1: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/09(木) 22:44:05.08 ID:TSzXK7+x0

○艦隊これくしょんの百合SSです
○キャラ崩壊しています
○また、龍驤の関西弁がかなりおかしくなっています

これらのものが苦手な方はご注意ください

2014y05m23d_164413256ZUIHOUKAI

2: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/09(木) 22:48:03.04 ID:TSzXK7+xo
~ 鎮守府 空母寮 ~

龍驤「…違う?この期に及んで何か言い訳があるんかいな」

瑞鳳「言い訳ってわけじゃないけど、これは龍驤ちゃんの勘違いなんだって」

龍驤「嘘をつくなやぁ!!」

瑞鳳「ひっ!?」

龍驤「そりゃあウチだって瑞鳳が嘘をつくなんて思いたくないわ、けどな…」バサァッ!!

龍驤「それじゃあこの本は一体どう説明するつもりなんや!!」バン!!

瑞鳳「うぅっ!!」



  ~駆逐艦娘でも簡単にバストアップ!!提督直伝マッサージ本~

3: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/09(木) 22:51:46.29 ID:TSzXK7+xo

龍驤「よーし、瑞鳳がそこまで言うなら説明してもらおうやないか、何でこんな本が瑞鳳の部屋にあったのかをなぁ」

瑞鳳「あ、あのね、まずこの本は私が買ったわけじゃないの」

龍驤「ほうほう、それじゃあ誰からもらったんや?」

瑞鳳「祥鳳ちゃんから、胸のことでを相談したときにその…これを読んだらって渡されたというか、その…」

龍驤「待てや、いま祥鳳に相談したっていったか?ああ?」

瑞鳳「う、うん。ほら、同じ祥鳳型だしね」

龍驤「あほかー!!なんでよりによってあんな胸出しサラシに相談するんじゃーーー!」

瑞鳳「胸出しサラシって、いくらなんでも酷いよ!!」

龍驤「仕方ないやろ。いっつもサラシを巻いた胸を見せつけられたらそんな呼び名しか思いつかんわ!!しかもご丁寧に谷間まで見せつけやがって…」ブツブツ…

瑞鳳「けど、もう少し言い方があると思うんだけど…」

4: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/09(木) 22:53:35.81 ID:MvPDtRXh0
同じ貧乳でも瑞鳳は柔らかそうでRJは硬そう

5: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/09(木) 22:57:28.77 ID:TSzXK7+xo

龍驤「まあそれは置いておこう。ウチが言いたいのはな、なんでウチじゃなくてうちらの気持ちが分からんようなおっぱい持ちに相談したのかってことや」

瑞鳳「そ、それは…」

龍驤「…なあ、うちらは仲間同士やろ。お互いに同じ悩みを抱えたもん同士支えあっていこうっていったやん。それなのにどうして相談してくれなかったんや?」

瑞鳳「あ、あの…怒らないかな?」

龍驤「ああ、ウチだって瑞鳳が訳もなくこんなことをしたとも思えんし、ちゃんとした理由があれば怒りはせぇへんよ」

瑞鳳「あ、あのね…私思ったんだけど」

瑞鳳「し、正直胸が無い同士で相談してても虚しくなるだけで何も進展がないと思ったから、せめて姉妹艦で話しやすい祥鳳ちゃんに相談したんだ」

龍驤「ぐ は ぁ ! ! ! 」クリティカル!!

瑞鳳「り、龍驤ちゃーん!!」

6: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/09(木) 23:01:52.75 ID:TSzXK7+xo
 
~   ~   ~

龍驤「そ、ソロモンが…落ちて…」ウーン

瑞鳳「龍驤ちゃん、お願いだからしっかりして!!」

龍驤「私は、帰って…はっ!!」

瑞鳳「ゴメンね、龍驤ちゃん。私があまりにも酷いことを言ったばっかりに」

龍驤「…いや、ウチが油断してただけや。しっかし、まさかあれほど精神的ダメージを食らうとは思ってもいなかったわ…」

瑞鳳「うぅっ、ゴメンね、本当にゴメン…」グスッ

龍驤「ええってええって。まあ瑞鳳の気持ちも分からんでもないからな。確かに二人で話した所で進展がなさそうだってのはウチも思うしな」

瑞鳳「……」

7: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/09(木) 23:06:38.72 ID:TSzXK7+xo

龍驤「まあ祥鳳のことは謝るわ。確かに酷いことを言い過ぎた」

龍驤「ただな、だからといって瑞鳳がこの本を隠していたっていうのは、どう考えてもいただけんよなぁ」

瑞鳳「隠してたなんて、そんなつもりじゃ…」

龍驤「ほう、じゃあ何でこの本が瑞鳳のベットの間。しかも枕の裏のところにあったんや?」

瑞鳳「そ、それは、たまたま…」

龍驤「たまたまこの本一冊だけがたまたま枕の間に入り込んだと?ってそんなわけあるかーーー!!!」

龍驤「どうやったらたまたまで男子高生がエロ本を隠すような場所にこんな本が入り込むんじゃー!どう見ても明らかに故意やろうが!!」

瑞鳳「あ、あぅ…」

龍驤「……何かいうことは」ギロッ

瑞鳳「そ、その…ごめんなさい!!」

8: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/09(木) 23:09:24.12 ID:cd+nqLC4o
大鳳さんが仲間になりたそうにそちらを見ている

9: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/09(木) 23:12:23.73 ID:TSzXK7+xo

龍驤「……なあ瑞鳳、ウチはな瑞鳳の気持ちもよーく分かるで」

瑞鳳「えっ」

龍驤「周りの正規空母や軽空母はみんなそろいもそろって巨乳揃いなのに、自分だけペッタンコやとどうしても気が引けるもんな」

龍驤「特に瑞鳳は祥鳳といつも一緒にいることが多いし、コンプレックスになるのも分かる」

龍驤「だから瑞鳳がこの本を読んでバストアップに励んでいても怒る気はなかったんやで」

龍驤「ただな、ウチが怒りたいのはな…」プルプル…

龍驤「なんで、ウチにもこれを薦めてくれなかったんや!!!」バァン!

10: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/09(木) 23:16:19.20 ID:TSzXK7+xo

瑞鳳「だって、本当にこんなんでバストアップできるわけ無いと思ったから…」

龍驤「じゃあ何でこんな厳重に隠したんや!?本当にできるわけ無いと思ってたらここまでしないやろ!?」

瑞鳳「ほ、ほら、ほかの人たちに見られると恥ずかしいから…」

龍驤「だとしてもウチにぐらいは教えてくれてもええやろうが!ここまで隠したんやったらなおさらや」

瑞鳳「それは、その、なかなか言い出すタイミングが無くて」

龍驤「…なあ瑞鳳、お前さんもしかして…」

龍驤「隠れて胸を大きくして、驚かしてやろうとか考えてたんやないやろうな?」

瑞鳳「!!!」ギクッ!

11: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/09(木) 23:22:37.82 ID:TSzXK7+xo

龍驤「…はぁ、いくらなんでも分かりやすすぎるで」

瑞鳳「ち、違うって、私はただその」

龍驤「ウチの驚くのが見たかった、とでも言うのかいな?」

瑞鳳「そ、そうそう。そうすれば龍驤ちゃんにも薦められるし、そっちのほうがいいと思って」

龍驤「違うな。瑞鳳。お前…」

龍驤「ウチを相手に優越感に浸り語ったんやないのか?」

瑞鳳「!!!」ドキッ!

12: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/09(木) 23:25:38.87 ID:TSzXK7+xo

龍驤「…仮にバストアップしたところで、今いるメンバー以上に大きくなるとは考えにくい。というよりはあいつらが大きすぎるだけなんやが」

龍驤「だったらせめてウチ相手になら…と思ったんやろ?」

瑞鳳「そ、そんなこと私は一度も…」

龍驤「思ってないと言い切れるか?」

瑞鳳「……」

龍驤「…やっぱり裏切ったんやな、瑞鳳」

瑞鳳「……ごめんなさい。思いました」

13: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/09(木) 23:28:10.36 ID:66DEV/d5o
瑞鶴 大鳳「…」

14: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/09(木) 23:28:31.91 ID:TSzXK7+xo

龍驤「…はぁ、まあこんな時でも正直なのは瑞鳳のいいところやな」

瑞鳳「許して、くれるの?」

龍驤「ああ、許したる。だだな…」

瑞鳳「ただ?」

龍驤「…これだけはやっとかんと気が済まん」ガシッ

龍驤「今、瑞鳳の胸がどんなもんになってるのかチェックさせんかーい!!!」グイッ

瑞鳳「きゃぁぁぁぁ!!!」ドサッ!!

瑞鳳「龍驤ちゃん、じ、冗談だよね」

龍驤「冗談やないで、うちは本気や」

龍驤「隠してまでやっていたバストアップの効果がどんなものかよーく拝ませてもらうからなー!」

龍驤「そんなわけで、ちょっと上をはだけんかー!!!」

15: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/09(木) 23:32:13.72 ID:TSzXK7+xo

瑞鳳「いやぁー!だれかー!!!」

龍驤「いまさら暴れんなや!自慢するのが早くなったか遅くなったかの違いやないかい!」

瑞鳳「それはそうだけど…って違うよー!」

龍驤「まあ、助けを呼んだところでそう都合よく誰かが来るわけはないがなぁ」コンコン

加賀「瑞鳳、この前の作戦の戦果だけど…」ガチャッ

瑞鳳「加賀さん!!」

龍驤「ちぃっ!!」

加賀「……」

加賀「……どういうことなの?」

17: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/09(木) 23:36:05.57 ID:TSzXK7+xo

加賀「えっと、とりあえず状況を確認したいのだけど…」

瑞鳳「後で話しますからいまは龍驤さんを止めてくださーい!」ウルウル

龍驤「邪魔するな!今うちと瑞鳳は大事な話し合いの最中なんや。それを邪魔するようならいくら正規空母といえど容赦せんからな」ギロッ

瑞鳳「言ってることがめちゃくちゃだよ龍驤ちゃん!」

加賀「……」

加賀『瑞鳳の表情。それとこの状況、どこかで見た気がする』

加賀『えーっと確かこれって…』ポクポクポク…

加賀『…ああ思い出した。誘い受けってやつねコレ』チーン!

18: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/09(木) 23:39:12.22 ID:TSzXK7+xo

加賀『それにしても、まさかこの二人がそんな関係だったなんて知らなかったわ』

加賀『まあ、恋愛事情やプレイ内容は当人同士の事情だからあまり深入りしないことにしましょう』

加賀『そうなると、私がとるべき行動は…』

加賀「瑞鳳」

瑞鳳「加賀さん!!早く龍驤ちゃんをどかして」

加賀「安心して、私はあなたたちのことを他言するつもりはないわ」

瑞鳳「いえ、他言とかどうでもいいのでまずはこの状況をですね」

加賀「大丈夫。私はあなた達の味方よ」ニコッ!

瑞鳳「何の話ですかーーー!!!」

19: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/09(木) 23:45:30.61 ID:TSzXK7+xo

加賀「心配しないで。私はこれで失礼するから。…ああ、それと何か困ったことがあったら私と大井さんに相談するといいわ。きっと力になれるから」

瑞鳳「いま力になってくださいよー!!」

加賀「それじゃあ龍驤。お邪魔したわね」

龍驤「…なんや分からんけどまあええわ」

加賀「じゃあ、後はごゆっくり…」ガチャ

瑞鳳「せめて話ぐらいは聞いてくださーい!!」

龍驤「一体何がしたかったんやろ」

20: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/09(木) 23:49:37.39 ID:TSzXK7+xo

龍驤「さて、加賀も出て行ったことだしチェックの方を始めさせてもらおうかい」ワキワキ

瑞鳳「り、龍驤ちゃん、冗談だよね。ほら、見ただけでも分かると思うけど前と変わってないし…」

龍驤「はーん、そこまでして隠したいんや。自分の胸の成長ぶりを」

瑞鳳「そうじゃなくって、本当なんだよ」

龍驤「えーいまどこっこしい!さっさと脱がんかい!!」バサァ!!

瑞鳳「いやー!!」

龍驤「へっへっへっ、なんや、やってる割にはあまり変わって…」

瑞鳳「ううっ、恥ずかしいよ…///」

21: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/09(木) 23:53:29.77 ID:TSzXK7+xo
龍驤「……」

瑞鳳「ま、満足した。龍驤ちゃん」

龍驤「……!!」スッ!

瑞鳳「ひゃぁぁ、何処からメジャーなんか出したの!?」クルクルッ

龍驤「……!!」ピタッ!

龍驤「…きくなっとる」

瑞鳳「へ?」

龍驤「前のときよりも五ミリも大きくなっとるやんけー!!!」

瑞鳳「えええええ!って言うよりもいつ計ったのさ!?」

龍驤「そんなことはどうでもええ、重要なことやない」

瑞鳳「私的にはとっても重要だよ!!」

22: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/09(木) 23:53:40.77 ID:CCJQL8uj0
いかん、やってることと関西弁が相まって龍驤が横島な感じに脳内再生される

23: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/09(木) 23:57:09.32 ID:TSzXK7+xo

龍驤「…やっぱり嘘やったやないか。瑞鳳…ちゃーんとサイズアップに成功しとるやないか」ガクッ

瑞鳳「ええ~、けど五ミリっていったらもう誤差の範囲だと思うけど…」

龍驤「…アハ、アハハハハハハハ!!!」

瑞鳳「り、龍驤ちゃん?」

龍驤「……こうなったらやけや」グイッ

瑞鳳「!!」

龍驤「そんなに胸を大きくしたいなら、ウチが揉みまくって大きくしてやるわーーー!!」モミモミモミモミ

瑞鳳「ひやぁぁぁぁ!!!」ビクッ!

24: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 00:00:14.60 ID:iRoiAOH9o

龍驤「くそっ、くそっ、小さい割りに揉み応えがあるやんけ…くそっ!!」モミモミッ

瑞鳳「や、止めて、龍驤ちゃ…ひぁぁぁん!!」ビクビク!

龍驤「なんや瑞鳳。ちょっと揉まれただけで感じてんのかいな、見た目によらず案外助平なんやなぁ」モミモミモミモミ

瑞鳳「そんな、こと、ないよ…はぁん!!」ビクッ!

龍驤「おうおう、体のほうは正直みたいやな。そうや、いい事思いついたで」モミッ

瑞鳳「はぁはぁ、な、何を…」スッ

龍驤「いや、胸の成長には胸を揉む以外にも…こっちもやったほうがええと思ってな」クチュ!

瑞鳳「ひやぁっ!!」ビビクン!!

25: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 00:04:29.57 ID:TvBONt2Jo
完全におっさん

26: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 00:04:48.50 ID:iRoiAOH9o

龍驤「おうおう、なんやかんや言って瑞鳳も期待してたみたいやな」クチュクチュ

瑞鳳「ね、ねぇ…止めよう。これ以上したら取り返しが付かなくなっちゃうよ…」ハァハァ

龍驤「ふふん、もう遅いわ。まあ、痛くないようにするから安心してぇな」

瑞鳳「ぜんぜん安心できないよぉ!!」

龍驤「…本当はウチだってこんなことしたくないわ、ただ…こうでもしないとウチの気が済まんのや!!」

瑞鳳「と、とばっちりにも程があるよぉ…」

龍驤「まあこれもひとえに瑞鳳の胸のためや。ほな、始めるでぇ」

瑞鳳「い、いやぁぁぁぁぁぁ!!!!」

27: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 00:08:34.92 ID:iRoiAOH9o



         _______
        /       \
     / ,.. -‐‐- 、   \
     }∠,..艦__これ_ \    \
     /.:.:.:./ \|\:.:.:.\\    ,
    ,′i:/n    n\i:.:.:.:.i‘,  } 通信エラーが発生しました
.    i:人| U    U  l:.:.:Λ:‘,/ お手数ですが再リロードをお願いします
  <人(          ,’:.:./__):.∠ニZ
   /:.个: . __▽__ ,./:∠:._{>o<}    
    {:.:.:‘,( ) ( )__L/´    /:.:.|    
   人:.:.:.: (・x ・l ト?{〉   ノi:.:./    
    `¨¨´|   |___,.{   、_,.ノ
        |   |   \
        |   |___ __/
       /   | |_|
     ⊂ノ⊂ノ 」.|

28: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 00:16:07.11 ID:iRoiAOH9o

瑞鳳「      」チーン

龍驤「はぁ、はぁ、はぁ…なんや、瑞鳳もなかなか気持ちよさそうやったやん」

瑞鳳「………」

龍驤「まあこれで瑞鳳の胸がおおきくなるんやから結果的にはよかったやろ、な?」

瑞鳳「………」

龍驤「ウチとしては仲間が減って寂しいものもあるけど、まあそれも仕方ないか」

瑞鳳「………」ピクッ

龍驤「それじゃあこれでウチは失礼するわ。もしまた揉んで欲しかったら言ってな~」

瑞鳳「………!!」ガシッ

龍驤「へっ?」

瑞鳳「…ゴメンね、龍驤ちゃん」グイッ

龍驤「きゃぁぁぁぁ!!」ドサァッ

29: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 00:22:34.44 ID:iRoiAOH9o

龍驤「ず、瑞鳳…き、急にどうしたんや?」

瑞鳳「ううん、どうもしないよ。ただ龍驤ちゃんに謝らないといけないと思って」

龍驤「さ、さっき謝ってくれたやん」

瑞鳳「違うよ。気づかなかった私が悪いんだけど、こんなことするまで龍驤ちゃんが悩んでたなんて思ってもいなかったんだ」

龍驤「こ、これはその…ノリというかなんというか…」

瑞鳳「私がいやって言っても止めてくれなかったぐらいだから、きっとものすごく辛かったんだよね。ゴメン」

龍驤「そこまでじゃないんやけど…っていうより、瑞鳳。もしかしてものすごく怒ってる?」

瑞鳳「怒ってないよ、ただ悪いことをしたなぁって思っただけだよ」ニコッ

龍驤「いやいや、目が、目が笑ってないから!!」

30: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 00:28:58.95 ID:iRoiAOH9o

瑞鳳「だから…私も龍驤ちゃんには私にしたようなことと同じことをしてあげるね」

瑞鳳「龍驤ちゃんのために、しっかり、丹念に、気持ちをこめてやってあげるから…」

龍驤「い、いや~ウチはこのスタイルに結構愛着あるし、そんな急いでいることもないから遠慮しようかな~って」

瑞鳳「遠慮しないで…私に任せてよ」ゴゴゴゴコ…゙゙

龍驤「ひぃっ!!」

瑞鳳「大丈夫、もう胸の事なんか気にしなくなるぐらいしてあげるから…上も下も」

瑞鳳「もしかしたらもうその事しか考えられなくなるかもしれないけど、まあ仕方ないよね」

瑞鳳「これも全部、龍驤ちゃんのためだから…」

31: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 00:33:56.44 ID:iRoiAOH9o

龍驤「か、堪忍して~な、うん。ウチがやりすぎたのは謝る。なんだったら今度何かお詫びの品を持ってくるから今回ばかりは気を落ち着かせて…」

瑞鳳「今度?可笑しなこと言うね龍驤ちゃん。そんなことしなくてもいいのに…」

瑞鳳「まあ、いまさら何を言われても気持ちを変える気はないんだけど」

瑞鳳「龍驤ちゃんはただ、私に任せてくれればいいの。それだけだから…ね?」

龍驤「ご、ごめんなさいごめんなさいごめんなさい調子にのってましただからゆるしてくださいおねがいしますすいませんなんでもしますから」

瑞鳳「ふーん、なんでもするんだったら…」

瑞鳳「大人しくしてくれていると、とっても嬉しいな」

龍驤「い、いやぁぁぁぁぁ!!!」

32: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 00:37:31.30 ID:iRoiAOH9o



         _______
        /       \
     / ,.. -‐‐- 、   \
     }∠,..艦__これ_ \    \
     /.:.:.:./ \|\:.:.:.\\    ,
    ,′i:/n    n\i:.:.:.:.i‘,  } 通信エラーが発生しました
.    i:人| U    U  l:.:.:Λ:‘,/ お手数ですが再リロードをお願いします
  <人(          ,’:.:./__):.∠ニZ
   /:.个: . __▽__ ,./:∠:._{>o<}    
    {:.:.:‘,( ) ( )__L/´    /:.:.|    
   人:.:.:.: (・x ・l ト?{〉   ノi:.:./    
    `¨¨´|   |___,.{   、_,.ノ
        |   |   \
        |   |___ __/
       /   | |_|
     ⊂ノ⊂ノ 」.|

33: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 00:41:10.81 ID:iRoiAOH9o
 
~   後日   ~ 

祥鳳「…ねぇ瑞鳳、ちょっと聞きたいんだけど」

瑞鳳「なになに、今度配属される艦載機のこと?」

祥鳳「いや、艦載機のことじゃなくて、あなたの隣のその…」

龍驤「……」

瑞鳳「ああ、龍驤ちゃんの事?あのね、私の後に付いて来たくて仕方がないんだって」

祥鳳「えー、その割にはなんというか雰囲気が、その…」

龍驤「…気にせんといてください。ウチが好きでやってることなんで」

瑞鳳「そうそう、だから大丈夫だよ」

祥鳳「……わ、分かったわ」

34: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 00:46:58.92 ID:iRoiAOH9o

飛龍「なんというか、あの二人も雰囲気が変わったね」

蒼龍「変わったというか、主従関係ができたというか…」

加賀「…誘い受けからの一転構成とは、軽空母と思ってたら意外とやるわね、瑞鳳」

蒼龍「加賀、あんたまた何かやったんじゃ…」

赤城「そんなことより今日の夕飯はなんでしょうか?誰か知っていますか」

加賀「今日の夕飯は鳳翔さん特製ののカレーですよ」

赤城「それは楽しみですね!!」

飛龍「赤城も少しは空気を読みなさいよ…」

35: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 00:50:55.03 ID:iRoiAOH9o

龍驤「…あの、瑞鳳」

瑞鳳「瑞鳳?」

龍驤「ず、瑞鳳姉様、その…」

瑞鳳「えー、もしかしてまたしたくなっちゃったの?」

龍驤「……///」コクッ

瑞鳳「ふふっ、それじゃあ部屋に戻ろうか」

龍驤「……」

瑞鳳「うーん、はやく二人とも胸が大きくなるといいね。龍驤」

龍驤「は、はい…瑞鳳姉様」



HAPPY END…?

36: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 00:53:02.52 ID:iRoiAOH9o

計空母の板コンビでSSを考えてみたらこうなった
…どうしてこうなった
あと、途中のシーンは猫吊るしにあげました。

それでは、また

37: 以下、2013年にかわりまして2014年がお送りします 2014/01/10(金) 01:02:16.69 ID:AI1wC3Jm0

おのれ妖怪猫吊るしィ!


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1389275044/