バレンタインキャラバン 天海春香
1: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/02/14(金) 22:14:04.78 ID:TICJl4L00
P「今日はバレンタインデーだ」

P「日本中の女の子たちがその内に秘めた思いを甘いチョコでコーティングして渡す日だ」

P「だが近頃は逆チョコなるものも流行ってきているらしい」

P「クリスマスなんかとならんでトップクラスにカップルができやすいこの日、俺はかねてからのこの想いを伝えることに決めた」

4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/02/14(金) 22:17:31.14 ID:TICJl4L00
~事務所~

P「おはようございまーす」

高木「おぉ、おはよう!ハッピーバレンタインだよキミィ!」

P(事務所についた途端、なぜか社長からチョコをもらった)

P「あの、社長……これは……?」

高木「今日はバレンタインデーだ。自らの思いを伝えるにはとっておきの日だとは思わんかねぇ?」

P「はぁ……まぁそりゃそうでしょうけど」

高木「これは私の真心が入った手作りチョコだよキミィ!私と是非恋仲になってはくれないかね?」

P「寝言は寝て言うから許されるんですよ、社長」

高木「あなた様はいけずです……」

P「全国の貴音ファンに刺されますよ」

高木「挿される?どこに何を挿されるんだねキミィ?」

P「それは音無さんのセリフでしょう。どうでもいいですけどさっさと仕事に取り掛かってください」

高木「つれないなぁキミも……」

5: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/02/14(金) 22:19:39.92 ID:TICJl4L00
ガチャバタン

小鳥「おはようございます」

P「おはようございます音無さん」

高木「おはよう音無君」

小鳥「はい、プロデューサーさん。ハッピーバレンタインですよ。このチョコをあげますから結婚してください」

P「じゃあいらないです」

小鳥「な、なんてことをいうんですか!!こんなに美人な事務員がプロポーズしてきたら返事ははいかイエスのどちらかしかないでしょう!?」ガシッ

P「ちょっと、触らないでもらえますか?」

小鳥「ゴミを見るような視線ktkr!!もっと見下してください!!」ハァハァ

高木「……私にはないのかねぇ?」

6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/02/14(金) 22:22:09.20 ID:TICJl4L00
ガチャバタン

春香「プロデューサーさん!バレンタインですよバレンタインッ!!そして私は天海春香です!!」

千早「おはようございます」

P「おぉ、二人ともおはよう」

春香「プロデューサーさん!私の愛情を込めたチョコレートを受け取ってください!!」

千早「私からも……私の『愛』が詰まったチョコ、受け取ってくれますか?」

P「お、おぉ。二人ともありがとう。ホワイトデーのお返し、期待しといてくれ」

春香「はいっ!待っています!天海春香でした!!」

千早「はい。……プロデューサー、受け取ってくれたわ。私の『愛』が詰まったチョコレート……ふふ、ふふふふふふふ」

8: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/02/14(金) 22:25:44.82 ID:TICJl4L00
ガチャバタン

真「まっこまっこりーん!!」

雪歩「お、おはようございますぅ」

P「おはよう、二人とも」

真「プロデューサー、ボクからバレンタインチョコです!受け取ってください!」

雪歩「あ、あの……私からも」オズオズ

P「お、ありがとうなー二人とも」

雪歩「あ、あの!」

P「ん?どうした?」

雪歩「今日のうちに食べてくださいね?」

P「え?あ、あぁ。わかったよ」

雪歩「……じゃないと効果ないかもしれないから」

真(ボクは雪歩のつぶやきを聞かなかったことにした)

9: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/02/14(金) 22:27:47.66 ID:JOf7aYgNO
雪歩はかわいいなぁ

10: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/02/14(金) 22:29:14.35 ID:TICJl4L00
ガチャバタン

律子「おはようございまーす」

あずさ「おはようございます」

P「おはようございます。律子にしては遅い出勤だな」

律子「あずささんが明○製菓付近で迷子になってるという情報が流れてきたんで迎えに行ってから来たんですよ」

P「ふーん」

あずさ「はい、プロデューサーさん。ハッピーバレンタインです」

P「あ、ありがとうございます……」

あずさ「本命なのでいいお返事、待っていますね?」

全員「!?」

P「……え?」

あずさ「うふふ……冗談です♪」

P「あ、あぁ冗談ですか……はは」

11: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/02/14(金) 22:33:13.23 ID:TICJl4L00
律子「あ、あの」

P「ん?」

律子「これ……」

P「え、もしかして律子もくれるのか……?」

律子「か、勘違いしないで下さいよ?これはその……そうっ!あげないことで社内関係が悪くならないように……」

P「はは……口に出したら意味ないだろ」

律子「いや、そのですね。えっと……」

P「律子の考えは分かってるよ。ありがとうな」

律子「え!?わ、私の考えがわかってるって……じゃあとうとう、寿退社!?いやでもまだ竜宮小町のプロデュースが……」ブツブツ

P(みんな俺にチョコ渡してるから自分だけ渡さないのもどうかと思ったんだろうな。律儀なやつだ)

高木(私との社内関係はどうでもいいということかね、秋月君……)

13: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/02/14(金) 22:39:05.84 ID:TICJl4L00
ガチャバタン

やよい「うっうー!おはようございまーーす!!」

伊織「……なんか律子が朝っぱらから壊れてるけど大丈夫なの、これ?」

律子「だめですよダーリン♪今日は春香のレコーディングで早いんじゃ……」ブツブツ

P「気にするな」

やよい「プロデューサー!!いつもありがとうございます!!感謝の気持ちを込めてチョコを作ったので受け取ってください!!」

P「おお、ありがとなやよい。すごくうれしいよ」

やよい「疲れた時には甘いものがいいんですよー!私のチョコで元気になってください!」

P「やよいはかわいくて良い子だなぁ」

やよい「えへへー……きっとプロデューサー、忙しくて処理もできてないでしょうから……」

P(処理?)

やよい「私のチョコを食べたら体も息子さんも元気モリモリになりますよー!!」

P「……ありがとな」


小鳥「わが生涯に一片の悔いなし!!」ブシャァァァ

真「わー!!小鳥さんが鼻血で吹き飛んだー!!」

14: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/02/14(金) 22:44:03.06 ID:TICJl4L00
やよい「伊織ちゃんも渡そ?」

伊織「え、あ、いや私は……」

P「お?伊織もチョコくれるのか?」

伊織「……っ!!ぎ、義理よ!!本来ならあんたなんかにこの伊織ちゃんのチョコなんて渡さないけど……」

伊織「けど、あんた最近働きづめだから……その……」

P「……あぁ、ありがとな伊織。義理でもうれしいよ」

伊織「えっ……義理……」

P「ん?」

伊織「……何でもないわよバカっ!!」

15: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/02/14(金) 22:46:46.21 ID:TICJl4L00
ガチャバタン

美希「ハニー、おっはようなのーー!!」

亜美「んっふっふ~……兄ちゃん亜美たちのこと待ってたんじゃない?」

P「いや別に待ってはいn……」

真美「んもー、しょーがないなぁ兄ちゃんは!そんなに真美たちのチョコがほしいならくれてやるYO!」

美希「ねぇねぇハニー?ミキもチョコ作ったんだよ?渡すから食べて食べて!!」

P「あーもう同時に喋るなお前ら!!」

真美「えっ……あっ兄ちゃん……あ、あげたのはチョコで真美をあげたわけじゃ……だ、だめだよ兄ちゃん……そんな……」モジモジ

真「真美が律子と同じ様な状態に!」

亜美「ほらほら兄ちゃん食べて食べて!!そして我の下僕となるのだ!!ふはははは→!!」

P「一体何だというんだ」

美希「でねでね、このチョコの中にもう一つ小っちゃいおにぎりが入っててね……」

P「お前らちょっと落ち着け」

17: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/02/14(金) 22:48:55.90 ID:TICJl4L00
ガチャバタン

響「はいさーい!」

貴音「おはようございます皆様」

P「おう。おはよう響、貴音」

響「あっ、プロデューサー!今日は何の日か分かるかー?」

P「今日か?えっと確かシカゴでカポネが虐殺事件を起こした日だっけか」

響「……え?」

P「1928……いや1929年だったかな。七人くらい死んだんだっけか」

響「あ、えっと……そうなのか?」

P「あぁ。……それでその日がどうしたんだ、響?」

響「……いや、なんでもないぞ」トボトボ

P「……あれ?」

18: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/02/14(金) 22:51:50.83 ID:TICJl4L00
貴音「……あなた様?」

P「悪い悪い。ちょっとからかっただけだったんだが。謝ってくるよ」

貴音「まったく……悪ふざけはいけませんよ。それと」スッ

P「え?」

貴音「はっぴぃばれんたいんですよ、あなた様」

P「……驚いた。貴音が俺にくれるとは」

貴音「?どうしてですか?」

P「てっきり作るときに全部食べてなくなってしまいました、ってオチだと」

貴音「そそそそんな展開、ああああるわけないじゃないですか」

P「……わりと当たってたみたいだな」

19: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/02/14(金) 22:55:56.30 ID:TICJl4L00
響「はぁ……」

P「響」

響「あ、プロデューサー……」

P「悪かったな。さっきはからかって」

響「あ、うん。でもさっき調べてみたけどホントにあったんだなあんな事件」

P「ん?あぁ、まぁな。でも今日は、2月14日はバレンタインデーだ」

響「うん。プロデューサー……自分からのチョコ、欲しい?」

P「欲しい。のどから手が出るほど欲しいよ」

響「……そっか。うん、しょうがないな!じゃあプロデューサーには自分特製のチョコをあげるぞ!!」

P「おぉ……ありがとな、響」

響「腕によりをかけて作ったからな!!しっかり味わうんだぞ!!」

P「あぁ。嬉しいよ。これを食べれば響みたいに完璧になれるな!」

響「そうだぞ!!二人完璧なら、これから先どんなことがあってもなんくるないさー!!」

21: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/02/14(金) 22:59:05.99 ID:TICJl4L00
P「……響」

響「ん?」

P「もしあんな事件が急に起こったとしても、俺が響を守ってやるよ」

響「……え?」

P「……なーんてな」

響「……うん。にふぇーでーびる、プロデューサー」

22: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/02/14(金) 23:02:25.74 ID:TICJl4L00
ガチャバタン

黒井「やあやあこれはこれは弱小765プロダクションの諸君」

高木「むっ、黒井!?何の用かね?」

黒井「今日は一年に一度のバレンタインだ!セレブな私が貴様らにチョコをくれてやろう!!」

冬馬「よく言うぜ。『高木のやつ、今年もチョコをよこさないつもりか!?おのれぇ……ならばこの私から出向いてやるわ!!!』とか言ってたくせに」

黒井「だまれ冬馬!」

北斗「チャオ☆」

翔太「おはようございまーす」

伊織「……うるさくなってきたわね」

律子「あぁんだめですダーリンまだこんな時間です……ってもうこんな時間じゃない!?あんたたち、今日はいろいろイベントがあるんだからさっさと用意して行くわよ!!」

P「よし。じゃあ俺もそろそろ出るかな。みんなありがとうな、チョコ」

現役アイドルたちからこんなにチョコをもらえる。765プロに入って本当に良かった。

23: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/02/14(金) 23:05:26.78 ID:TICJl4L00
P「……悪いな、呼び出しちゃって」

???「……」

P「さすがにいっぱい人がいたからさ、あの中じゃ言えなかったんだ」

???「……」

P「これ、俺からの気持ちだ」スッ

???「……」

P「逆チョコってのが流行ってるだろ?だから俺もそれに倣ってみたんだ」

???「……」

P「……よし」

P「俺はお前が好きだ。付き合ってほしい」

???「……」

P「お前がアイドルなのは百も承知だ。だが俺はこの気持ちにどうしても嘘がつけなかった」

???「……」

P「返事を……聞かせてくれるか?」

25: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/02/14(金) 23:08:24.28 ID:TICJl4L00
???「……ちっ、しょうがねぇな」

???「俺も……あんたのこと、嫌いじゃねぇよ」

P「!」

???「俺の人生のプロデュース、してくれるか?」

P「……あぁ、もちろんだ!」



あなたには、愛する人がいますか?
バレンタインデーはすべての人々の背中を押し、勇気を与えてくれる。
そんな日です。
ネガティブなことばかり考えず、好きな人に好きだと伝えましょう。
あなたのその想いは、きっと届くはずですから。



P「愛してるよ、???」

???「……俺もだよ」

チュッ



===fin===

26: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/02/14(金) 23:09:02.07 ID:nuLD1k1v0
おいピヨ吉ィ!

27: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/02/14(金) 23:12:28.81 ID:7VMRXbcrP
イイハナシダナー

28: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/02/14(金) 23:13:38.27 ID:TICJl4L00
くぅ疲
バレンタインは耳に残る良曲だよね
???のところには自分の好きなアイドルの名前を入れるといいよ
あと、響のところはちょっと力入れた
ちかたないね俺、響を愛してるもの
今回の教訓は「ラストからさかのぼってストーリーを考えるとろくなことがない」だね
読んでくれてありがとうではさらば

29: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします 投稿日:2014/02/14(金) 23:17:53.62 ID:ump92fGz0
乙乙
てっきり響endかと


元スレ:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1392383644/