ここは永遠の楽園)」

駆逐棲姫「(守るべき仲間がいる)」

駆逐棲姫「(大切な場所なのだから)」


34: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 12:57:31.32 ID:gQe045//0
駆逐棲姫「ヲ級さん、作戦報告書です」

ヲ級「ありがとうございます」

駆逐棲姫「この間の出撃は凄かったですね!」

ヲ級「はい、こちらの被害はほぼゼロでしたからね」

駆逐棲姫「あぁー、今日の出撃も楽しみです!」

ヲ級「ふふ、頼りにしていますよ?」


35: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 13:02:23.65 ID:gQe045//0
駆逐棲姫「(ふと鏡を見てみました)」

駆逐棲姫「(私が映っています)」

駆逐棲姫「(顔色も悪く、髪は色褪せている)」

駆逐棲姫「(私は白露型駆逐艦5番艦、春雨だった存在)」

駆逐棲姫「(元は艦娘でもあった)」

駆逐棲姫「(でも、今は違う)」

駆逐棲姫「(深海棲艦という、誇り高き戦士)」

駆逐棲姫「(・・・・・・)」

駆逐棲姫「(今日も私は艦娘を沈める)」

駆逐棲姫「(怒り、そして憎しみの感情をもって)」

駆逐棲姫「(ひたすら撃つ)」

駆逐棲姫「(いつかは敵の本拠地、鎮守府へ)」

駆逐棲姫「(指導者を殺め)」

駆逐棲姫「(市民を殺め)」

駆逐棲姫「(あのもの全てを焼き尽くし)」

駆逐棲姫「(支配する)」

駆逐棲姫「(私はもう)」





駆逐棲姫「(戻ることはできないのだから)」





――― 終 ―――



40: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/02/23(月) 15:30:53.00 ID:klB/y14bo

元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1424660718/