CQ3mcx0UcAAXTIm
1: ◆zbH2I5hDMI 2016/01/24(日) 17:45:43.05 ID:9GC7PJoJo
上里勢力をほのぼのと書いてみたいと思っただけです。
キャラ崩壊はあると思います……



2: ◆zbH2I5hDMI 2016/01/24(日) 17:47:11.26 ID:9GC7PJoJo


上条「今日のご飯はどうしようか……」ウ-ン

インデックス「とうまー! 食べ物のことで悩んでるならまず私に相談なんだよ!」トテトテ

上条「はいはい、火傷しちゃうから戻れー」カンカン

オティヌス「くくくっ、馬鹿にされているな」

インデックス「むー! そんなことないんだよ!」

インデックス「とうまは私のことを心配していってくれてるに違いないよ」

オティヌス「さて、それはどうかな……」

オティヌス「私とあの猫のことに関しては全く心配してくれないからな」

インデックス「……とうまは私のことを心配してくれてたんだよね?」チラ

上条「……小麦粉……はあるか」ブツブツ

オティヌス「……ふっ、まあ当然だな」

インデックス「むう……行け! スフィンクス!!」ビシッ

スフィンクス(了解したぜ!)ダッ

オティヌス「は!? 八つ当たりはよせ!! おい!!」


3: ◆zbH2I5hDMI 2016/01/24(日) 17:47:44.28 ID:9GC7PJoJo


上条「また騒がしくなっちまった」パラパラ

上条「本当に夕飯どうしよう……」

上条「明日はセールの日だからなんとか残りの食材で乗り切りたいんだけど……」ゴソゴソ

オティヌス「おげっ……はぁはぁ……」ペタン

上条「お、おい、オティヌス?」

上条「どうしたんだよ? 生きてるか?」

オティヌス「ああ……幸いなことにな……」

スフィンクス(うーん、キッチンの上に登るとそげぶ飯抜きされるしなぁ)ジー

オティヌス「」ブルッ

上条「…………なるほど、スフィンクスと遊んでたからそんなに疲れてたと?」

オティヌス「この体格差で遊べるわけ無いだろう!!」


4: ◆zbH2I5hDMI 2016/01/24(日) 17:48:14.21 ID:9GC7PJoJo


上条「あ、そうだ! オティヌス、なんかこのあまり食材で出来そうな料理ないか?」

上条「たまには海外テイストもいいだろ?」

オティヌス「……」ムクッ

オティヌス「何が余っているかにもよるだろう」

上条「小麦粉、米、夏に残したそうめん、カップ麺くらいかな」

オティヌス「よし、お手上げだ。カップ麺にしよう」

インデックス「ええー! カップ麺は昼に食べたでしょー?」

オティヌス「仕方がないだろう。材料がこれじゃあどんな料理人でもカップ麺を選ぶ」

上条「まあ、そうなるよな」ハハハ


5: ◆zbH2I5hDMI 2016/01/24(日) 17:48:53.89 ID:9GC7PJoJo


オティヌス「ならどうだ? カップ麺ではなく本場のラーメンというのは」

上条「だから、上条さんは貧乏学生ですよ? 外に食べに行くなんてもってのほかだってば!」

インデックス「とうま! ラーメン屋なら安くて美味しいって噂のところ知ってるんだよ!」

上条「なぜそんなことを知ってるんだよ!!」

上条「まさか俺が入院している間に……」

インデックス「あいさに聞いたんだよ」

上条「姫神?」

インデックス「貧乏学生の上条くんでも。行けるほどの。リーズナブルさが売り。って言ってたんだよ!」コエマネ

上条「いや、似ているけども、似ているけども姫神は俺のことを貧乏学生呼ばわりはしないはずだ!」

オティヌス「何でもいいからさっさと決めないか」

オティヌス「私はお腹がすいたんだ」

インデックス「むっ! 私のセリフを改ざんしないでくれるかな」


6: ◆zbH2I5hDMI 2016/01/24(日) 17:49:21.21 ID:9GC7PJoJo


オティヌス「改ざんじゃない改善だ。一文字間違えているぞ」

インデックス「……スフィンクス」

オティヌス「よし、今の発言は撤回だ」

オティヌス「とにかくこの部屋を早く出ないか?」

上条「必死だな……まあここ最近色々あったし、たまにはいいかな」

インデックス「やったー!!」ピョンピョン

上条「跳ねるな! 下の階に響くから!」

インデックス「ん、そうだね」

オティヌス「それじゃあさっさと行こうではないか」

上条「まだ混むような時間じゃないと思うんだけどなぁ」

インデックス「私はお腹がすいたんだよ!!」

上条「分かった分かった。じゃあ行くか」

インデックス「分かったは一回でいいんだよ!」

上条「はいよ」


7: ◆zbH2I5hDMI 2016/01/24(日) 17:52:19.38 ID:9GC7PJoJo


絵恋「はぁー、そういえばそろそろ夕飯の時間でしたなぁ」イジイジ

上里「何してるの? 盗聴?」

絵恋「人聞きの悪いこと言わんといてくだせえ」

絵恋「ただの趣味……いやただのリスニングどすえ」

上里「堂々と嘘をつくのは感心しないな……」

獲冴「だな」

獲冴「私の予想だと今絵恋がやっているのは盗聴でもリスニングでも無く、監視カメラのハッキングだ!!」ビシッ!!

上里「あ、そうなの?」

暮亞「違うと思いますよ」

絵恋「……上里はんの最初の予想で合っとりますわ」

絵恋「ただの盗聴、盗み聞きどすえ」


8: ◆zbH2I5hDMI 2016/01/24(日) 17:52:46.72 ID:9GC7PJoJo


上里「……なんかはっきり言われるとコメントに困るんだけど」

暮亞「ならばここはあえてコメントせずに私達も夜ご飯考えるのはどうですか?」

上里「賛成」

絵恋「うちも賛成ですわ」

獲冴「スルーされても賛成するのか」

絵恋「鉄の心の持ち主って言われてはりましたから」

獲冴「え、凄い!?」

絵恋「嘘どすえ」

獲冴「嘘なのか!」

上里「絵恋、あまりからかわないでやってくれ」ハァ

上里「夜ご飯が決まらないだろう」

絵恋「ふむ、そうどすね」


9: ◆zbH2I5hDMI 2016/01/24(日) 18:06:33.10 ID:9GC7PJoJo


獲冴「んじゃー、大将は何がいい?」

上里「まずぼくに振るのか……うーん」

上里「そうだな、強いて言うなら母さんのからあげかな?」

暮亞「なんだか寂しい気持ちになってきますね」

獲冴「んんー? もしや大将、ホームシックとかか?」

暮亞「えいっ!」ゴシャ

獲冴「ほぎゃ!」

暮亞「デリカシーってものを身に付けないとダメですよー」

上里「だな。ぼくも常々思ってたんだよ」

絵恋「……上里はん、無理は言わんといてください」

絵恋「ここには上里はんの親御さんはおらんのとちゃいます?」

上里「ああ、今すぐが無理なら、配送でもいいよ」

獲冴「ほ、本気かよ」フルエ


10: ◆zbH2I5hDMI 2016/01/24(日) 18:07:07.77 ID:9GC7PJoJo


上里「ってのは冗談だ」

上里「たまにはそういうのも言ってみたくなるだろ?」

獲冴「な! 折角大将のセンチなところが見れたと思ったのに」ンギギギギー

上里「残念だったね。それはまた今度の機会に」

絵恋「……今度は冗談抜きで何が食べたいかお願いしますわ」

上里「じゃあ逆に聞くけどみんなは何がいいんだ?」

暮亞「私は今は野菜の冷製パスタがいいですね」

獲冴「冬だけどな」

暮亞「冬にアイスが食べたくなるのと同じですよ」

上里「なるほど。悪くはないと思うよ」


11: ◆zbH2I5hDMI 2016/01/24(日) 18:11:50.28 ID:9GC7PJoJo


絵恋「うちは無難に出前ピザで構いまへんよ」

上里「ぼくの家では少なくとも出前ピザは無難なんかじゃなかったよ」

絵恋「さりげなく家に帰りたそうなアピールされると困りますわ」

上里「ごめんごめん、そんなつもりはなかったんだけど」

上里「ただ、遠まわしにピザはもう飽きたって言おうと思っただけだ」

絵恋「なっ、出前ピザならお金払うだけでご飯が食べられるんどすえ」

上里「ぼくは飽きたんだってば」

上里「二人は?」

獲冴「私はどっちでもいいんだけど、大将が嫌だって言うんならそっちにつくぜ」

暮亞「そうですね。私もそろそろ飽きてましたし」

絵恋「この裏切り者!! 共にピザの良さを語り合った仲やったのに……」クゥ

獲冴「申し訳ないけど、語り合ったことはないからな」


12: ◆zbH2I5hDMI 2016/01/24(日) 18:12:17.69 ID:9GC7PJoJo


上里「じゃあ獲冴は何がいいんだ?」

獲冴「そうだなー、無難に焼肉とかはどうだ?」

上里「いや、流石に焼肉の前に無難にって付けるのはおかしいと思うよ」

上里「肉への冒涜と言っても過言じゃない」

暮亞「過去に何かあったとしか思えないセリフですね」

上里「何もないよ」

上里「ただ、焼肉は誕生日とかにしか食べられなかったから無難なんて言われて少し思うところがあっただけだ」

獲冴「え? 大将んちって貧乏ではなかったろ」

獲冴「裕福でもないけど、the 普通って感じじゃなかったか?」

上里「別に金銭的理由で焼肉ができなかったわけじゃないよ」

上里「ぼくは比較的脂の多い豚肉が好きなんだけど、家で焼肉するとその油がはねて困るんだってさ」

絵恋「すごいリアルな理由ですわ……」


13: ◆zbH2I5hDMI 2016/01/24(日) 18:14:17.44 ID:9GC7PJoJo


暮亞「それなら上里さんは何がいいんですか?」

上里「ぼくが選んだからってみんな影響されないでくれよ? 平等に選んでくれるか?」

獲冴「その辺は心配無用だぜ! 私達食べ物のことに関しては引かねぇからな」

上里「……そういえばそうだった。聞くまでもないか」

上里「ならぼくはラーメンがいいな。前行ったところ」

暮亞「あー、あのパトリシアちゃんと行った」

絵恋「もしかして塩の良さに気づいちゃったんどすかー?」

暮亞「いや! 魚介の醤油ベースが至高です!!」

獲冴「前も言ったが個人的には絶対味噌だ!!!」

上里「……えっと、ラーメンで決まりになってるの?」

獲冴「当然! 満場一致でラーメンに決まりだ!!」

絵恋「ええ」

暮亞「ですね」

上里(自分で言い出しておいてなんだけど……なんだかなぁ)スッ

上里(鳴らない……痛めそうだしやめておくか)


14: ◆zbH2I5hDMI 2016/01/24(日) 18:14:44.31 ID:9GC7PJoJo


絵恋「それじゃあ行きまへんか?」

上里「そうだね。早く行かないと混んできてしまうだろうし」

獲冴「味噌を侮辱するのは許さねーぞ!!」

暮亞「醤油の良さが分からないんですから侮辱されても文句言えませんよ!!!」

上里「はいはい、どうでもいい論争は着いてからにしてくれ」

獲冴「ど、どうでもいい論争だと?」

暮亞「いくら上里さんでもその発言は見逃せません」

獲冴「ここは一時休戦といくか」

暮亞「仕方がないですね……」

絵恋「ほな、喧嘩中断してるうちに行きまひょー」

上里「そうだな」


15: ◆zbH2I5hDMI 2016/01/24(日) 19:42:43.30 ID:9GC7PJoJo


………ラーメン屋………


上条「昔ながらって感じだな」

インデックス「さすがあいさオススメのお店なんだよ」

インデックス「まだ中にも入ってないのにおいしい匂いがしてくるんだよ」

オティヌス「だな。確かに期待できそうだ」

上条「ふーん、においだけでそこまで判断できるんだな」

インデックス「私の食に関する執着を舐めてもらっちゃ困るよ」

上条「……ちっとも舐めてないから安心してください」

上条「インデックスはともかくオッティまで期待させるって相当なんだろうな」

オティヌス「オッティってなんだ。ちゃんと名前で呼べ」

オティヌス「私の名前はオティヌスだ」

上条「失礼、かみm」

インデックス「だらだら話してないで入ろうよ、とうまー」グイグイ


16: ◆zbH2I5hDMI 2016/01/24(日) 19:43:17.51 ID:9GC7PJoJo


上条「あー! 俺の大事なボケが!!!!」

上条「不幸だー!!」

オティヌス「そう落ち込むな。機会はまだあるだろうよ」

上条「……ああ、そうだな」

ガラガラ

オティヌス「はぁー、やっぱり店内は暖かくていいな」

上条「席は……うわ、カウンターしか空いてない」

上条「穴場っぽい雰囲気醸し出してたけど、この辺りじゃ有名なのかな?」


17: ◆zbH2I5hDMI 2016/01/24(日) 19:44:10.25 ID:9GC7PJoJo
 

インデックス「ご飯がおいしい所には自然と人が集まるんだよ」

上条「インデックスが言うと説得力が段違いだな」

インデックス「私はここにしよーっと」スタッ

オティヌス「ちょっと待て、こういう時は端から詰めて座るべきだろ」

インデックス「え、そうなの?」

上条「ああ。オティヌスの言う通りだ。席も少ししかないだろ」

上条「何人かで来たとき俺たちが真ん中に陣取ってたら別れて座んなきゃだめだろ」

インデックス「そういうことか! じゃあとうまが奥に座っていいよ」

オティヌス「いや、お前が奥にいったほうがいいと思うぞ」

上条「そうだな。インデックスは端に座ってくれ」

インデックス「?? 別にいいけど」スタ


18: ◆zbH2I5hDMI 2016/01/24(日) 19:44:36.39 ID:9GC7PJoJo


上条「インデックス」

インデックス「何かな?」パラパラ

上条「姫神からオススメとか聞いてないのか?」

インデックス「うーん、それは聞いてないよ。ただ料理が多いからいろいろ試してみるといいって言ってたよ」

上条「うーん、多すぎるから悩んでるんだけどな……」

上条「オティヌス、お前はどれがいい?」スッ

オティヌス「……私はどれでもいい。お前が選んだものを少し分けてもらえばいいからな」

上条「すごいプレッシャーだな……」

上条「インデックスは決まったか?」

インデックス「うーん、十個には絞れたんだけど」

上条「十個は頼まないからな? 一個だけだ」

インデックス「うーん……」パラパラ


19: ◆zbH2I5hDMI 2016/01/24(日) 19:46:36.01 ID:9GC7PJoJo


上条「それにしてもメニューのほとんどがラーメンなのになぜこんなにメニュー表が厚くなるのやら」バララララ

オティヌス「これ絶対ゲテモノだろう、と突っ込みを入れたくなるものもあるし数が多くなるのは仕方がないだろ」

上条「まあどのラーメンもワンコイン以下ってのは学生の財布に優しいよな」

インデックス「二人で千円以内なんだよ!」

上条「それでも自炊の方が安いっていう事実があるんだけどね」

オティヌス「せっかく出てきたんだからお金は気にしない方がいいんじゃないか?」

上条「それは家計を心配する必要のないプチ魔神と大食いシスターにしかできない発言だな」

上条「っと、やっぱりいつもどおりでいいかな……?」パラパラ

インデックス「大食いシスターって誰かな??」

オティヌス「お前が大食いシスターなのは事実だから仕方がないだろう」

オティヌス「私もプチ魔神とか言われて少し腹が立ったが、こうして大人の余裕というもので我慢しているんだ」

インデックス「……ぷぷ、大人」

オティヌス「おい……」


20: ◆zbH2I5hDMI 2016/01/24(日) 20:00:14.56 ID:9GC7PJoJo




上里「ふう、思ってたより時間かかったな」

絵恋「すんまへん……つい熱が入ってしもうて」

暮亞「すみません……」

獲冴「すまねーな!」

絵恋「獲冴ぁ、反省の色が全く見えへんどすえ」

獲冴「いや、私なりに反省してるぜ」

上里「……別に謝る事は無いよ」

上里「ただ、ぼくに非難を集中させて、喧嘩を止めようというぼくの作戦が全く通じなかったことが悔しくてならないだけだからさ」

絵恋「……あう、その策に気づいていたというのについ参加してしまった……」

獲冴「大将のプライドに傷付けちまったってことか……」

暮亞「……」グシャ

獲冴「ぐはっ、無言でプレスするのやめろよ……」イタタ


21: ◆zbH2I5hDMI 2016/01/24(日) 20:00:52.81 ID:9GC7PJoJo


絵恋「今回は完全に獲冴が悪いですわ」

上里「いや、いいよ別に」

上里「プライドとかそんなの気にしてないし……」ズーン

絵恋(上里はん、すごい気にしてはる!!)

獲冴(あ、これはマジでやっちまったパターンだ)

暮亞(あわわわ、余計に傷をえぐってしまった?)

上里「ストレス解消法にやけ食いってのがあるだろ?」ニコ

上里「さて、行くか。もう少し体重が欲しいと思ってたところだし」ガラガラ

絵恋「ちょ、上里はん?」

暮亞「上里さん!!」アセッ

獲冴「大将! はやまるな!!」


22: ◆zbH2I5hDMI 2016/01/24(日) 20:02:26.30 ID:9GC7PJoJo


上里(テーブル席埋まっちゃってるか……)

上里(カウンターしか空いてないか……)チラチラ

上里「仕方ない……」トコトコ



上里「隣、失礼するよ」スタッ

上条「ああ……」

上条「悪いな、うるさくなっちゃうかもしれない――」ハッ

上里「いや、こっちもうるさくなりそうだからおあいこだ」コキコキ

上里「あ、お冷四つもらえますか?」

店主「はいよ」カラン

上里「ありがとうございます」ペコ

上条「お前……」

上里「……ん?」チラ

上里「なっ!!」ガタン

上条「上里翔流!!」

上里「上条当麻!!」


23: ◆zbH2I5hDMI 2016/01/24(日) 22:09:39.50 ID:9GC7PJoJo


上里「っ、こんな所で会うことになろうとは……」

上条「それはこっちのセリフだ……なぜこんなとこに?」

上里「そんなのぼくがここの常連だからに決まっているだろう!!」

オティヌス「む、理想送りの小僧か……」ピリピリ

上条「え、お前常連なのか?」

上里(マズイ! とっさに嘘をついてしまったがバレてるのか?)

上里(と、とりあえず取り繕わなくては)

上里「ああ、そうだけど」

上条「…………」


ガララララッ!

絵恋「上里はん! って、上条当麻!?」ビクッ

暮亞「な、なぜこんな所に!?」

獲冴「おいおい、食事前にやり合おうってなら勘弁して欲しいぜ」


24: ◆zbH2I5hDMI 2016/01/24(日) 22:12:00.27 ID:9GC7PJoJo


インデックス「非常にピンチかもしれないんだよ」

オティヌス「落ち着け。見たところどちらも今すぐ戦闘を始めようとしているわけじゃ無さそうだ」

オティヌス「まあ、ピリピリはしているがな。空気が張り詰めてるといったところだ」フム

絵恋「ど、どないしたんです?」タタッ

上里「見ての通りだ」

上里「ラーメン屋に入ったら上条当麻とその取り巻きにかち合った」

上里「それだけのことだよ」

暮亞「どうしますか?」

獲冴「やるってんなら外には出ねーとダメだぜ、大将」

上里「……」


25: ◆zbH2I5hDMI 2016/01/24(日) 22:14:20.46 ID:9GC7PJoJo


上条「……今日はそういう因縁とかは無しにしないか?」

上条「なぁ?」

オティヌス「そうだな。ここで戦っても何の意味もないのは明らかだ」

オティヌス「いや、そちらには私という魔神を消せるというメリットがあるのか……?」

上条「……そうすれば常連の皆様からオススメ教えて貰えるだろ、インデックス?」

インデックス「はっ! そうだね! この人達は常連なんだから店の味を熟知してるはずだし」

上条「それにお前たちだって常連の店を出禁にならずに済む」

暮亞(常連の店?)

獲冴(一体なんのことだ?)

上条「win-winだろ?」

上里「急に何を言い出したかと思えば……」

絵恋「とっちめます? 良く分からないこと言ってはりますし」


26: ◆zbH2I5hDMI 2016/01/24(日) 22:15:43.15 ID:9GC7PJoJo


上里「いや、なしだ」

上里「今日、ぼくたちはラーメンを食べるためにここへ来たんだ」

上里「別に上条当麻や魔神を潰すためじゃあない」

獲冴「確かにそうだけどよー」

上里「獲冴、一回最後まで聞いてくれ」

獲冴「あ、ああ。分かった」スゴスゴ

上里「せっかくぼくたちの常連の店に新規さんが入ってくれたんだから快くお招きしないとだろう?」

絵恋「常連の店、どすか?」

暮亞「……?」

上里「ああ、常連の店だ。それを出禁になるリスクを負ってまで今日、ここでこいつらをやる必要はない」

絵恋「……ははーん、なるほど、分かりましたわ」

絵恋「そういうことならしゃあないですわ」

暮亞「ああ、なるほど。じゃあ常連として色々教えてあげましょう」

獲冴(二回目はもう常連ってことでいいのかもしれねーな、よし)

獲冴「ああ、ここのことならなんでも聞いてくれよ!」


27: ◆zbH2I5hDMI 2016/01/24(日) 22:16:09.29 ID:9GC7PJoJo


上条「ふぅ、普通にいい人でよかった」

上里(嘘を誤魔化し通せてよかった……三人にはバレてしまったみたいだけど背に腹は代えられないか)

絵恋「……」ククク

インデックス「それじゃあオススメを教えてほしいんだよ!!」

絵恋「塩どすえ」

暮亞「醤油ですよ」

獲冴「味噌だな」

インデックス「え、ええと……」

上条「良かったな。十択から三択まで絞れて」

インデックス「みんな顔が本気過ぎて怖いんだよ……」スッ

上条「俺を盾にするな」


28: ◆zbH2I5hDMI 2016/01/24(日) 22:16:36.23 ID:9GC7PJoJo


上条「悪いな。せっかくオススメ教えてくれたってのに」

絵恋「いえいえ……塩信者が増えればと思って言っただけなんで、気に病まんといてください」

獲冴「まあ、一回味噌食べれば虜になっちまうだろうけどな」

獲冴「そんな雑魚そうな信者どもは」

暮亞「そしてそんな改宗した信者たちはまた醤油へ移っていくんですよ」

暮亞「万物は流転してるんですよ」

絵恋「それっぽいこと言ってはるけど、万物は流転するってことは醤油信者はまた他へ流れていくってことどすえ?」

暮亞「なっ! そこまで考えてませんでした!!」

獲冴「はははっ! 格好つけてこけてやんの」

暮亞「獲冴あああああああ!!!」ブチッ


29: ◆zbH2I5hDMI 2016/01/24(日) 22:17:06.80 ID:9GC7PJoJo


上里「いや、本当にうるさくてすまないな」

上条「ん? 別にいいんじゃねぇの?」

上条「楽しそうだし」

上里「ふーん、きみにはそう見えるのか」

上条「まあな」

上条「お前がそれを否定するってんなら、俺とは意見が合わないってだけの話だからどうこういうつもりはないけどさ」

上条「んで、お前のオススメはないのか?」

オティヌス「ん? お前はやっぱりいつもどおりでいい、とか言っていなかったか?」

上条「まあ、先駆者の意見は聞くべしだから」

上里「そんな大層な言い方をするな」

上条「……なら」



30: ◆zbH2I5hDMI 2016/01/24(日) 22:18:51.74 ID:9GC7PJoJo




上条「オススメを頼む、先輩」

上里「……」フッ

上里「よく聞いとけよ、ルーキー」




31: ◆zbH2I5hDMI 2016/01/24(日) 22:19:26.87 ID:9GC7PJoJo
うまくまとまらないけど、こんなところです。
終わりです。

32: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2016/01/24(日) 22:28:55.66 ID:NSlWJfXeO
乙、
上里が出てるの初めて読んだわ
この二人は普通に出会ってたら友達になれたのかな?


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1453625142/