2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 10:41:43.91 ID:1qzPjW2f0

モバP「俺はとあるプロダクションのプロデューサー……いや、正確には“プロデューサー”だった……」

モバP「今から十数年前、俺は中二病アイドル『神崎蘭子』をプロデュースし……彼女はSランクアイドルに上り詰めた……」

モバP「そして、彼女は引退……同時に、俺と入籍をはたす……」

モバP「俺は様々なバッシングや祝福を受けながらも、それ以降も仕事を続け……」

モバP「今はプロダクションも大きくなり、そこの重役に昇進できた……」

モバP「話を戻そう。俺と蘭子との入籍から、1年後、子供を授かった。男の子であった」

モバP「蘭子も俺も喜んだ……そして十数年たち……その息子が……」

息子「ククク……今しがた帰還を果たしたぞ、我が父よ!」ババーン!

モバP「見事に中二病になってしまった……」


神崎蘭子
tumblr_mwzvzlFPMS1svcurio1_1280tumblr_mwzw0559RY1svcurio1_1280

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 10:44:13.99 ID:1qzPjW2f0

モバP「中二病って遺伝するものなのか……いや、一定の年齢になるとかかる麻疹みたいなものだから、ある意味はおかしくないのか……」

息子「父よ……折り入って、頼みたい事があるのだ……」

モバP「うん? なんだ?(あの頃の蘭子よりは、幾分マイルドなんだがな)」

息子「我が母の……かつての“輝かしき偶像少女(アイドル)”であった彼女の姿を、見せて欲しいのだ!」

モバP「え」

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 10:44:51.76 ID:1qzPjW2f0

息子「我は幾度も聞いた……“輝かしき偶像少女(アイドル)”であった母は一時代を築きし“混沌の首魁(中二病のトップアイドル)”であったと……」

息子「我は奇しくも母と同じ道を歩むに至った……しかし! 我が母のその様な姿を、我は明快に知ってはいなかったのだ!」

息子「聞き及んでいるのは、母がかなりの人気アイドルであったという事実のみ……」

息子「我は知らねばならぬ……いや、知りたいのだ! 我が“根源”を!」

モバP「(……突っ込みたいところが、いっぱいあるなあ……)」

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 10:45:19.14 ID:1qzPjW2f0

モバP「うーん……まあイイか……知りたいってのを無碍にするわけにはな……」ニッ

息子「おお! 可能か! 嬉しいぞ、母はあまりこの話をするのを好まぬからな……」

息子「フフフ……感謝の、極み!」ニッ

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 10:45:52.98 ID:1qzPjW2f0

――記録映像“ダーテン”、視聴中

蘭子『いざ、約束の地へ!(訳:仕事仕事~)』

息子「これが若き母の姿か……」

モバP「これは出会って間もないころだな……このころは、オレも蘭子の言葉が時々わからなくなった……」

息子「そうなのか……2人は連理比翼の体現と思ったが、やはり最初から、という訳ではないのだな……」

モバP「……(照れてる)」

息子「父よ、気持ち悪いぞ」

8: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 10:46:39.59 ID:1qzPjW2f0

蘭子『白き翼に踊れ!』

息子「ほう……今度は天使を摸した衣を纏うか……」

モバP「堕天使の次は天使……当時はこの演出が成功したが、一歩間違えれば軸がぶれてるイメージが憑きかねなかったんだよな……当時の俺、博打売ったなァ」

息子「いや……我にはわかる……これが……“深き闇――故に――眩き光“……」

モバP「……評価してくれて、ありがとうと言っておこう……」

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 10:47:59.04 ID:1qzPjW2f0

蘭子「白き円環を頭に抱き、堕天した私が地獄の釜を開いてやろう! 愚民どもよ、ひれ伏せ! その魂の鼓動を我に捧げよ!
(訳:ついに私もCDデビューできました! みんなに聞いてもらいたいな♪)』

息子「そして……“光環の降臨(CDデビュー)”に至ったわけか……」

モバP「この時は蘭子も大喜びだったさ……いや……思い出すなァ……」

蘭子『嗚呼! 魂が燃える音がするわ! (素敵な楽曲で嬉しいです!)』

10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 10:49:27.82 ID:1qzPjW2f0

蘭子『祝祭に相応しき舞台は真紅の月を裂く漆黒の尖塔! 生贄が足りぬ、と? 悪魔との契約が必要か……。
(訳:私、こういうステージと衣装で歌いたいんです! ……ダメなんですか? 予算? どうして!?)』

息子「!? 我が父よ……これは!?」

モバP「ああ、このころになるともうだいぶ打ち解けてな……ほら、趣味の絵も見せてくれるようになったんだ……」

息子「」ゴパァ

モバP「!?」

息子「ふふふ……流石親父だ……えげつねぇぜ、こんなことまで映像に残しておくとは……」

モバP「どうした、息子!? 言葉遣いが変だぞ!?」

蘭子『ばかばか! もぉしらない! (紅蓮の炎に焼かれよ!) …はっ』

11: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 10:51:16.15 ID:1qzPjW2f0

蘭子『我が友より授かりし、純白の衣よ! 願いを叶えし灰被り姫が、今…此処に舞いおりる…!
(訳:プロデューサーに着せてもらったこのドレス、嬉しいです! シンデレラになれて、とっても嬉しいな!)』

モバP「息子……大丈夫か?」

息子「ああ……持ち直した。何、遠き未来を憂いただけよ……」

息子「そして……これが、シンデレラガールズの……」

モバP「そうだ……今思えば、これがトップアイドルへの大きな足掛かりとなった……」

蘭子『魂の輝く色を見せるわ!(私、いまとってもアイドル楽しいっ!)』

12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 10:52:22.76 ID:1qzPjW2f0

蘭子「ただいまー……ってきゃぁあああ! なに見ているのーー!!(訳:帰還の時……なん……だと……其れは、禁忌の筈!!)」

モバP「あ、蘭子、やみのま~」

息子「ククク……帰還したか、我が母よ……」

蘭子「それ……私がアイドルの時の……け、消して~~!!(訳:我が根源の渦を視るか! 目を閉じよ! 耳を塞げ!)」

13: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 10:53:17.38 ID:1qzPjW2f0

モバP「ははは、いいじゃん。それに息子が見たいっていたんだぞ?」

息子「ククク……母よ、とても愛らしかったぞ?」

蘭子「うう……だって、恥ずかしい……(訳:嗚呼……鎮痛の響き……)」

15: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 10:57:51.36 ID:1qzPjW2f0

息子「すまぬな、母よ……だが、どうしても“根源”を見ておきたかったのだ……」

蘭子「息子くん……(訳:我が片割れよ……)」

息子「かつての“混沌の首魁(中二病のトップアイドル)”神崎蘭子……その名は、どうしても我に付いてまわる……」

息子「同じアイドルの道を目指したからには、なおさらよ……」

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 11:01:56.79 ID:1qzPjW2f0

モバP「(そう……息子は男性アイドルとしての道を選択した……)」

モバP「(俺らの影響は……あるんだろうな、仮にも両方とも芸能関係者だし)」

モバP「(だが、息子がそれを言い出した時、俺も蘭子もしぶったんだよな、2世への評価は厳しいものになる……)」

モバP「(それでも、息子は折れなかった……自らの世界を広げて行く、その夢を譲らなかった……)」

17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 11:07:38.75 ID:1qzPjW2f0

息子「幸い、今の事務所は我を『神崎蘭子2世』のみで売り出すことはしていない……というより、単純に売り方に合わないらしいが……」

息子「やはり、煩わしく思ってしまうこともあるものさ……かつての大きな栄光を、我ではなく、『神崎蘭子』を見られるというのはな……」

蘭子「…………」

息子「だがな、母よ。そんなことよりも、我は歌いたいのだ、踊りたいのだ!」

息子「我が世界と共に、別の……我を見て行くれるファン達と、楽しみたいのだ!」

18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 11:11:07.60 ID:1qzPjW2f0

息子「そのため……我が根源を見なおすためにも、母の事も知っておきたかったのだ」

息子「次のライブのために! 次の次のフェスのために!」

息子「我は我自身の世界を、際限などなしに、広げていきたいのだ!」

蘭子「……そうだったの(訳:言葉ではなく……心で理解した!)」

19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 11:19:28.75 ID:1qzPjW2f0

息子「勝手に、“ダーテン(過去の記録映像)”を観たことは謝ろう……だが、我の勉学の一環として、多めに見て欲しい」

蘭子「いいえ……あなたがそこまで本気なら、咎めはしないわ。頑張って、息子くん!
(訳:悠久を見据える其の目、称賛に値する! 神の名においてこれを鋳造す 汝に罪無し!)」

息子「フフ……感謝の、極み!」ニッ

20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 11:27:11.52 ID:1qzPjW2f0

モバP「……蘭子、お前も知ってるだろ? 息子の所属グループ……そこそこ人気が出てきたこと、しっかりチェックしてるもんな」

息子「真か!?」

蘭子「ちょ……ばらしちゃうの!?(訳:ビントネフェルの風!?)」

モバP「ああ、俺と蘭子は直接お前を売り込んだりしてないぞ。蘭子はすでに一般人だし……俺の事務所は女性アイドルのみで、畑違いだしな」

21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 11:31:21.51 ID:1qzPjW2f0

モバP「ああ……だから息子、それは間違いなくお前の……いや、ユニットだからお前たちの力で勝ち取ったものだ」

モバP「ま……いざというときは助けてやる。どうしても困ったら……妙なプライドにこだわってないで頼ってこいよ」

息子「フ……我に取っては難しい注文だな。我にも、意地と言うものがある!」

モバP「ハッ! いっちょまえに言いやがって!」

22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 11:46:41.88 ID:1qzPjW2f0

蘭子「どうしても、心配だったの……だけど、大丈夫みたいね。元気にやっているみたいで、安心したわ
(訳:心の闇は溶けぬ……しかし、其が力、神をも凌ぐ刃に届こう!)」

息子「母よ……」

蘭子「こうなったら、全力で頑張りなさい! トップアイドルに届くように……でも……どうしても辛かったら、遠慮なく頼ってね
(訳:恐怖を捨てろ。前を見ろ! 進め。決して立ち止まるな! 退けば老いるぞ! 臆せば死ぬぞ! 叫べ!我が名は「神崎蘭子」!)」

息子「フ……ここは素直に、礼を述べよう……感謝の、極み……」

23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 11:51:38.51 ID:1qzPjW2f0

モバP「はは……いつまでも子供だと思っていたが……なかなかどうして、やるもんじゃないか」

蘭子「ふふ……流石はPさんの息子です!」

モバP「いや……2人の子供だからこそさ……本当に……息子の事も……蘭子、お前も……俺の誇りだ……」

蘭子「Pさん……」イチャイチャ

モバP「蘭子……」イチャイチャ





息子「…………」←だから息子の前でイチャついてんじゃねぇよ、と雄弁に語る目

-終わりー

24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 11:53:16.99 ID:1qzPjW2f0
というわけで、終わります。

1は、『BLEACH』連載再開を楽しみにしております。

25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 12:07:16.34 ID:Snsh3jeM0
乙の極み!(ズパッ

26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 12:52:38.64 ID:VeTOYlWEO
乙ー

そして熊本弁が訳の方になってるのか!

28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 13:59:56.60 ID:kMvHQHwKO
ははは、どすこいどすこい

29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 14:48:34.58 ID:p3eMPwCTo
このまま安定しておっさんになればデーモン閣下になりそう

30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 15:12:55.97 ID:Q25oeEF/o
副音声が凝ってるなぁ…

31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/07/25(木) 19:59:24.39 ID:R1no0EHAO

特別移籍不可→なぜ星紋化(レアメダライズ)出来んのだ!?


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1374716386/