35JET

1: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 18:19:34.71 ID:TlwqcPXP0

・・・
・・・・・・

貴音「覚悟はよろしいでしょうか?」

冬馬「くっ・・・こんなことをしてタダで済むと思ってん のか!?」

貴音「私も相応の報復を受ける覚悟は出来ております」

翔太「ひっ!い、命だけは・・・」

貴音「高木殿も今の貴方のように命乞いをしたでしょう。 それを聞き入れなかった貴方がたに・・・」

貴音「もはや明日の新月を拝む権利はございません」

パァン!!

翔太「がはっ・・・!?」

冬馬「翔太!?しょうたぁぁぁーーーー!!」

冬馬「お前!やりやがったな!?ウチのおっさんが黙っ ちゃ居ないぞ!」

貴音「次は貴方です」

冬馬「いいぜ、やれよ。その前に一つだけ忠告しておいて やる」

冬馬「これから961が総力を挙げてお前を地獄の果てまで 追い詰めるだろうさ」

冬馬「もうお前が安心して月を見られる夜はねえ。追っ手 の影に怯えながら悪夢に苛まれるがいい」

貴音「遺言は以上で?」

冬馬「ああ、撃てよ・・・」

貴音「では、おさらばです」

パァン!!

・・・・・・
・・・





2: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 18:23:08.65 ID:TlwqcPXP0
監督「はいカットー!いい出来だ!!」

貴音「皆様、お疲れ様です」

翔太「あぁー怖かったー」

冬馬「ああ、マジで殺られるかと思ったぜ・・・」

北斗「お疲れ様。これでジュピターはみんな死亡・・・ と」

冬馬「まあ仕方ねえさ。このドラマの主役は四条、俺たち は悪役だからな」

北斗「まさか俺が犠牲者一号だとは思ってなかったよ」

翔太「今回僕ら、あんまりアピールできるシーンなかった ね」

冬馬「だな。仕事とは言え、殺られるばかりってのは ちょっとクるものがあるな・・・リハーサル含めて何回死 んだことか」

4: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 18:29:32.16 ID:TlwqcPXP0
北斗「まあまあ。じゃあ憂さ晴らしにこの後パーッと遊び に行こうか☆」

翔太「いいね!カラオケとかどう?久しぶりに冬馬君の戦 隊メドレー聞きたいな!」

冬馬「・・・いや・・・」

北斗「どうしたんだい、あまり乗り気じゃないみたいだけ ど?」

冬馬「お前ら、ドラマに引き続き悪役ごっこやる気はない か?」

北斗「なにか面白い案があるのかい?」

冬馬「ああ、このあいだ765のプロデューサーに聞いた んだ」

冬馬「四条とイケない遊びをしたってな・・・このネタを 使って・・・」


3: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 18:28:24.59 ID:LY6DWAYDO
時代劇?

5: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 18:33:17.44 ID:TlwqcPXP0
>>3
極道モノの復讐劇みたいな感じ


・・・・・・

冬馬「・・・という計画だ」

北斗「なるほどね」

翔太「冬馬君ってやっぱりそういう趣味だったんだね」

冬馬「う、うるせえな!悪いかよ!?」

北斗「まあまあ。僕も男だからね、気持ちはわかるよ」

翔太「うん、僕も嫌いじゃないよ」

北斗「それに・・・あの銀色の女王、四条貴音がどんなリ アクションをするのか、興味があるしね」

冬馬「よし、決まりだな。じゃあ翔太、四条を呼んできて くれ」

翔太「ええ?!?何で僕が?」

北斗「たぶんこの中じゃ一番、警戒されない人選だね」

冬馬「頼むぜ、最後に一番オイシイところヤらせてやるか らさ!」

翔太「も~しょうがないな?」

・・・・・・

6: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 18:35:04.87 ID:TlwqcPXP0
~数分後・倉庫~

貴音「お止めなさい!このようなことをしてただで済むと お思いですか!?」

翔太「思ってるよ?、不祥事なんてクロちゃんがもみ消し てくれるし」

貴音「く、・・・この外道・・・!」

北斗「おやおや、ずいぶん反抗的な目だね。エンジェル ちゃん?」

翔太「縛られてるってのに生意気?。どんな風に可愛がっ てあげようかな??」

貴音「今に見ていなさい、必ずあのお方が助けに来てくれ ます!」

北斗「無駄だと思うよ。この倉庫には滅多に人が来ないか らね」

翔太「さ~てそろそろお楽しみといこっか!」

7: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 18:37:12.52 ID:TlwqcPXP0
・・・・・・

P「貴音の奴、今日の収録は終わったってのにどこ行った んだ?」

オヤメナサイ!サケンダッテムダダヨ!!

P「ん!?この声は貴音か!!それにジュピター の・・・」

タスケテ、アナタサマ!!

P「あの倉庫か!?」ダッダッダッダッ!

バンッ!!

P「お前ら!!ウチの貴音になにやってんだ!!!?」

ザッ!!

冬馬「四条!助けに来たぞ!!!」

P「え?」

冬馬「え?」

翔太「あっちゃ~タイミング悪いな?」

北斗「チャオ☆765のプロデューサーさん」

貴音「あら、本当に来てしまいましたね」

冬馬「・・・」

P「いや、なにやってんのお前ら?」

冬馬「まあ・・・その、あれだ。こないだアンタが言って た遊びだ」

・・・・・・

9: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 18:41:07.09 ID:TlwqcPXP0
?数日前・765事務所?

貴音「・・・」スルッ コトン

P「・・・」チラッ

貴音「・・・」パチン カチャ

P「・・・」チラッチラッ

貴音「・・・」キュッ シャコン

P「・・・」ソワソワ

貴音「?」チラッ

P「!?」ビクッ サッ

貴音「貴方様?」

P「な、なんだ貴音?」

貴音「触りたいのですか?」

P「えっ!?」ドキッ


10: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 18:44:09.30 ID:TlwqcPXP0
P「やっぱりわかるか?」

貴音「ええ、そのように物欲しそうな顔をされては・・・ 仕方ありませんね」

貴音「殿方はなぜコレを好むのでしょうね?」

P「まあ男の本能ってやつさ。それじゃあ遠慮なく」

貴音「あまり手荒にしてはいけませんよ?」

P「わかってるって・・・あぁこの大きさに重さ・・・堪 んないなぁ!」ナデナデ

貴音「ふふ・・・まったく殿方は皆、火遊びがお好きです こと」

P「ああ、コレに興味がない男なんていないさ」









P「銃は男のロマンだからな!」



12: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 18:48:11.81 ID:TlwqcPXP0
貴音「撮影用の小道具をお借りした物ゆえ、取り扱いには 細心の注意をお願いします」

P「ああ、貴音が役作りのために借りたんだってな」ジャキッ パチッ ガシャン

貴音「ええ。このような物を持つ機会などまったくござい ませんので、少しでも慣れておこうかと」

P「それはいい心がけだ」クイッ スルッ コトン

貴音「・・・貴方様はずいぶん手馴れておりますね。あっ という間にばらばらに」

P「中学生の頃はよくエアガンとかで遊んでたからな。銃 は結構詳しいぞ?」

P「懐かしいな?廃工場に集まって戦争ごっこ・・・また やりたいな」

P「あの頃は金がなくてエアコキしか買えなくて、制圧力 が云々」

貴音「貴方様?」

P「悪い悪い。こんな事言っても貴音にはわからないよ な」

貴音「いえ、せっかくですので銃について詳しく教えてい ただけないでしょうか?」

P「ああ、いいよ」

14: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 18:51:10.17 ID:TlwqcPXP0
貴音「まずえあがんとはどういう物なのでしょうか?この 小道具の銃とは違うのですか?」

P「うん、違うものだ。そうだな・・・まずはその辺から 教えていこうか」

P「日本じゃ本物の銃は特別な許可がなきゃ持てないって のは当然知ってるよな?」

貴音「無論、存じております」

P「それでもやっぱり銃を持ちたい!って言う人のために 作られた代用品、それが玩具の銃だ」

P「で、その玩具の銃は大きく分けて二種類ある。それが エアガンとモデルガンだ」

貴音「どのような違いがあるのでしょう?」

P「まずエアガンってのは文字通り圧縮した空気やガスの 力でプラスチック製の弾を飛ばす」

P「まあ大雑把に言ってしまえばサバイバルゲーム・・・ 戦争ごっこをするための玩具だな」

貴音「本当に弾が出るのですか・・・危険ですね」

P「まあ、確かにな。だけど所詮はオモチャだからパワー は弱いし、戦争ごっこもちゃんとゴーグルを着けてルール に則ってやるからそんなに危険でもないんだがな」

貴音「そうなのですか」

16: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 19:02:20.77 ID:y0pXXudi0
P「それで・・・エアガンにも色々種類があるんだが、こ れを説明しだすとかなり長くなるから割愛しよう」

P「続いてモデルガンだが、これはエアガンと違って弾は 出ない」

P「その代わり、ものすごく本物に近いんだ」

貴音「はて、弾が出ないのに本物に近いとは・・・面妖 な」

P「エアガンってのはプラスチックの弾を発射する機能を 搭載してるから、内部の構造が本物の銃とはちょっと違う んだ」

P「モデルガンは内部の構造、部品の形、分解の仕方、果 ては重さまで本物そっくりに作られてる」

P「要は所有欲を満たすための物だな」

P「本物が欲しいけど手に入らないから、限りなくそれに 近いもので我慢するってとこかな?」

貴音「なるほど・・・月に帰ることは叶わぬゆえ、月夜を 眺めるのと同じことなのでしょうか」

P「うん?まあ・・・そういうこと、なのかな?」


17: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 19:06:39.45 ID:y0pXXudi0
小鳥「アイドルグッズの生写真や抱き枕カバーが人気商品 なのはそういう心理が働いてるのからですね!」

P「一気に俗っぽくなったな・・・て言うかいたんです か、小鳥さん」

小鳥「あ、気にせずに続きをどうぞ」

P「えーとどこまで話したっけな・・・」スルッ シャキッ パチン ガシャッ シャコッ

貴音(またもやあっという間に組み上げてしまいました ね)

貴音「なぜもでるがんは弾が出ないようになっているので しょうか?」

P「それは悪用防止のためだな」

P「本物そっくりってことは・・・改造すれば本物と同じ ように使える可能性も孕んでいるわけだ」

P「だからモデルガンはそういった改造を出来ないよう工 夫されてる。弾が出ないようになってるのもそういう理由 からだ」

貴音「思いの外、奥深い理由があったのですね」

貴音「今までの話から察するに、この小道具の銃はもでる がんに分類されるわけですね?」

P「良い所に気がついたな。半分は正解だ」

貴音「ではもう半分とは?」


18: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 19:10:17.97 ID:y0pXXudi0
P「厳密に種類分けするとその銃はプロップガンと呼ばれ る物になる」

P「まあモデルガンと言えばモデルガンなんだが、プロッ プガンはドラマや映画の小道具として使う銃を指すんだ」

P「モデルガンは徹底してリアリティ・・・本物らしさを 追及しているが、プロップガンは必ずしもそうとは限らな い」

貴音「お芝居に現実味を持たせるにはやはり本物に近い物 の方が良いのでは?」

P「もちろんその通りだ。だけど撮影の都合でそういうわ けにもいかないこともあるからな」

P「例えばこの銃は結構重量感があるけど、これでも軽量 化が施されてる。本物の同じモデルはもっと重いんだ」

貴音「なぜ軽くする必要があるのでしょう?」

P「役者の負担を減らすためだ。長時間、銃をもって走り 回ったり構えたりするには、本物と同じ重さだと疲れるだ ろ?」

P「他にも衣装との兼ね合いもあるな。ホルスターに収め たとき、銃が重過ぎるとベルトがずり下がっちゃったりシ ワが出来たりするから見栄えが悪くなる」

P「もう一つ、一番の理由は撃ったとき確実に作動させる ためだな」


19: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 19:15:20.67 ID:lMygcGWH0
P「プロップガンに使う火薬は当然ながら本物より力が弱 い」

P「だからスライド・・・銃のこの前後に動く部分な。コ レが重いと作動不良の原因になる」

貴音「重さ一つにとってもそれだけの理由があるのです ね」

P「ああ、俺はやっぱり重いほうが銃って感じがして好き なんだがな」スチャッ

貴音「?・・・銃とはそのように構えるものなのです か?」

P「そうだ、両手でしっかり保持して、照準と目線が合う ように真っ直ぐ」

貴音「私は演技指導の方に片手でもっと下げ気味に構える よう教えられたのですが・・・」

P「本物の銃を撃つならこういうしっかりした構えじゃな いと当たらないし反動で手を痛める」

P「だがドラマや映画になると・・・貴音、正面から俺を 見てみろ。銃と腕に隠れて顔が見えないだろ?」

貴音「なるほど・・・表情による細かい演技の邪魔になる のですね」

20: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 19:21:19.81 ID:/Qh9RZfC0
P「そうだ。銃を撃つってのはすなわち相手の命を奪 う・・・物語で重要なシーンである場合が多い」

P「例えば相手が裏切った同僚や許しがたい悪人だったり すると撃つときに葛藤とか怒りとか色んな心情があるわけ だ」

貴音「相応の表情の変化があってしかるべきと言うわけで すね」

P「そう、それもまたリアリティの一つだ。逆に無表情で 撃つことで冷酷さを表現するなんて場合もある」

貴音「今回の私の役も、それに近いものがありますね」

P「他にも、これは俺が好きな演出なんだが・・・」

P「正義の味方と悪役が対峙するシーン・・・ここで敢え て構えた銃で顔の下半分を隠すんだ」

P「正義の味方の鋭い視線と銃口だけを映し、『お前を必 ず倒す!』という意志を表現する」

P「これを目の演技が上手いベテランがやると最高にかっ こいいんだ」

亜美「たっだいまー!」


21: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 19:24:35.67 ID:/Qh9RZfC0
貴音「お帰りなさいませ、亜美」

P「おう、亜美!おつかれさん」

亜美「お姫ちんと二人でなにやってんの?その鉄砲、兄 ちゃんの?」

P「いや、これは貴音が出演してるドラマの小道具だ」

亜美「へえー本物みたいじゃん。亜美も触っていい?」

貴音「構いませんが、落とさぬようにしてくださいね」

P「意外と重いから気をつけろよ」

亜美「はーい・・・おーかっくいー!」

亜美(ぬふふ、いいこと思いついちったYO!)

P(あ、イタズラするつもりの顔だな)

亜美「へっへー、兄ちゃーん!お姫ちんの命が惜しければ 武器を捨てて投降するのだ!」スチャ

22: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 19:28:52.38 ID:s5YSTxOR0
P「くっ・・・貴音を人質にとるとは、卑怯な!」

小鳥(ノってあげるんだ・・・)

貴音「おやおや、これは困りましたね。・・・貴方様!お助けく ださい!」

亜美「お姫ちんを返して欲しくばゴージャスセレブプリン と逃走用の車を用意するのだ!」

P「わかった、だがすぐには用意できない。すこし時間を くれないか?」

亜美「ダメダメ!亜美は今すぐ食べたいのー。10、9、 8、7・・・」

P「そんな!?ま、待ってくれえぇぇ!!」

亜美「はい時間切れ。BANG!!」

P「ぐ・・・がはっ!?」ドサッ

P(死体)「・・・」

小鳥(何この無駄に迫真な演技力?)

貴音「そんな・・・貴方様?あなたさまぁぁぁ!!」

亜美「ぬっふっふ、この亜美様に逆らうとどうなるか思い 知ったか!」

P「はいはい」ムクッ

23: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 19:32:40.04 ID:s5YSTxOR0
亜美「兄ちゃん、撃たれたんだから死んでなきゃ駄目だ YO」

P「実は防弾チョッキ着てたってことで」

亜美「後だし設定はズルいYO、兄ちゃん」

貴音「ところで貴方様、人質にとられてしまったときはど のように対処すればよろしいのでしょうか?」

P「うーん、危険だから基本的には何もしないほうがい い。警察や特殊部隊にお任せするのが一番無難だ」

P「だが相手が素人で単独犯の場合のみ、手がないわけ じゃない」

P「まずは銃のスライドを掴む、そして同時にスライドを 少し後退させるんだ」

貴音「こうでしょうか?」ガシッ グイッ

P「亜美、引き金を引いてみろ」

亜美「うん・・・あれ?何にも起こらない・・・」スカスカ

P「銃の構造上、スライドが後退した状態ではハンマーが 落ちないようになってる」

24: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 19:34:53.24 ID:s5YSTxOR0
貴音「つまり銃を掴んでいる間は弾を発射できないと?」

P「そういうことだ。続いて、そのまま銃口を自分から外 すように・・・そう、そんな感じで亜美の手の外側に捻っ てやると・・・」

貴音「ていっ!」

亜美「あ!?あーん、鉄砲とられちった・・・」

P「柔道や合気道の小手返しって技の応用だな。敵の隙を 突いて一瞬で銃を奪い形勢逆転できるってわけだ」

P「と言うわけで亜美、観念するんだな!」

亜美「むうー、じゃあ次は亜美が正義の味方やるもんね! ピヨちゃん人質役やってよ」

小鳥「ピヨッ!?私ですか?」

P「じゃあ今度は俺が悪役か・・・ぐっへっへ、可愛がっ てやるぜ小鳥ちゃーん!」

小鳥「ピ、ピヨォォォ!?さっきからその無駄に熱の入っ た演技は何なんですか!?」

亜美「そこまでだYO!兄ちゃんは完全に包囲されてい る!大人しく人質を解放しろ→」

25: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 19:37:32.52 ID:s5YSTxOR0
・・・・・・

P「ふう・・・これで全員、正義の味方、悪役、人質役を こなしたな」

亜美「中々楽しませてもらったよ、諸君!」

P「いやーいい年こいてこういうごっこ遊びするのはやっ ぱ恥ずかしいな」

小鳥「その割には全力で楽しんでたように見えました が・・・なんでそんなに演技力高いんですか?」

貴音「そうですね、特に貴方様の死に様は胸に迫るものが ありましたね」

P「散り様は男の華さ。まあぶっちゃけ男はいくつになっ てもこういうシチュエーションで如何にカッコよく振舞う かってのを妄想してるもんだ」

P「そういえば、ドラマではジュピターが悪役なんだって な?」

26: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 19:40:52.51 ID:0tQW71j00
貴音「ええ、私の上司を殺した仇敵という設定です」

P「なんだかんだであいつらの演技力は凄いからな。それ はもう見事な死にっぷりを見せてくれるだろう」

P「貴音にそういう仕事はまず来ないと思うが・・・いい 機会だ、あいつらの悪役の演技、しっかり学んで来い」

貴音「わかりました。ところで貴方様、もう一つ御教授し て欲しいことがあるのですが?」

P「なんだ?」

貴音「貴方様ならこのようなしちゅえいしょんを如何に颯 爽と切り抜けますか?」

P「このような、ってどんなシチュエ・・・殺気!!?」






律子「・・・そろそろ仕事してくれませんか?」ゴゴゴゴ ゴ



P「あ・・・サーセン」

亜美「プププ、兄ちゃんかっこわるーい」

・・・・・・


27: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 19:43:26.26 ID:0tQW71j00
冬馬「って話をこないだしてたろ?」

P「で、お前も正義の味方ごっこをしたくなった と・・・」

冬馬「わ、悪いかよ///」

P「いや、気持ちはわかる。痛いほどわかるぞ」

翔太「なにごちゃごちゃ言ってるの?この銃が見えな い?」

北斗「そうそう、無駄な抵抗はしないほうが僕たちも楽が 出来ていいんだけどね」

P「あ、続けるんだ」

冬馬「一流ってのは突発的なトラブルにも柔軟なアドリブ で対応するんだよ」

貴音「あ、貴方様・・・!」

翔太「二人ともこの子の命が惜しかったら武器を捨てて よ」

北斗「妙な真似をしたら・・・わかって
るよね?」

28: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 19:46:16.19 ID:0tQW71j00
P「卑怯な・・・貴音を放せ!」

冬馬「あんたもノリノリじゃねえか」

P「と、言いたいところだが・・・ウチの貴音を甘く見な いことだな」

翔太「上等じゃん。この状況でそんな強がりを吐くなん て」

P「貴音、アレだ」クイクイ

貴音「なるほど、アレですね?」ニヤリ

ガシッ グイッ!

小 手 返 し !


翔太「あ!銃が!?」

貴音「はぁ!!」

ブンッ ドサッ!!

翔太「うわっ!?」

貴音「ここまでです。両手を挙げなさい」

北斗「あはは・・・これは参ったね。降参だよ、エンジェ ルちゃん」

P「はっはっは!こうも上手く決めるとはな。さすが貴音 だ」

貴音「貴方様!」トテトテ







冬馬「・・・アレ?俺の出番は?」


29: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 19:48:09.02 ID:0tQW71j00
北斗「やれやれ・・・銀色の女王を飼いならすには、僕た ちじゃ役者が足りないみたいだね」

翔太「もーなにやってんのさ冬馬君!僕、やられ損じゃ ん!」

P「貴音、怪我はないか?」

貴音「ええ、問題ありません・・・それにしても・・・」

貴音「お遊びとは言え、貴方様は私が危機に陥ると必ず駆 けつけてくれるのですね」

貴音「ふふ・・・あずさではありませんが、運命と言うも のを感じてしまいますね」

P「当たり前だろ!貴音はウチの大事なアイドルだから な」

貴音「それでは一件落着したところで、参りましょうか。 貴方様?」

P「ああ!」


冬馬「いやいやいや、俺の出番は!?」


30: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 19:50:58.58 ID:0tQW71j00
貴音「ああ、そうそう・・・あなた方の悪役の演技、良い 勉強になりました。お礼を申し上げます」

貴音「ではごきげんよう」



冬馬「お、俺にも正義の味方やらせてくれよ おぉぉぉ!!」

北斗「ははは、彼女には敵わないねえ」

翔太「だよねーこれじゃカラオケ行ってたほうが良かった んじゃない?」

冬馬「ちっ・・・やっぱアイツ苦手だ・・・」

冬馬「それにしてもなんでおっさん、こんなドラマのオ ファー受けたんだ?」

冬馬「765の連中にやられるストーリーなんざ絶対気に 食わないだろうに」

翔太「あーそれは多分・・・」

北斗「アレだろうね?」

・・・・・・


31: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 19:54:07.53 ID:JcrpR2Gp0
ー961プロ・社長室ー

黒井「ん・・・ゴホン、あーあー♪」


黒井「ふん・・・来たか、四条貴音・・・」

黒井「この私に逆らおうなどとは片腹痛い!」


黒井「・・・いや、これではゴージャスさが足りんな、な らば」


黒井「ゴホン・・・フゥーハハハ!!よぉく来たな、四条 貴音ぇ!」


黒井「・・・ふむ、今のは少し品がなかったか。これでは どこぞのマッドサイエンティストだな」

黒井「私のセレブなボスっぷりを遺憾なく発揮するに は・・・」




秘書「なにやってんすか、社長」

・・・・・・

翔太「クロちゃんがマフィアのボス役やりたかっただけ」

北斗「だろうねー☆」

冬馬「俺がいうのもアレだけど、くっだらねえ理由だ な!!」

終わり


32: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 20:03:14.01 ID:gtjFVJhz0
冒頭でジュピターディスを、あるいは貴音のエロSSを期待した人へ

すまない
エロと見せかけてエロじゃない
悪役と見せかけて実は正義の味方
自分、そんなミスディレクションとか叙述トリックが大好きなんだ


34: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 20:05:35.79 ID:f79Wmad7o

悪くない、とても

ノリノリ黒ちゃんの対決シーンが読みたいですせんせー

35: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 20:05:55.58 ID:E4qqghk8o

やっぱり羅刹ww

36: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 20:13:33.61 ID:qsAMd5db0
>>33
いや違うよ、アイマスSSはこれが初めて
西部劇のやつは俺も好きだな

もうちょっと投下します

37: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 20:15:28.53 ID:qsAMd5db0
おまけ

ー765プロ事務所ー

高木「ぐっ!バカな・・・」ドサッ

高木(死体)「・・・」



高木「・・・うむ、これは少々あっさり過ぎるかな?」 ムクッ



高木「・・・ぐはっ!?・・・・・・な、なんじゃごりゃ あ!!?」ドサッ

高木(死体)「・・・」




高木「・・・これではオーバーすぎるか」ムクッ

高木「派手すぎずかつ印象に残る死に方というのはなかな か難しいものだね」




律子「アンタもか」

高木「秋月君、君はどう思う?」

律子「知らんがな」


38: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 20:19:03.98 ID:qsAMd5db0
おまけ2

P「組長の奥さんの不倫相手」

小鳥「あー・・・組長にバレてヤキ入れられるパターンで すね?」

P「そうそう、ありがちですけどそんなイメージですね」

小鳥「じゃあこっちは・・・若頭の一番弟子的なポジショ ンとか?」

P「わかりますよ、その感じ。抗争のときに若頭を庇って 凶弾に倒れる・・・」

小鳥「あるあるw」

P「最後は・・・冒頭に出てくるチンピラかな?」

小鳥「主人公のベテラン刑事にちょっかい出してあっさり 返り討ちにされるんですよね」

P「そうそうwww」



律子「何の話ですか?」

P「ジュピターがVシネマに出たらどんな配役になるかに ついて」

律子「仕事しろやお前ら」


39: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 20:22:05.36 ID:qsAMd5db0
おまけ3

P「モーゼル・・・いや、ワルサーも捨てがたいな」

響「プロデューサー、なにブツブツ言ってるんだ?」

P「ウチのアイドルにはどんな銃が似合うかなーって考え ててな」

響「まだ鉄砲ネタ引っ張ってたのか。自分、モーゼル?は 知らないけどワルサーは知ってるぞ」

響「ルパン三世が持ってるやつでしょ?」

P「そう、そのワルサー。貴音にはああいうクラシックな 銃が似合うと思わないか?」

響「あー何となくわかるぞ、その感じ。海賊が持ってるよ うな鉄砲とかも似合いそうじゃないか?なんか中世的なや つ」

P「おーいいセンスだ。フリントロック銃も捨てがたい な」

響「んーじゃあ春香はどんなのが合うかな?」

P「そうだな・・・春香は武器を持つようなイメージは湧 かないな」


47: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 20:59:36.79 ID:sa6VLXEp0
P「だが敢えて言うならスミスアンドウェッソンの小型オートかな。たしか女 性向けに作られたレディスミスってモデルがあったはず だ。持たせるならあれだな」

響「すみすあんど・・・何それ、どんな鉄砲なのさ?」

P「無難なやつ」

響「うん、納得」

P「千早は小型のリボルバーだな。護身用のこじんまりし たタイプ」

響「確かに千早は派手なモデルより堅実なのを選びそうな 気がするぞ」

P「そうそう、自分に扱いきれない大きさのは絶対選ばな いよな」

響「じゃあ次は真!真は銃よりも格闘ってイメージじゃな いか?」

P「あーわかるわかる。敵が銃を構えるより早く接近して 鳩尾に肘を叩き込む的な」

響「妙にイメージが具体的だぞ」


48: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 21:05:03.99 ID:TlwqcPXP0
P「だけど改造計画のときのイケメンっぷりを見ると、銃 も似合いそうだと思わないか?」

響「言われてみれば・・・そうだ、スーツ着せて律子と並 んだらSPみたいじゃないか?」

P「グッド!その発想はなかった!となると銃はシグの P226・・・いや、P228ってとこか!?」

響「型番なんか言われてもどんな鉄砲かわかんないぞ?」

P「まあわかりやすく言うと、質実剛健で実用性一点張り の飾り気がない銃だ」

響「うんうん、なんとなくイメージできたぞ。よーし、 じゃあ次は自分だ!」

P「響もどちらかと言うと銃より格闘ってイメージだな」


49: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 21:12:00.57 ID:sa6VLXEp0
P「トリッキーな動きで敵の銃弾を避けまくってカポエラ みたいな蹴り技で無双する、みたいな」

響「まあ自分、完璧だからな!銃弾を避けるくらいなんく るない・・・」

響「・・・いや、なんくるあるよ!?さすがに銃弾よける のは無理さー!」

P「はい、響のノリ突っ込みいただきましたー」

響「うがーっ!自分、イロモノ扱いか!?」

P「銃がなくても活躍できるくらい個性があるってこと さ」

響「むー、釈然としないぞ・・・じゃあ次、雪歩!」

P「雪歩はむしろ本物を見慣れ・・・ゲフンゲフン」

響「どうした、プロデューサー?」

P「いや、なんでもない・・・雪歩は難しいな。春香や千早よりも、さらに争 いごとには縁がないイメージだからな」

P「ここは思い切ってギャグ漫画のノリで行っててみる か」

50: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 21:14:55.88 ID:y0pXXudi0


雪歩『わ、私なんて・・・穴掘って地雷埋めてま すぅー!!』ドカーンドカーン!

雪歩『兵隊さん怖いですぅーー!!!』アールピージー!!ズ ドォォォン!!

P「怖い怖いと言いながらどこからともなく超兵器を出し てきて敵を薙ぎ払う雪歩・・・」

響「シュールだぞ・・・」

P「シュールだな・・・」

響「やよいも雪歩みたいに争いごとには向いてなさそうだ ぞ」

P「そうだな・・・これもなかなか難しいが、やよいには 敢えて迫撃砲を推そう」

千早「高槻さんにそんな野蛮なものが似合うとは思えませ んが」

P「おう、千早。聞いてたのか」

千早「はい。高槻さんにはもっとこう、可愛くて家庭的な ものが・・・」

P「いや、まだまだ甘いな千早。想像してみてくれ」

P「・・・と言っても迫撃砲はわからないだろうから、子 供向けの漫画に出てくるような導火線が付いた大砲を思い 浮かべるんだ」


51: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 21:18:12.16 ID:aYjCrjLq0


やよい『うっうー!支援砲撃、行っきまーーす!!』ボゥ ササッ!

やよい『ぅっぅー ><』フルフル ←ここ!


P「導火線に火をつけた後、音と衝撃に備えて隅っこで しゃがんで耳をふさぐやよい・・・可愛いと思わない か?」

千早「・・・ありですね」ダラダラ

P「千早、鼻血鼻血・・・」

響「やよいはきっと何をやらせても可愛くなっちゃうぞ」

P「さて、やよいときたら次は伊織だが・・・」

響「伊織はなんていうかさ、ほら・・・」

P「わかるぞ、言いたいことは。銃が似合うに合わない以 前に、銃を持つ必要がないってことだろ」

響「そうさ、黒スーツにサングラスかけたマッチョなボ ディガードが・・・」

P「肉の壁になってくれると・・・」


52: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 21:21:47.05 ID:YHbYe+j10
響「あ、でもさでもさ、ルパン三世の峰不二子が太ももに 隠し持ってそうな小さい鉄砲なら似合いそうじゃない か?」

P「ああ、デリンジャーか。それはありだな、っていうか それしかないって感じだな」

響「えーと、あと残ってるのは・・・あずささんは?」

P「実はあずささんのはもう決めているんだ。分隊支援用 の軽機関銃!コレしかない!」

響「機関銃ってズダダダダー!!ってすごい連射する鉄砲 でしょ?あずささんがそんなの扱えるかな?」

P「激しい連射の反動であずささんのたわわな果実がぶる ぶると・・・」

響「プロデューサー・・・鼻の下伸びてるぞ・・・」

P「さて、次は美希だが」キリッ

響「今さら取り繕っても遅いって・・・うーん、美希は何 でも似合うから逆の意味で困るかな」

P「ここはスタイリッシュにウェスタンスタイルなんてど うだ?」

響「西部劇か!美希ならあのファッションも含めてばっち り決めてくれるに違いないさ!」


53: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 21:25:14.21 ID:iXE0scdX0

P「クラシックなリボルバーにテンガロンハット、颯爽と 馬に乗り現われ・・・目にも止まらぬ早撃ちで賞金首を倒 す!」

響「かぁっこいい!!」

P「・・・でも食べてるのはおにぎり」

響「あれ!?一気に残念になったぞ!!?そこは酒場で バーボンとか渋いのにしようよ?」

P「酒は駄目だ、未成年だからな」

響「アウトローな世界観が台無しだぞ・・・」



亜美「むっふっふー、それではついに・・・」

真美「真美たちの出番だYO!」

響「お?亜美と真美も聞いてたのか」

亜美「それではぷろでゅーさー殿!」

真美「我々に似合うカァッッコイイ銃を見繕ってくれたま え!」

P「水鉄砲」

亜美「え?」

真美「え?」

響「即答か!」


54: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 21:31:27.61 ID:lMygcGWH0
P「水鉄砲だ。それ以外は認めん」

亜美「もぉー兄ちゃーん!」ポカポカ

真美「もっと真面目に考えてよー!!」ポカポカ

響「あっはっは!!」

P「イタズラ好きな子供は水鉄砲で十分だ!」

亜美「へへーん、いいもんねー。仕事もせずにこんなお話 ばっかりしてたこと」

真美「りっちゃんに報告しちゃうもんねー」

P「なっ!?それは卑怯だぞ!?勘弁してくれ!!」

響「そう言えば律子にはどんな鉄砲が似合うか考えたの か?」

P「いや、律子に銃は必要ないだろ。本気で怒ったら視線 だけで人を・・・」ゾクッ

P「・・・殺・・・せ・・・る」チラッ







律子「・・・実演して見せましょうか?」ギロッ!!


P(あ、やべ・・・俺死んだわ・・・)

おわり






響「あ、ごめん。ピヨ子の分、忘れてたさ」

小鳥「良いのよ・・・名前的に私は撃たれる側だか ら・・・」


今度こそ本当に終わり!


56: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 21:53:12.68 ID:/Qh9RZfC0
貴音に銃を持たせたいってだけの理由で書き始めた
アイマスもSSも新参のにわかなんで口調とかおかしいところがあったかも、失礼しました


ついでに言っておくと律子にはベレッタのM84かPx4って銃が似合うと考えてる


57: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 22:55:30.25 ID:sCYEL1aDO
なるほど…銃マニア乙

58: VIPにかわりましてNIPPERがお送りします 2013/08/20(火) 23:00:46.54 ID:/OqzEKdGo
うぉおマニアック・・・

拳銃だけじゃなくARとかSMGとかも持たせてみてぇな


元スレ:http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1376990374/