1: ◆LeM7Ja3gH2ba 2015/12/31(木) 17:01:04.82 ID:IcHfvKTx0
まどか「わかりましたっ!」


パクゥ!


マミ「ああぁんっ!///」

まどか「最高に美味しいです!
マミさんのおっぱいっ!」

マミ「待ちなさい待ちなさい! 待ちなさいっ!!」

まどか「?」

マミ「そんな、『なんでマミさん声荒げてるの???』みたいな顔しないっ!」


2: ◆LeM7Ja3gH2ba 2015/12/31(木) 17:01:50.26 ID:IcHfvKTx0
まどか「だってぇ……マミさんが『召し上がれ』なんて言うから……」

マミ「あっ! そんな顔しないで鹿目さん!
ごめんね、そんなつもりじゃなかったのだけど……」

まどか「じゃあいただきますっ!」

マミ「ああぁんっ!///」

4: ◆LeM7Ja3gH2ba 2015/12/31(木) 17:02:23.40 ID:IcHfvKTx0
マミ「だ、だからダメなのぉっ!」

まどか「そんなぁ……」グスッ

マミ「あっ! 泣かないで鹿目さんっ!」

まどか「だってぇ……」

マミ「折角の大晦日だっていうのに、困ったわね……」


ガチャッ。


杏子「腹減ったー!」

まどか「あっ、杏子ちゃんっ!」

マミ「あら、こんにちは」

5: ◆LeM7Ja3gH2ba 2015/12/31(木) 17:03:23.33 ID:IcHfvKTx0
杏子「マミ、ごはん食べさせてくれねーか?」

マミ「もう、ぶしつけねぇ」

マミ「仕方がないわ。良いわよ」

杏子「さっすがマミ!」


パクゥ!


マミ「ああぁんっ!///」

6: ◆LeM7Ja3gH2ba 2015/12/31(木) 17:04:38.50 ID:IcHfvKTx0
杏子「最高に美味いっ!
マミの胸っ!」

マミ「待ちなさい待ちなさい! 待ちなさいっ!!」

杏子「?」

マミ「そんな、『なんでマミの奴、声荒げてんだ???』みたいな顔しないっ!」

杏子「だって、マミがご飯食べさせてくれるって言うから……」

マミ「あっ! そんな顔しないで佐倉さん!
ごめんね、そんなつもりじゃなかったのだけど……」

杏子「じゃあいただきますっ!」

マミ「ああぁんっ!///」

7: ◆LeM7Ja3gH2ba 2015/12/31(木) 17:05:08.72 ID:IcHfvKTx0
マミ「だ、だからダメなのぉっ!」

杏子「なんでだよぉ……」グスッ

マミ「あっ! 泣かないで佐倉さんっ!」

杏子「だってさ……」

8: ◆LeM7Ja3gH2ba 2015/12/31(木) 17:05:56.46 ID:IcHfvKTx0
マミ「折角の大晦日だっていうのに、困ったわね……」


ガチャッ。


ほむら「邪魔するわよ」

杏子「邪魔するなら帰ってー」

ほむら「わかったわ」


バタンッ。


杏子「さて、まだ食べ足りない食べ足りないっ」

まどか「わたしも♪」

マミ「ま、待つの! 待つのっ!」

9: ◆LeM7Ja3gH2ba 2015/12/31(木) 17:07:07.56 ID:IcHfvKTx0
まどか「だって、大晦日には『マミぱい』じゃないですか」

杏子「うむ」

マミ「初耳よ!?」


ガチャッ。


さやか「マミさん、宿題写させて~」

マミ「いきなり何言ってるのよ」

マミ「そもそも、クラスどころか学年が違うんだし、写したって意味無いでしょう。
教えて、ならともかく」

さやか「それもそうか!」

10: ◆LeM7Ja3gH2ba 2015/12/31(木) 17:08:50.94 ID:IcHfvKTx0
さやか「じゃあ、教えてっ」

マミ「良いわよ♪」


パクゥ!


マミ「ああぁんっ!///」

さやか「最高に美味いっ!
なるほど、これがマミさんの胸かっ!」

マミ「待ちなさい待ちなさい! 待ちなさいっ!!」

さやか「?」

マミ「そんな、『なんでマミさん怒ってるの???』みたいな顔しないっ!」

11: ◆LeM7Ja3gH2ba 2015/12/31(木) 17:09:44.66 ID:IcHfvKTx0
さやか「だって、マミさんが教えてくれるって言うから……」

マミ「教えるのは宿題でしょ!?」

さやか「えっ? マミさんの体だよ?」

マミ「あれっ? どこから話が変わっていたのかしら?」

12: ◆LeM7Ja3gH2ba 2015/12/31(木) 17:10:17.68 ID:IcHfvKTx0
さやか「教えてくれないの?」

マミ「あっ! 残念そうにしないで美樹さん!
ごめんね、そんなつもりじゃなかったのだけど……」

さやか「じゃあお勉強だぁっ!」

マミ「ああぁんっ!///」

13: ◆LeM7Ja3gH2ba 2015/12/31(木) 17:10:57.29 ID:IcHfvKTx0
マミ「だ、だからダメなのぉっ!」

さやか「そんな……あたし、留年しちゃう」グスッ

マミ「あっ! 泣かないで美樹さんっ!」

さやか「だって……」

マミ「折角の大晦日だっていうのに、困ったわね……」

14: ◆LeM7Ja3gH2ba 2015/12/31(木) 17:12:02.80 ID:IcHfvKTx0
杏子「よし、こうなったら、みんなでマミの体の勉強しよう!」

まどか「ティヒヒッ! 仕方ないもんね!しようっ!」

マミ「いや、なにが『こうなったら』なのか、なにが『仕方ない』のかわからないんだけど……」


ガチャッ。


ほむら「もう、思わず世界をループして来ちゃったじゃないの」

まどか「ほむらちゃんっ!」

杏子「おかえり!」

15: ◆LeM7Ja3gH2ba 2015/12/31(木) 17:12:58.04 ID:IcHfvKTx0
さやか「一緒にマミ体学(たいがく)の勉強しよっぜ~!」

杏子「マミの!」

まどか「おっぱい!!」

さやか「中心に!!!」

ほむら「しないわ」

マミ「さすがは暁美さん」ホッ

16: ◆LeM7Ja3gH2ba 2015/12/31(木) 17:13:28.55 ID:IcHfvKTx0
ほむら「私が興味深いのはこっちよ」


ガバッ!

クンカクンカ!


マミ「きゃあっ!!!///」

杏子「おおっ、ほむらの奴、マミを押し倒して、マミのストッキングな足の裏をクンカクンカしてる!」

さやか「良いなぁ」

まどか「良いなぁ」

マミ「なに、感心したり羨ましがったりしてるのっ!?」

17: ◆LeM7Ja3gH2ba 2015/12/31(木) 17:14:14.07 ID:IcHfvKTx0
ほむら「ふむ、これが巴マミの一日がんばった足の裏の匂いな訳ね」クンカクンカ

マミ「もうっ! いい加減にやめなさいっ!」

ほむら「……怒った……」

マミ「えっ?」

ほむら「巴さんが怒った……!」グスッ

マミ「あっ! 泣かないで暁美さんっ!」

18: ◆LeM7Ja3gH2ba 2015/12/31(木) 17:14:59.63 ID:IcHfvKTx0
マミ「っていうか、なんで突然、眼鏡少女の時みたいな雰囲気になってるの!?」

ほむら「だって……大晦日といったら、巴さんの足の裏なのに……!」

マミ「どういう事よ……?」


コスコスコス。


ほむら「ふむ、タイツ×ストッキングの足の裏を合わせると、こんな感じなのね」

マミ「なにやってるのぉぉぉぉぉぉぉ!!?」

19: ◆LeM7Ja3gH2ba 2015/12/31(木) 17:15:42.82 ID:IcHfvKTx0
ほむら「いや、私と巴マミは、タイ×スト仲間でしょう?
ならばこういうのは気になって当然」

まどか「うん、そうだねっ」

さやか「ほむらの言う事には筋が通ってる」

杏子「まったくだ」

マミ「色々と意味不明じゃないの!?」

ほむら「ふむ、やはり巴マミの方が私より体温が高いのね」

ほむら「……ぬくぬく///」

マミ「なにちょっと頬赤らめて、幸せそうに呟いてるの!?」

20: ◆LeM7Ja3gH2ba 2015/12/31(木) 17:16:21.29 ID:IcHfvKTx0
ほむら「あら、巴マミは気持ちよくないのかしら?」


コスコスコス。


マミ「……まあ正直、この感触はなかなかに良いものだけれど……」


コスコスコスコスコスコス!!!!!!


マミ「そう言われたからって、急にスピードアップしない!!!」

22: ◆LeM7Ja3gH2ba 2015/12/31(木) 17:20:21.43 ID:IcHfvKTx0
まどか「よし! 次はわたしの白ニーソとコスコスしましょうマミさんっ!」ズイッ!

杏子「いや、ここはあたしの裸足とだろ」ズズイッ!

さやか「普通の黒ハイソとやるのが一番だって」ズズズイッ!

マミ「待ちなさい待ちなさい! 待ちなさいっ!!」

ほむら「そうよ。
いくらまどかと言えど、こればかりは譲れない」

マミ「いやそういう意味じゃなくて……」

23: ◆LeM7Ja3gH2ba 2015/12/31(木) 17:21:46.77 ID:IcHfvKTx0
まどか「酷いよ! そんなのってないよ!!!!!」


バババババババッ!!!!!!


ほむら「……いつかこうなる時が来ると思っていた」


ドドドドドドドッ!!!!!!


マミ「いきなり『円環の理』と『悪魔』モードになって、臨戦態勢に入らないのっ!」

25: ◆LeM7Ja3gH2ba 2015/12/31(木) 17:25:02.49 ID:IcHfvKTx0
さやか「いよいよはじまるか……
マミさんの足の裏を賭けた…
最後の聖戦が…!!」キリッ

杏子「がんばれマドムット…
おまえがナンバー1だ!!」キリリッ

マミ「賭けなくて良い! マドムットって誰!? なんでベジータごっこ!? カッコつけても全然決まってないからね!?」


ガチャ。


なぎさ「マミー、いっしょにチーズを食べるのです!」

26: ◆LeM7Ja3gH2ba 2015/12/31(木) 17:26:33.67 ID:IcHfvKTx0
まどか「なぎさちゃん!」モエ-!

ほむら「幼女」ホ、ムラムラッ!

マミ「ホッ……鹿目さんも暁美さんも、収まったみたいね」

マミ(……いや、安心するのはまだ早いわ。
今までのパターンだと、なぎさちゃんもっ!)

マミ「チ、チーズね? う、うん」

なぎさ「どうして身構えてるのですか?」

27: ◆LeM7Ja3gH2ba 2015/12/31(木) 17:28:41.76 ID:IcHfvKTx0
なぎさ「まあそんな事より、はいっ! チーズをいっぱい持ってきたのです!」


ドーン!!!


ほむら「喪黒さんかしら?」

まどか「?」

杏子「おおっ! こいつぁ凄い量だ!」

なぎさ「ふっふーん! まどかたちも居るとはタイミング良いのです!
みんなでチーズ・パーティーするのです!」

さやか「さっすがなぎささん! わかってるぅっ!!!」

マミ(あれ? 普通の展開ね。
いや、チーズの差し入れはありがたいけど)

28: ◆LeM7Ja3gH2ba 2015/12/31(木) 17:29:24.15 ID:IcHfvKTx0
まどか「マミさんマミさんっ」

マミ「なあに?」

まどか「どうせなら、チーズ・パーティーも大晦日仕様にしませんか?」

マミ「なるほど、そうね!」

29: ◆LeM7Ja3gH2ba 2015/12/31(木) 17:30:03.85 ID:IcHfvKTx0
なぎさ「なんと! そんな事が出来るんですか!?」

マミ「ええ。
普通に食べても良いし、チーズ年越し蕎麦にチーズ年越し蕎麦、あとはチーズ年越し蕎麦とか出来るわよっ♪」

なぎさ「おおおおおおおおお!!!!!」

さやか「食べたぁぁぁぁぁぁぁぁぁい!!!!!」

杏子「腹が鳴るぅ!!!!!」

ほむら「さすがは巴マミね。で、その蕎麦はまだ出来ないの?」ワクワク

30: ◆LeM7Ja3gH2ba 2015/12/31(木) 17:30:33.09 ID:IcHfvKTx0
まどか「そうだ! チーズ、もっと美味しくする方法があるんだ♪」

なぎさ「なんんんんんんんんとぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!???」

31: ◆LeM7Ja3gH2ba 2015/12/31(木) 17:31:38.03 ID:IcHfvKTx0
皆様レスありがとうございます~。

いったん中断です。今日中には終わります。

32: ◆LeM7Ja3gH2ba 2015/12/31(木) 23:43:04.85 ID:IcHfvKTx0
マミ「あら、どうするの?」

まどか「なぎさちゃん、チーズ一つ良い?」

なぎさ「何個でもどうぞですッ!!!!!」

まどか「ありがとう♪」

33: ◆LeM7Ja3gH2ba 2015/12/31(木) 23:45:14.90 ID:IcHfvKTx0
まどか「このチーズの包みを剥いて、取り出して♪」

さやか「ふむふむ」

まどか「マミさんも剥くっ!」


ババッ!!!


マミ「きゃあっ!///」

なぎさ(速いですっ!)

杏子(あれが神のスピードだって言うのか……!!?)

さやか(上半身だけ裸ってのも、たまんね!!!)

34: ◆LeM7Ja3gH2ba 2015/12/31(木) 23:46:07.29 ID:IcHfvKTx0
まどか「で、マミさんの胸にチーズを『ムニムニ』っとするっ!」


ムニムニッ!!!


マミ「きゃあぁぁっ!!!///」

ほむら(なるほど! その発想は無かった……!!!)

まどか「完成っ!!!」

なぎさ「よこすのです食べるのですっ!」

まどか「どうぞ♪」

35: ◆LeM7Ja3gH2ba 2015/12/31(木) 23:47:02.97 ID:IcHfvKTx0
マミ「そ、そんな事で美味しくなる訳ないでしょ!?
っていうか鹿目さん、私の服を返しなさい!」

まどか「クンカクンカ」

マミ「なにしてるのぉぉぉ!!!///」

なぎさ「美味いっ!!!!!」テ-レッテレ-!

マミ「えーーーーーーー!!?」

ほむら「──でしょうね」

マミ「暁美さん!?」

36: ◆LeM7Ja3gH2ba 2015/12/31(木) 23:48:12.54 ID:IcHfvKTx0
ほむら「巴マミの胸に『ムニムニ』っとする事で、チーズに巴マミの胸成分もプラスされる」

マミ「胸成分ってなに!?」

さやか「確かに、これで美味しくならない訳がないね」

杏子「まったくだ」

マミ「そんな馬鹿な!?」

なぎさ「もっと作るのです!」

まどか「オッケー!」


ムニムニー♪


マミ「待ちなさい待ちなさい! 待ちなさいっ!!」

37: ◆LeM7Ja3gH2ba 2015/12/31(木) 23:52:39.40 ID:IcHfvKTx0
ほむら「まどか。
それも素晴らしいやり方だけど、巴マミのストッキングに擦り付けるのも良いかもしれないわ」

まどか「おおっ! それも名案だねっ!」


コスコスコス!


マミ「らめぇ!!!」

なぎさ「食べるのですっ!」モグモグモグ!

マミ「くくくすぐったい! 私の胸と足ごと口に含んじゃ駄目ぇぇぇぇぇぇっ!!!」

なぎさ「れんぴん!」

まどか「それを言うなら、絶品だよ~」

ほむら「で、チーズ年越し蕎麦はまだ出来ないの???」ワクワク

38: ◆LeM7Ja3gH2ba 2015/12/31(木) 23:55:34.05 ID:IcHfvKTx0
─────────────────────


リンゴーン……ゴォォォン……ゴォォ……ォォォォ……ォォ……


さやか「おっ、除夜の鐘だ!」

杏子「ホントだ」

マミ「みんな、お蕎麦出来たわよ~」

なぎさ「待ってたのですチーズ年越し蕎麦食べるのですいただきます美味しいのですっ!」ガツガツ!

ほむら「がっつき過ぎよ百江なぎさ」ガツガツガツガツ!

マミ「うふふっ、二人とも、喉につまらせちゃうわよ?」

39: ◆LeM7Ja3gH2ba 2015/12/31(木) 23:58:21.92 ID:IcHfvKTx0
まどか「マミさんも早く食べようっ!」

マミ「ええ」

マミ「──と、その前に」

40: ◆LeM7Ja3gH2ba 2016/01/01(金) 00:00:02.41 ID:M4vUhSoe0
さやか「あ、もう年が明けるね」

杏子「ピッ」

ほむら「ピッ」

なぎさ「ピッ」

まどか「ぽ~ん♪」

マミ「それじゃあみんな……」


全員『明けましておめでとうございます!!!!!』





おしまい。

41: ◆LeM7Ja3gH2ba 2016/01/01(金) 00:01:10.22 ID:M4vUhSoe0
年越し蕎麦うまうま♪

それでは皆様、ありがとうございました~。

21: 以下、名無しにかわりましてSS速報VIPがお送りします 2015/12/31(木) 17:17:24.52 ID:ayWV8SSDO
なぜかわからんが笑える

42: 以下、2015年にかわりまして2016年がお送りします 2016/01/01(金) 00:45:15.29 ID:H3ww0vV10
お前一緒に年越しする家族とかいないわけ?(自己紹介)


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1451548864