E382B4E382B9E383ADE383AAE9BB92E382BBE382A4E38390E383BC
1: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/19(金) 23:01:03 ID:TDLOfj72
衛宮邸
ライダー「シロウ、バイトに行ってきます」

凛「私もちょっと家に用事かあるから帰るわね」

士郎「ああ。行ってらっしゃい」

桜「せんぱぁい♪私もお夕飯の買い物に行ってきますね!」キャピ

士郎「悪い、桜。よろしく頼む」

2: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/19(金) 23:05:02 ID:0cYMWUPg
出だしから腹ペコ王が働いている…
まるで働き者みたいじゃないか

3: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/19(金) 23:07:32 ID:KxygYWo.
本来当たり前のことなのに、こんなにも違和感を生じさせるセイバーさんェ……

4: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/19(金) 23:08:34 ID:TDLOfj72
セイバー「それではシロウ。今日は私が家事の手伝いm

桜「セイバーさんは何もしなくていいですよ。いつも通り、この家の警護(笑)をしていて下さい」ニコ

セイバー「(流石サクラです。家の警護の重要さをよく理解している)」

セイバー「そうですね。それでは私は家の警g

桜「じゃあ、先輩!行ってきまーす!」

セイバー「・・・」

5: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/19(金) 23:16:41 ID:TDLOfj72
士郎「じゃセイバー、俺は洗濯してくるから居間でくつろいでいてくれ」

セイバー「はい。よろしくお願いします、シロウ」

セイバー「・・・」

セイバー「・・・シロウと二人きりです///」

セイバー「サクラにはああ言いましたが、たまにはシロウの手伝いをするのもよいのではないでしょうか」

セイバー「・・・ええ。マスターと力を合わせるのがサーヴァントとしての役目です。そうしましょう」ウンウン

ピーンポーン
オルタ「邪魔するぞ」ガララ

6: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/19(金) 23:21:16 ID:TDLOfj72
セイバー「な!オルタ!貴様、何をしに来た!」

オルタ「貴様には関係のない事だ。シロウはいるか?あと茶を出せ」

セイバー「くっ、ずうずうしい・・。シロウなら今洗濯の途中ですが・・」

士郎「なんだ、誰か来たのか・・・ってオルタじゃないか」

オルタ「シロウ。私は腹が減った。もてなせ」

7: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/19(金) 23:32:02 ID:TDLOfj72
士郎「腹が減ったって言ったって・・。さっき桜に買い物を頼んだばかりだからあまり大したものは作れないぞ?」

セイバー「!シロウ!こいつに情けをかける必要はありません!」

オルタ「黙れ。シロウ、残っているもので構わないから用意しろ」

士郎「うーん・・・でもなぁ」

オルタ「・・・・・・」ギロリ

士郎「ひい!?わかった、すぐに用意するよ!」

セイバー「シロウ!!!」

8: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/19(金) 23:37:17 ID:TDLOfj72
士郎「王!フライドポテトとウインナーの盛り合わせです!」

オルタ「うむ。もぐもぐ。・・・・美味!」キリ

士郎「ありがとうございます!」

オルタ「いいぞシロウ。私は空腹だ。もっと用意せよ」

士郎「ハィィィ!」

セイバー「ぐぬぬ」

9: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/19(金) 23:42:07 ID:TDLOfj72
セイバー「オルタ!もう十分だろう!それは私の食りょ、ではなく衛宮家の食料だ!」

オルタ「心得ている。衛宮家の食材であるなら私が食べるのも問題ない」もぐもぐ

セイバー「くっ、食べるのをやめろ!」

オルタ「・・・・・・」

オルタ「・・・・・・」もぐもぐ

セイバー「やめろ!」

10: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/19(金) 23:49:37 ID:TDLOfj72
セイバー「シロウもシロウです!オルタを甘やかすと衛宮家の食料はいくらあっても足りませんよ!」

士郎「はは・・・。オルタに頼まれるとカリスマオーラ的な何かにやられてつい・・」

セイバー「!それならば確実に私の方が出ているはずです!さぁシロウ、私にもごちそうを!」

士郎「ダメだ」

セイバー「何故です!」プンスカ

11: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/19(金) 23:54:38 ID:TDLOfj72
士郎「言ったろ。今はあまり食材がないからセイバーを満足させられるような料理は作れないんだ。・・・・ほら、セイバーにはいつも俺の手を抜いてない全力の料理を食べて欲しいからさ」ニコ

セイバー「シロウ・・・///」

オルタ「シロウは私の従僕だ。主君である私に従事する義務がある。よって私の要求に全力で応えなければならない。全力でだ。つまるところシロウ、もっと用意せよ」もぐもぐ

士郎「ハィィィ!」シュタッ

セイバー「シロウ!!!」

12: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/20(土) 00:02:37 ID:gdDqZyIY
セイバー「でしたら私にも考えがあります!私はシロウのサーヴァントです。この家の警護に勤しみ常に気を張り詰める身として、魔力の供給に手を抜いてはならないのです!」

セイバー「ですからシロウ、後で私にも豪華な食事を用意して下さい!」

オルタ「シロウ。お前の作ったハンバーガー、うまいぞ。もっと作れ」

シロウ「ハィィィ!」シュタッ

セイバー「シロウ!!!」

13: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/20(土) 00:11:16 ID:gdDqZyIY
オルタ「む。スナック菓子があるぞ。これも頂こう」パクパク

セイバー「!それはタイガが隠して取っておいたものです!」

オルタ「そうか。ならば構わないな。シロウが食べたことにでもしておけ」

セイバー「卑劣な!罪を擦り付けるような真似を!」パクパク

士郎「セイバー、お前も食べてるじゃないか・・・」

14: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/20(土) 00:18:31 ID:gdDqZyIY
セイバー「オルタばかり優遇されてずるいです」プクー

オルタ「セイバー。お前もシロウの作ったハンバーガーを食べればいい。とても美味だ。特別に1つやろう」

セイバー「な!い、いりません!」

オルタ「そうか。せっかくのシロウのハンバーガーをいらぬと言うか。もぐもぐ・・・うまい」

セイバー「!・・・・」

オルタ「さて、最後の1つだ。あーん」

セイバー「待て!それは私のハンバーガーだ!」バッ

15: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/20(土) 00:25:23 ID:gdDqZyIY
オルタ「む。欲しいのなら初めから言え」

セイバー「何を世迷言を!シロウの手料理はもとより全て私のものだ!」

オルタ「ふん・・・。む、シロウ。隠れるぞ」グイッ

士郎「ちょ、どうしたんだ・・・ってわわっ!」ズルズル

セイバー「?」

セイバー「まあよいでしょう。それではいただきす」アーン

ガラガラ
桜「せんぱぁい!ただいま戻りましたー♪」

16: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/20(土) 00:34:24 ID:gdDqZyIY
桜「!・・・・・・。セイバーさん、家の警護(笑)してるんじゃなかったんですか?先輩に甘やかしてもらってばっかりで羨ましいですぅ!・・・・・・ニートのくせに」ボソ

セイバー「ち、違うのですサクラ。これは・・・そう、オルタが!」オロオロ

桜「オルタなんていませんよ?嘘をついてまで先輩とイチャイチャしていたのを隠そうっていうんですね。いつも先輩によくしてもらってる癖にもっと甘えていたいっていうんですか?」

セイバー「そのような事は!・・・・・・なくは・・・ないですが///」

黒桜「・・・」イラッ

17: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/20(土) 00:46:41 ID:gdDqZyIY
ピーンポーン
ガラガラ
ギル「スェェェェイバーー!!我が遊びにきてやったぞ!さぁもてなせ!楽しませろ!嫁にくるのd

黒桜「うるさいです」ヤミヤミ

ギル「何故だぁぁーーーー!?」ズブズブ

黒桜「さぁ、セイバーさん?今後について語りましょう?」ニコ

セイバー「サクラ、落ち着いて下さい!」

黒桜「うふふふ。私がいない間に泥棒猫になろうったってそうはいきませんよ・・・!」ズズ



ライダー「サクラ、その辺りでやめておいて下さい」

18: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/20(土) 00:52:13 ID:gdDqZyIY
ライダー「サクラのいつもの・・・ではなく黒桜モードを感知したので急いで戻って来ました」

セイバー「訂正できていませんよ、ライダー」

黒桜「!・・・・・邪魔するの?ライダー」ゴゴゴ

ライダー「いえ、ですがサクラ。セイバーも誤解と言っていますし、それに・・・・・・シロウも大人しく可憐で儚げな美少女である方が好んでいると思いますよ?」

黒桜「!」

黒桜「・・・・・・・・・・・」

桜「・・・・・・」シュー

セイバー「(流石ライダーですね。手慣れています)」

19: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/20(土) 01:01:22 ID:gdDqZyIY
桜「セイバーさん、ごめんなさい。私ったら!」エヘヘ

セイバー「いえ、誤解が解けたようでなによりです」

セイバー「すまない、ライダー。助かりました」コソ

ライダー「いえ。・・・では私はバイトに戻りますね」クス

桜「あれ、ところで先輩はどこに・・・?」

ガラガラ
藤ねえ「たっだいまーーー!冬木の美人女教師、藤村大河のお帰りだー!」

藤ねえ「さーて、取っておいたお菓子でも食べよっかなー!」

セイバー「(あ、まずい)」

20: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/20(土) 01:07:40 ID:gdDqZyIY



オルタ「ふう。ここまで来れば見つからないだろう。・・・・む?」

士郎「」チーン

オルタ「ふむ。強く引きずり過ぎたようだ。起きろシロウ」パシンパシン

士郎「・・・ぐっ。ここは・・・?」

オルタ「新都だ」

士郎「なんでさ!?俺さっきまで自分の家にいたよな!?」

オルタ「私がここまで引きずってきた」

士郎「どんだけ長距離引きずられてんだ俺・・・」

21: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/20(土) 01:16:25 ID:gdDqZyIY
オルタ「サクラにお前といるところを見られると面倒が起きる」

士郎「?面倒って・・・いや、それよりもだからって俺まで連れて逃げる必要はなかったんじゃないのか?」

オルタ「む。確かにそうだ。私は何故お前を連れてきたんだ?」

士郎「こっちが聞きたいよ・・・。あ、今度うちに来るときは前もって言っててくれよな?」

オルタ「善処する」

22: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/20(土) 01:21:17 ID:gdDqZyIY
士郎「・・・・・ははっ」

オルタ「なんだ。何故笑う」

士郎「え?いや、悪い。飯食ってる時のオルタを思い出してさ。セイバーじゃないけどすげぇうまそうに食べるからさ、なんか可愛くみえて」

オルタ「・・・・・」

オルタ「・・・・///」ゲシ

士郎「あいて!」

23: 以下、名無しが深夜にお送りします 2016/02/20(土) 01:30:36 ID:gdDqZyIY
衛宮邸
士郎「ただいまー」ガラガラ

桜「先輩!セイバーさんだけではなく私も甘えさせてください!」ズイッ

士郎「うえっ!?」

セイバー「シロウ!食材がある今なら私にもご馳走を食べる権利があるはずです!さぁ!」

士郎「ちょっ!?」

藤ねえ「し~~~~ろ~~~~う~~~~?私の隠してたお菓子、勝手に食べたってセイバーちゃんが言ってたわよー!!!!!」ガオー

士郎「藤ねえそりゃ誤解だ!!食べたのはセイバー達d

藤ねえ「ええい、言い訳無用!とりゃーー!タイガー乱舞ー!!」バシーン

士郎「なんでさーーーーー!?」

おわり


元スレ:http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1455890463/