1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:11droKCF0
響「え? そう?」

春香『そうだよ。今もどうせ家でゴロゴロしてるんでしょ?』

響「それはそうだけど……。でも『家に居ても暇だから』っていう理由で突然電話掛けてくる春香に言われたくないぞ」

春香『ふふふ……私が今も家に居ると思う? 響ちゃん』

響「えっ」

ピンポーン

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:11droKCF0
響「…………」

春香『…………』

ピンポーン

響「…………」トタトタ

ガチャッ

春香「はいさーい」

響「うーん……この展開は予想してなかったぞ」

春香「常に相手の予想の斜め上をいく春香さんだからね。お邪魔しまーす」

響「うん自分まだ何の承諾もしてないんだけどねでもまあもう言うだけ無駄だよね」

春香「あー涼しい! 生き返りますなァ」

響「春香はホント自由だよね」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:11droKCF0
春香「ぷはーっ。オレンジジュースおいしい!」

響「それは何よりだぞ」

春香「暑い夏は冷房の効いた部屋と冷たいジュースとかわいい響ちゃんに限りますなぁ」

響「そういう発言は正直リアクションに困るぞ……」

春香「え? 照れてるの響ちゃん? かーわーいーいー」

響「……もうなんかいちいちツッコまなくてもいいかな……」

7: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:11droKCF0
春香「そうだ千早ちゃんも呼ぼう」ポパピプペ

響「え、いや春香、ここ自分の家だから一応自分に一言」

春香「はいさーい千早ちゃん? あのね今響ちゃんの家に……え? もう向かってる? うん分かったーじゃあ後でね」ピッ

春香「もうすぐ着くってさ」

響「いやおかしいでしょ!」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:11droKCF0
春香「え? 何が?」

響「何で当然のように千早までうちに向かってるの!?」

春香「いやそれは私に聞かれても」

響「こんなの絶対おかしいぞ……」

ピンポーン

春香「あ、千早ちゃんだ」

響「早いよね!?」

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:11droKCF0
春香「はいさい!」ガチャッ

千早「はいさい春香。偶然ね」

春香「うんすごい偶然だね、千早ちゃん!」

響「…………」

千早「ああ、涼しい……生き返るようだわ」

春香「まあまあゆっくりしていってよ」

響「……うんまあもうこれ以上ツッコむのは野暮だよね。自分ちゃんと分かってるぞ」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:11droKCF0
千早「あら我那覇さん。こんなところで出会うなんて奇遇ね」

響「うんそうだな、奇遇だな」

春香「何言ってるの響ちゃん? ここは響ちゃんの家なんだから響ちゃんがいるのは当たり前じゃない」

千早「春香の言う通りだわ。我那覇さん、暑さで頭やられたりしてないわよね?」

響「千早もオレンジジュースでいいかな」

12: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:U7WBezg+0
水でいいよ水で

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:LZdDElkR0
響ちゃんめんどくさい子の扱い上手いよ響ちゃん

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:TE2pcYX4P
千早には牛乳

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:11droKCF0
千早「……ごくっ……ごくっ……んっ……ふぅ……」

響「……一応聞くけど、千早っていつもそんな飲み方だっけ?」

春香「あれ? そういえばいぬ美達は?」

響「ん? ああ……皆は今帰省中だぞ。お盆だし」

春香「そっかー、お盆だもんね」

千早「我那覇さんは帰省しないの?」

響「んー……自分はまあ、帰りたい気持ちもあるけど、やっぱりトップアイドルになるまでは帰らないって決めてるし……」

千早「我那覇さん、ジュースのおかわりもらえるかしら」

響「自分、千早のそういうとこ好きだぞ」

20: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:11droKCF0
千早「でも大変ね。トップアイドルになるまで一人で頑張るっていうのは……」

響「んー、まあでも、765プロの皆と一緒だし、家に帰れば大好きな家族達がいるし……寂しさとかは全然無いさー」

千早「我那覇さん」

響「え? 何だ千早。急に真面目な顔して……」

千早「『765プロの皆』の前に『大好きな』が抜けているわ」

響「ああうんごめんね。皆大好きさー」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:11droKCF0
春香「やだもう響ちゃんったら……私のこと大好きだって……」

響「春香も春香で今日はいつも以上だな」

千早「でも私も我那覇さんのこと好きよ」

響「え? ああ、うん……ありがとう」

千早「…………」

響「…………」

千早「でも私も我那覇さんのこと好きよ」

響「二回言われても千早が期待しているようなことは自分絶対言わないぞ」

24: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:11droKCF0
春香「じゃあ千早ちゃん、今日は響ちゃんで何やって遊ぼうか!」

千早「そうねぇ……久しぶりに『我那覇さんを褒めちぎる大会』とかどうかしら」

春香「あーあれか。前回は確か千早ちゃんが1345ガナハで優勝したんだよね」

千早「そうそう」

響「まあ一応言っておくけどそんな大会聞いたこともされたこともないからね? 後そもそも春香の提案の前提おかしいからね?」

春香「じゃあ久しぶりにやってみようか! リベンジですよ、リベンジ!」

千早「ふふっ……負けないわよ、春香」

響「自分なんか疲れてきたからお昼寝したいぞ」

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:11droKCF0
春香「先攻は私でいいかな?」

千早「ええ、いいわよ。進化した春香の腕前、とくと見せてもらうわ」

春香「ふふっ……ではお言葉に甘えて……響ちゃん?」

響「何だぞ」

春香「響ちゃんって……結構インドア派だよね」

響「またその話?」

春香「いやいや、今日はそこを掘り下げてみようかなって」

響「掘り下げるも何も……」

春香「趣味が編み物!」

響「え、まあ……うん」

春香「かわいいっ!」

響「……自分はどう反応すればいいの」

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:11droKCF0
千早「ファーストガナハ! 天海春香、210ガナハ!」

響「えっ? 何?」

春香「210ガナハか……思ったより低かったな」

千早「もう少し我那覇さんの照れを引き出せていたら+30ガナハもありえたわ」

響「いや二人とも真顔で何言ってるの」

春香「まあまだ戦いはこれからだよ! 千早ちゃん!」

千早「ええ、見せてもらうわ……あなたのGLPを!」

春香「あっ。GLPっていうのはガナハ・ラブ・パワーの略で」

響「どうでもいいよ!」

31: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:11droKCF0
春香「でまあ、編み物が趣味の響ちゃんなわけだけど」

響「うん」

春香「ずばり! 好きな人に何か編んであげたりとかするのかな?」

響「えっ! じ、自分、そういうことはしないぞ!」

春香「えぇ~? 本当にぃ~?」

響「ほ、本当だもん! だ、大体自分、好きな人とかいないしっ……!」

千早「セカンドガナハ! 560ガナハ! アンド、赤面ボーナス200ガナハ!」

春香「やった!」

響「……もうおうちかえりたい」

32: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:11droKCF0
春香「次が最後の攻撃か……ここで600ガナハは取りたいところなんだけど」

響「まだやるのこれ……」

春香「ねぇ響ちゃん」」

響「何だぞ」

春香「響ちゃんって完璧だよね」

響「え、ま、まあ……そうかな」

春香「かわいいし料理できるし編み物できるしちっちゃいしかわいいしスポーツ得意だし明るいし八重歯だしかわいいしちっちゃいしホント完璧だよね」

響「……な、なんかいくつか腑に落ちない単語も聞こえたような気もするけど……ま、まあ、ありがとうだぞ」

春香「でもそんな私が特に強く推したい響ちゃんの完璧ポイントは」

響「?」

春香「ここ」ペロッ

響「うっひゃあ! は、春香!? ななな何いきなりシャツめくり上げてるのさ!」

春香「程よく引き締まったお腹……もとい、腹筋!」グイグイ

響「ちょっ……春香、めくらないで……って、千早は何で無言で写メ撮ってるのさ!?」

33: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:11droKCF0
春香「この健康的に鍛え上げられたしなやかな腹筋……たまりませんなあ」サワサワ

響「ひゃうっ! や、やめてよ春香ぁっ……」

千早「ラストガナハ! 520ガナハ! アンド、涙目ボーナス350ガナハ!」

春香「やった!」

千早「予想以上よ春香……まさか、ここまで鍛えてきていたなんて」

春香「ふふふ……今日この日までGLPを練りに練り上げてきたからね」

千早「これは私も本気にならざるをえないようね……」

響「ぐすん……もうお嫁にいけないぞ……」

36: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:11droKCF0
千早「では攻守交代……私のターンね」

響「うぅ……もういいじゃん……」

千早「我那覇さん」

響「? 何?」

千早「我那覇さんって、一見元気溌剌とした印象だけど、その実とても繊細よね」

響「えっ……そ、そうかな……」

千早「一言でいえば、寂しがり屋さん」

響「なっ……!」

春香「ファーストガナハ! 如月千早、240ガナハ!」

千早「よしっ」

春香「今のは一言で響ちゃんの動揺を誘った良い攻めだったよ、千早ちゃん」

響「もうなんなの……」

37: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:11droKCF0
千早「そう、我那覇さんはとても寂しがり屋さんなのよ」

響「……違うって言ってもどうせ聞いてくれないだろうから、もうそれでいいぞ……」

千早「夜は一人、枕に顔を埋めて泣いているの」

響「うんやっぱり強く否定するぞ」

千早「でもね、我那覇さん」

響「うん?」

千早「一人じゃない」

響「えっ」

千早「あなたは……一人じゃないのよ」ギュッ

響「ち、ちはや……?」

39: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:11droKCF0
春香「セカンドガナハ! 510ガナハ! アンド、ドキドキボーナス160ガナハ!」

響「ど……ドキドキボーナス?」

春香「不意に抱きつくことによって響ちゃんをドキドキさせたことによるボーナスガナハだよ」

響「なっ……じ、自分、ドキドキなんてっ……!」

千早「いいの」ギュッ

響「! ち、千早……」

千早「もういいのよ、我那覇さん。あなたはここにいていいの」

響「……え? 今ってそういう話だっけ?」

千早「強くて元気なあなただけじゃない。弱気で繊細で傷付きやすくて、寂しがり屋さんのあなたも……ここにいていいのよ」

響「千早……」

千早「私達は完璧じゃないかもしれない。でも完璧じゃないからこそ、お互いに足りないところを補え合える」

響「うん……」

千早「だからもっと私達を頼って。仲間なんだから」

響「ん……ありがとね、千早……」

41: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:11droKCF0
春香「ラストガナハ! 570ガナハ! アンド、感動ボーナス370ガナハ!」

千早「やったわ!」

春香「謎の感動ってやつだね……やられたよ、千早ちゃん」

千早「ええ、私自身もよく分からないけど感動的だったわ」

響「……なんかもう色々ぶち壊しだぞ……」

42: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:11droKCF0
春香「勝者判定……1840ガナハ対1850ガナハで、如月千早の勝ち!」

千早「ふぅ……薄氷の勝利だったわ」

春香「おめでとう、千早ちゃん。ナイスGLP!」ビッ

千早「春香こそ、素晴らしい攻めだったわ、ナイスGLP!」ビッ

響「……二人とも、笑顔でサムズアップしてるところ悪いんだけどさ、もう終わったんならそろそろ帰ってくれないかな……」

春香「そうだね、帰ろうか、千早ちゃん」

千早「ええそうね、長居してしまったし」

響「……えっ」

43: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:11droKCF0
春香「じゃあね響ちゃん、また明日、事務所で!」

千早「ではごきげんよう、我那覇さん」

響「え、あ、うん……バイバイ」

ガチャッ

響「…………」

響「……なんか随分あっさり帰ったな……」

響「…………」

響「……まあ、いいんだけどね」

響「…………」

44: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:NzP4IDT00
さすが扱いを心得てるな

45: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:11droKCF0
響「……ハム蔵も帰省中なんだよね……」

響「…………」ゴロリ

響「……自分のベッドって、こんなに広かったっけ……」

響「…………」

響「…………ぐすん」

46: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:LZdDElkR0
我那覇ラブ=GL=ガールズラブ……はっ!?

47: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:11droKCF0
響「! な、なんで自分、泣いて……」

 ♪♪♪~

響「! うわわわっ、だ、誰??」ピッ

響「は……はい。え? 春香?」

響「え? ドア開けて……? って、まさか!」ダダダッ

ガチャッ

春香「はいさーい!」

千早「はいさい」

響「……何やってんの」

春香「今夜は響ちゃん家で鍋パーティーですよ、鍋パーティー!」

千早「今、近くのスーパーで具材を買ってきたの」

春香「いや~買い過ぎて持ちきれなくって……あ、響ちゃん。ドアそのまま押さえといてもらえる?」

響「うんもうどうぞご自由にって感じだぞ……」

48: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:11droKCF0
春香「響ちゃん、台所借りるね?」

響「あ、自分もやるぞ」

春香「いーっていーって。響ちゃんは引き続きベッドで泣いてていいから」

響「な、何言ってんの春香!? じ、自分泣いてなんかないぞっ!」

春香「えー、でもさっき電話したとき、心なしか涙声だったような……」

響「な、ななないないない! ぜーったいない!!」

春香「本当に~? 私達が帰っちゃって寂しかったんじゃないの~?」

響「だ、だからそんなことないって言ってるでしょ! 大体なんで自分がそんなことで寂しがったりなんか……」

49: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:11droKCF0
千早「でも我那覇さん、枕に涙で濡れた跡があるけど?」

響「えっ!? う、ウソでしょ!?」

千早「うん、ウソ」

響「…………」

千早「てへぺろ」

響「う……うわーん! 千早のいじわるーっ!!」

春香「ファーストガナハ! 如月千早、420ガナハ! アンド、涙目ボーナス320ガナハ!」

響「うわああん! 春香のばかあーっ!」








50: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:NzP4IDT00
やっぱり響は完璧だな!

53: 忍法帖【Lv=27,xxxPT】(1+0:15) ID:QsCf3pC4O
周りが自由すぎる

55: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:hZ+qELd2P
ほほえましい

57: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:uVms3MU+0
おつ
和んだ

58: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:5L+u+sul0
響可愛すぎぃ

35: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします ID:oV680ud6P

no titleno title


元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1375596168/